借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

パチンコや競馬等のギャンブルに嵌まり、カードローンで借金する主婦増加


スポンサーリンク

キャッシングとギャンブルの危険な関係

キャッシングサービスは予め契約しておき、設定した融資枠内であれば自由にお金を借り入れすることができるというものです。種類としてはいくつかあり、消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠、銀行のカードローンなどがあります。いずれの場合もカードひとつでATMから簡単にお金を引き出せるため借りすぎるリスクが存在しています。
 
キャッシングは、計画を立てて利用する分には問題ありませんが、ギャンブル依存にある人がキャッシングサービスを利用すると危険な状態になる可能性があります。
 
依存状態にある人の場合には、無条件にお金をつぎ込もうとするため、手持ちのお金がなくなると資金調達の手段としてキャッシングなどを利用してでも行おうとします。特に返済の当てが、その賭けに勝てば返すというものであり、損失の穴埋めも賭け事で行おうとする思考になります。
 
しかし勝てなければまったく返済の見込みがないという危険な状態になります。もちろん、十分な収入があり返済できるだけの余力があれば問題ありませんが、そのような理由でキャッシングを利用している時点で、十分な収入があるわけがなく借金だけが残っていく状態になります。このため、穴埋めにキャッシングを利用することはとても危険な行為といえます。
 
 

主婦がギャンブルにはまる理由

ギャンブルといえば、男性が行うものというイメージがありますが、主婦でもはまる人が多くいます。もっとも多いのがパチコン依存です。
 
パチンコはパチンコ玉を購入してパチンコ台で遊ぶというものですが、一定の条件を満たせばパチンコ玉が増える仕組みとなっています。パチンコ玉は景品と交換することができますが、このさいに特殊景品を購入すれば特殊景品交換所で現金に変えることができます。このため勝てばお金を増やすことができる仕組みとなっています。
 
特にパチンコ屋は駅前や郊外にあり気軽に遊べるため、主婦がはまりやすい傾向にあります。また近年はインターネットの普及によってそのほかのギャンブルも簡単に遊べるようになっており、時間を持て余した主婦がはまる傾向にあります。
 
特にはまる理由としては、主婦の場合には収入が限られているという点です。このため少しでもお金が欲しいという欲求少ない家計を穴埋めしたいといった気持ちから利用をはじめて、はまってしまい損失を抱えるというケースが多々あります。
 
損失は損失と割り切れば問題ありませんが、さらに夫や家族にバレるのを恐れてその月の損失の穴埋めにキャッシングを利用するというケースがあります。
(⇒家族に内緒で秘密の借り入れをする
 
 

最悪のケースから脱するには

賭け事は穴埋めに使うには不向きであり、賭け事による依存による借金の増加は生活を苦しくするだけでなく破産すらできない状態に陥る可能性があります。これは浪費による借金は法律上の債務者の救済措置である自己破産や個人再生の対象外となっているためです。
(⇒キャッシングで借りたお金を延滞するとどうなる?~最悪、債務整理をする結末に
 
これは税金の滞納と同様に必ず本人が支払わなければならない債務という扱いです。ただ自己破産しなければならないほどの借金であれば、最初は浪費であっても破産が認められるケースがありますが、2回目になると審査も厳しくなるため認められません。
 
自己破産に至る前に事実が発覚した場合には、借り入れの契約を停止してこれ以上の借金をしないようにする必要があります。その上で返済に専念することが大切です。
 
また返済の見込みが立たない場合には、まずは任意整理を行ってみるものも手段です。任意整理では弁護士や司法書士が債権者と交渉して将来発生する利息分の免除を求めるもので元本は返済しなければいけませんが少しでも借金返済の負担が減るメリットがあります。また返済中は信用情報機関に事故登録されるので新たな借り入れはもちろん、他社を利用することができなくなり、返済に専念することができるメリットがあります。



スポンサーリンク

 

タグ :

コラム カードローンの基礎知識 主婦・専業主婦

この記事に関連する記事一覧