借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

キャッシングでお金を借りるメリットは「無保証人・無担保」である


スポンサーリンク

メリットは保証人不要

キャッシングをするときには保証人は必要ありません。
 
そもそも、キャッシングを提供している消費者金融は無担保型の貸金業者として経営を行っています。無担保型というのはその名前のとおり融資の際に担保を用意しないサービスのことを意味するため、キャッシングを利用するときには担保を準備する必要がないのです。
 
担保というのは、具体的に言うと保証人不動産などが当てはまります。なぜ一般的な融資にこのようなものが必要になるのかというと、貸したお金を返してもらうことが出来なくなってしまうリスクを考えなくてはいけないからです。
 
銀行などの金融機関では、企業に対して数億円から数十億円というお金を貸すことがありますし、個人に対しても住宅を購入する際には数百万円~数千万円というお金を貸すことがあります。
 
こうしたお金を貸すときに何の保証も無く契約をしてしまうと、万が一にでもお金が返済されなかった場合に金融機関が大きな損失を被ってしまいます。だからこそ、こうした損失を填補するために最初から保証人などを用意することが求められるのです。
 
キャッシングの場合にはそのような心配がないため、無担保型としてサービスを提供しているのです。
 
 

保証人を必要としない理由を知っておく

なぜキャッシングでは無担保型の融資が認められているのでしょうか。これは、銀行のような大手の金融機関と少額融資を提供する消費者金融の法律的な違いから説明することが出来ます。
 
そもそも、銀行が企業に対して数億円という多額のお金を貸すことが出来るのは、銀行そのものが融資の金額を決定することが出来るからです。言いかえれば、法律的な上限が存在しないからこそ企業は銀行から大きなお金を借りることが出来ますし、個人であっても数百万円以上のお金を簡単に借りることが出来るのです。
 
これは、銀行が提供するサービスに銀行法という専用の法律が適用されるかに他なりません。銀行法の中には融資に関する規制の文言が存在しないので、それぞれの会社によって融資できる金額を決めることが出来ます。
 
反対に、消費者金融の場合には総量規制という融資の枠が法律によって最初から決められているのです。一定の範囲でしかお金を貸してはいけないという規制があるため、安全に融資が出来る一方で大きなお金を貸すことは出来ないという制限があります。
>>キャッシングの種類について知ろう!~総量規制対象外の銀行カードローンの選択が賢明
 
こうした制限があるため、消費者金融から積極的に担保の準備を求めなくても必ず安全に消費者に対してお金を貸すことが出来るのです。
>>低金利キャッシングの審査は厳格?1万円や3万円の少額融資の審査なら大丈夫?
 
 

法律によって保証人を求められていない

法律によって多額の金額を貸すことを許容されている金融機関では確かに大きなお金を貸すことが出来るのですが、その反面融資の契約に関してはお金を貸した金融機関の責任で不良債権を背負わなくてはいけなくなります。
 
金融機関がお金を貸したときに担保を用意しなくても良いとなると上限が存在しないためどこで歯止めをかければ良いかわからなくなります。そうした状態にならないようにするためにも、担保と言うのは必要になるのです。
 
一方で、消費者金融の総量規制の融資の枠というのはお金を借りにやってきた消費者の年収の三分の一までとはっきりと決まっています。
 
600万円の収入を貰っている人であるのならば200万円という範囲で融資の枠が決められ、この範囲内で自由にどこの会社からでもお金を借りることが出来るようになります。200万円という融資の枠は決められていますが、銀行とは異なって上限がはっきりしているので担保を用意しなくても600万円の年収があれば返済できる可能性がものすごく高くなるのです。
 
こうした基本的な考え方が、消費者金融のサービスにはあるということを知っておかなくてはいけません。消費者金融のキャッシングは多くの消費者が利用するため法律上でより安全性の高いサービスが求められているのです。



スポンサーリンク

 

タグ :

コラム

この記事に関連する記事一覧