借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

お金を借りる時は不安。どんな事に注意すれば借入はスムーズに運ぶのか


スポンサーリンク

お金を借りるときは誰でも不安がある

お金を借りるためには審査があり、100%借りられる方などいません。当然、審査で落とされることもあり、審査の申し込みをするときは誰でも不安があります。特に注意点として挙げられるのは、収入が安定していない方、過去に延滞をした方です。
 
カードローンなどの多目的ローンを利用するためには、年収で200万円あれば問題ないとされます。年収200万円未満になると融資してくれない金融機関も増えてきますが、年収100万円でローンの審査に通過した方もいます。ローンの利用条件には具体的な年収基準は記載されていないことが多いので、この点は金融機関に確認してみるのがいいでしょう。最初に自分の年収を正直に話して、融資を受けられる可能性があるか確認してください。
 
過去の延滞に関しては、金融機関がどう判断するかが重要です。債務整理をしてブラックリストに登録されている間は、どんなに少額の融資でも断られます。5年間はリストに登録されるので、ローン整理から5年間は申し込むのを避けるべきです。金融機関のWebサイトの簡易診断を受けてから、審査に申し込むのも一つの方法です。1分程度で終わる簡単な診断ですが、ここでの結果は信ぴょう性が高いものです。
 
 

年収と勤続年数に不安がある場合

原則としてお金を借りるためには、安定した年収が必要です。毎月決まった月収を得ていることが安定収入の条件であり、ギャンブルの儲けは収入に含まれません。あくまで給与収入、年金収入などが対象となります。
 
消費者金融などのノンバンクで借りる場合は、総量規制の対象となります。年収の3分の1が借入できる上限額であり、昔と同じ感覚で希望額を設定すると借りるのが難しくなります。昔の消費者金融といえば、年収200万円の方が100万円の融資を受けることが普通に可能でした。現在は100万円の融資を受けるためには、最低300万円の年収が必要とされます。
 
勤続年数に関する不安がある方は、事前に金融機関に問い合わせて確認するのが一番です。一般的に勤続年数が2年以上あれば融資してくれることが多いです。2年未満だと不利になりますが、融資してくれるローンも存在します。
 
借入先は消費者金融だけにこだわらず、銀行、信用金庫なども検討してみましょう。
 
年収、勤続年数など、不安なポイントがあるなら事前に確認してみることが大切です。審査を受ける段階で落とされるよりも、借りられないなら事前にわかったほうがいいはずです。確認する際の注意点は、嘘の申告をしないことです。
 
 

他社からの借入状況に関する注意点

お金を借りるとき、他社からの借入件数が多いと不利になります。借入件数0件がベストであり、1件、2件、3件と増えるほどお金を借りるのは難しくなります。総借入額が少なければ件数が多くても問題ないと思えるかもしれませんが、現在において件数が多ければ将来的に借入額が増えてしまう可能性があります。
 
例えば、現在において3件の業者から、それぞれ30万円、20万円、10万円の借入をしているとします。この時点では総借入額が60万円ですが、各社が利用枠増額に応じてくれた場合は100万円以上まで増える可能性もあります。
 
借りたお金が高額になるほど返済は厳しくなります。家計への影響度が大きくなってくるので、急な出費が続くと返済金を用意できない可能性も生じてきます。借入件数、借入額は少ないほどいいのです。もし借入件数5件、総借入額150万円といった状況なら、おまとめローンで一本化することも考えましょう。
 
借入件数が1件まで減れば、新しくローンを組むときに楽になります。簡易診断コーナーを試すときも、必ず借入件数・金額の欄があります。それほど、他社からの借入状況は審査に影響するわけです。新たな業者からお金を借りたい場合、借入件数は1~2件まで減らしておくのがいいです。



スポンサードリンク


 

タグ : 

カードローンの基礎知識 審査

この記事に関連する記事一覧