借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

信用金庫カードローンとその審査基準について~専業主婦(主夫)や自営業者も借入可能


スポンサーリンク

カードローンの審査レベルは

お金を借りる方法にはキャッシングや様々なローンがありますが、その中の1つに信用金庫のカードローンがあります。カードローンは銀行や消費者金融でも取り扱っており、その多くは使用目的の定めがなく利便性の高い商品(フリーローン)となっています。
 
信用金庫が提供するカードローンにはそれぞれに特徴がありますが、大きなものとしては信用金庫に出資をして会員になることによって利用することがあります。それは、信用金庫が出資者による会員によって運営されていることが理由となっており、また、そこには、営業区域内などの地域的な条件が加えられることもあります。
 
信用金庫のカードローンを利用するには定められた条件をクリアする必要がありますが、ここでの難易度としては大手銀行のと消費者金融との中間程度となります。概ね、地方銀行と同程度となっており、その理由としては地域密着型の営業形態が大きく影響をしてます。
 
当然、提示される金利は消費者金融よりは低くなり、その分厳格な審査が行われることになりますが、地域密着型のために利用者の仕事などに関しての状況なども把握しやすく、そのために可否の判断もできるだけ利用者の希望に沿うように行われることもあります。
 
 

カードローンの審査基準について

カードローンでお金を借りる場合には申込をし、定められた条件をクリアする必要がありますが、信用金庫では基準となる内容として大きく4つを掲げています。
 
まず、1つ目には、安定継続した収入が見込めることがあります。この場合、パートやアルバイトでも問題はなく、勤続年数などの就業状態も判断材料となります。
 
次に、年齢があります。条件としては満20歳以上65歳未満となっており、なお且つ公的健康保険への加入が必要となります。
 
3つ目としてはしんきん保証基金の保証が得られることがあり、そして、信用金庫の借入可能地域に居住していることが求められます。考慮が必要となるものとしては借入保証に関しての内容があります。信用金庫でお金を借りる場合には、多くは借入保証の可否が融資判断となりますが、この場合には個人情報の入手に全国銀行個人信用情報センターが利用されることになります。
 
ここでは、消費者金融のキャッシング審査と同様に他社からの借入状況や事故歴といった内容に関して調査が行われ可否の判断に利用されます。注意が必要となるものに審査に落ちてしまうことがあり、この場合には信用情報に審査に落ちた経歴が残ってしまうために注意が必要となります。
 
 

カードローンの審査を通過するには

信用金庫は地域密着型の営業形態のために日常的にも取引を行なう場合が多くあります。
 
そのためにカードローンを作る場合にはその条件として、信用に関する内容が重要な位置を占めます。基本的なものとしては、口座の開設や少額からでも預金をしておくこと、また、小額のローン等で返済実績を重ねることなどがあり、これらの内容は借入を申し込む場合の大事な基準ともなります。
 
特に口座の開設に関しては、運営形態が出資者によって行われているために口座を開設することは出資者になることを意味しており、カードローンの申込だけでなく他の融資についても大きく関係する項目となります。
 
申込をする場合には書類の準備もしっかりと行う必要があります。申込書などの必要書類や運転免許証などの身分証明書、源泉徴収票などの収入証明書類は忘れないで準備をしておく必要があり、対応が可能となる地区店に関しても確認をしておくことが必要です。
 
また、現状における借入状況は可否に関しての基準となるために、事前に個人信用情報機関から情報を入手して確認をすることも大切なことになります。そして、そこでの借入などに関する内容が芳しくない場合には、申込をする前に対処しておくことが必要です。

信用金庫カードローン

西武信用金庫 きゃっする500
東京三協信用金庫 さんきょう きゃっするカードローン
朝日信用金庫 朝日プラチナカードローン≪マイ・サポート≫
・水島信用金庫 カードローン しんきんきゃっする500
・備前信用金庫
・玉島信用金庫 たましんカードローン
・東京東信用金庫 ひがしんカードローン
・東京ベイ信用金庫 TOKYO BAY SHINKIN
・上越信用金庫 しんきんカードローン
・小松川信用金庫 こましんのカードローン



スポンサードリンク


 

タグ :

カードローンの基礎知識 審査 カードローンの基礎知識 融資

この記事に関連する記事一覧