借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

年収200万円未満のアルバイトが住宅ローンでお金を借りられる?担保があるので審査可決?


スポンサーリンク

年収の5倍程度の家が目安

年収が100万円台でも住宅ローンは組めます。最近では、独身でも老後のことを考えてマイホームを購入する人が増えています。
 
賃貸では家賃は払い捨てることになりますが、住宅ローンなら賃貸とそう変わらない月々の支払いで、ローンを完済すれば家が完全に自分の資産となるからです。マイホームがあるかないかでは、老後の生活に雲泥の差が生まれます。
 
年収100万円台の人は、500万円くらいの家が目安となります。審査に通って、無理なく返済できるギリギリのラインがだいたい年収の5倍程度だからです。
 
年収の高い方なら余剰金が多いので、年収の7~8倍程度までローンが組める場合もあります。
 
 

アルバイトの人は不利になる?

年収100万円台というと、アルバイトの人が多いと思います。お金を借りる時の審査では、同じ年収であっても正社員に比べるとアルバイトは不利になってしまいます。
 
住宅ローンは最大35年間もの長い間返済していくものなので、現在の年収だけでなく、将来にわたって安定継続した収入が見込めるかどうかも重要になるからです。
 
正社員とアルバイトではその点でかなり差がありますので、年収が同じならアルバイトは不利です。同じ理由で、自営業の人もかなり不利になります。
 
もちろん、金融機関によっては審査基準が低いところもありますが、そういうところは金利が高いので、無理なく返済していけるかを慎重に検討する必要があります。
>>キャッシングで借入金の返済が遅れた場合、住宅ローンの審査に影響はある?
 
返済ができなければせっかく買った家も手放すことになります。
 
 

審査で有利になるための工夫

アルバイトの人は正社員に比べて不利なので、頭金を多めに用意しておくなどの工夫が必要になります。頭金を多めに用意すれば返済の負担が減って審査に通りやすくなるばかりか、支払う利息も大きく減らせます。
 
また、配偶者の収入を住宅ローンに組み入れるという方法もあります。配偶者が連帯保証人になる「収入合算」や、夫婦でそれぞれローンを組む「ペアローン」という方法があります。
 
配偶者の収入をあてにするということは、配偶者が妊娠や子育てなどで仕事を辞めたときは、夫一人でローンを支払っていかなければならないというリスクもあります。
 
万が一配偶者が仕事を辞めたときにも、夫一人でローンを支払っていけるかどうか、よく考えて収入合算を行ないましょう。



スポンサードリンク


 

借入 住宅ローン

この記事に関連する記事一覧