借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

自宅で仕事を探す主婦を騙す内職商法とは




スポンサーリンク

在宅ワークを狙った詐欺

インターネットが普及したことで、働く形にも広がりがでるようになりました。
 
一般的な正社員や派遣社員、アルバイトのような雇用形式でお金を稼ぐのではなく、自宅のパソコンを通して仕事をすることが可能となったからです。ですが、それにともなって在宅で仕事をしようとしている人を狙った詐欺が発生し、その件数も増加しています。
 
基本的には、ちょっとしたお小遣いを稼ぎたい主婦層などを対象に行われる詐欺です。
 
具体的な詐欺のやり方として挙げられるのは、内職をするための教材を請求されるパターンです。教材を購入することで、スキルアップができ時給が上がるという理由で買わされてしまいます。
 
実際に仕事の単価が上がることはなく、お金だけを取られてしまいます。
 
 

内職商法の具体例について

教材費を請求するやり口は、以前からよく使われる方法です。こういった手口で詐欺を行う在宅ワークのサイトは、そのサイト自体が仕事を受注していないのが実態で、教材費を払った登録者は架空の仕事をさせられていることが多いです。
 
また、サイトを作成する代金を要求されることもあります。一番始めに記事を作成してもらい、その記事で商品が売れたと偽って代金を支払います。その後に登録者側の文章作成の質をほめて、サイトを作成するように促し作成料を請求します。
 
さらに、サーバーの負担を軽くするといった名目で、追加の代金を請求されることもあるようです。払えない場合には、金融機関でお金を借りるよう促されます。これを受けてしまうと、多額の借金だけが残ってしまいます。
 
(参考) 内職商法の手口-警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no5/9110/9110.htm
 
 

在宅ワークの被害について

在宅ワークは、インターネットを通して行われるので、その分犯罪も多いのが現状です。自宅でお金を稼ぐの難しく、一般的な会社で働くよりもどうしても稼ぎは少なくなります。
 
在宅で多くの金額を稼ぐには、相応のスキルが必要です。そのスキルを身につけるまでが難しいので、詐欺に乗せられてだまされてしまうことが多いのです。
 
一般的な在宅ワークを請け負うサイトに登録する際は、きちんとした所であれば無料で登録を行うことができます。

無料登録で在宅ワークOK

クラウドワークス
http://crowdworks.jp/
 
ココナラ
http://coconala.com/
 
詐欺に使われているサイトは、有料での登録や教材費を請求されることがあるので、そういったサイトへは登録しないようにしましょう。大手の在宅ワークであっても、クライアント間とトラブルが発生することもあるので、その点は踏まえた上で、仕事をすることが大切です。



スポンサーリンク

 

コラム

この記事に関連する記事一覧