借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

低金利キャッシングの審査は厳格?1万円や3万円の少額融資の審査なら大丈夫?


スポンサーリンク

低金利キャッシングを利用することのメリット

低金利キャッシングはここ数年間、急激に登場してそして爆発的にシェアを獲得していったキャッシングのジャンルとなっています。これについてはインターネット上などで「金利が低いまま借りられるということは非常に魅力的なことだ」として説明されることが多いでしょう。
 
しかし、キャッシングにまつわる用語が今一つわからないという人だと、そのメリットもよくわからないということがあります。ではそのメリットは何かというと、まず金利とは何かを考えることが必要です。
 
これは要するに「返済の時どれくらいお金をプラスして返せばよいか」ということです。例えば年間の金利、年利が20%の状態で1万円を借りたのであれば、来年同日には1万2千円を返済することになります。借り入れた際の最初の金額、元本が少なければ利息も少ないのですが、これが10万円になると12万円、100万円だと実に20万円の利息を支払わなくてはなりません。
 
この点において低金利キャッシングはその利率が低くなっているため、元本にプラスする分が少なくて済むのです。借金で最終的に返済する額が少なくて良いということは、非常に大きなメリットだと言えるでしょう。
 
 

低金利キャッシングの審査が厳しいのはどうしてなのか

しかしながら低金利キャッシングにもデメリットはあり、中でも大きなデメリットとなるのが「審査が厳しい」ということです。これはどうしてかというと、そもそも金利が低いということは業者にとって利益が少ないということになるからです。例えば1万円を年利20%で貸しつけた業者が一年後に返済してもらった金額が1万2千円だったとすると、その業者が得る利益は2千円になります。
 
ですが金利が低く、年利10%で貸し付けたということになると一年後の返済総額は1万1千円、利益は半分になってしまいます。利益が少ないというような商品を、誰にでも貸付させるということは業者にとってリスクを抱えるのと同じです。
 
ここまでは解説を簡単にするために一年後に全額返済のケースでしたが、実際には分割で返済していくことになります。もしそこで返済可能性の低い人に対してどんどん貸しつけると、本来の元本の回収すらできない段階で返済できない顧客が出てくるということに繋がります。そうした返済可能性が低い顧客を取り扱うには、利率を高くして元本回収を早く行う必要があります。そのため、低金利キャッシングの審査は通常と比べて厳しくなるのです。
 
 

ネットバンクのキャッシングの金利が低いのはなぜ?

さて、ここまでで低金利のメリット、デメリットに触れてきましたが、最近この業界で話題になっているのがネットバンクによるキャッシング事業です。この業者による融資は金利が低く抑えられていることが多く、利用者にとっては非常に魅力的な存在になってきています。ですがどうしてそうした業者の金利は低いのか、経営は大丈夫なのかということに疑問を持つ人も多いでしょう。
 
その理由は「審査から融資まで、全国の顧客に対して実店舗を介さずに業務が行える」ということにあります。先ほど利益が少ないということは業者にとってのリスクだと説明をしましたが、ネットを拠点として事業を行う場合、得られる利益が多少少なくても問題が無いのです。
各地域に支店を開く必要が無い、審査もインターネットで行い融資もコンビニATM提携するというようなことだと、本部にコールセンターを設置するなど最小限の人員で事業を行えます。
 
かつ全国の消費者が潜在顧客になるわけですから、これであれば経費が抑えられて顧客が多い、いわゆる薄利多売の構図が成り立つのです。何も考えずに利用できるわけではありませんが、効率よくお金を借りたいのであれば有力な選択肢になるでしょう。



スポンサードリンク


 

タグ :

カードローンの基礎知識 審査 カードローンの基礎知識 金利

この記事に関連する記事一覧