借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

悩むNHK受信料の支払いはどうする?某条件をクリアすればNHK契約の解除は可能?


スポンサーリンク

NHK受信料を支払わなくていい世帯がある

「NHKの受信料は必ず支払わなければならない」と考えている人も多いはずです。しかし、合法的に支払わなくて良い世帯もあるのです。
 
まず挙げられるのが、受信機が無い世帯です。受信機として定められているのはテレビやチューナーが内蔵されているレコーダー、さらにはテレビ機能があるパソコンやワンセグ機能付きの携帯電話などです。これらの機器が無い場合は、そもそも放送を受信することが出来ないために契約する必要が無いのです。
 
忘れてしまいがちなのが、マンションなどの集合住宅に設置されている地上波やBSデジタル放送用、ケーブルテレビなどのアンテナです。集合住宅に設置されているのは共同受信用受信機であるため、この場合はテレビなどが無くても集合住宅の住人全てが放送を受信できる状態にあるため、契約しなければなりません。逆に、アンテナが無ければテレビやレコーダーを所有していても受信できないために支払う必要はないのです。
 
また、NHKが定めている免除規定があります。生活保護世帯や老人ホームなどの社会福祉施設に入居している場合は免除規定に該当し、NHK受信料が免除されるため実質的に支払わなくも良いとされています。
 
 

NHK受信料を支払わないためには

免除規定に該当しなくてもNHK受信料を支払わない方法があります。放送を受信することが不可能な状態にすれば良いのです。テレビなどの受信機器を廃棄することは現実的ではありませんが、他にも手段があります。
 
まず、テレビからアンテナケーブルを外して放送を受信できないようにします。この状態でもゲームやDVD鑑賞のための機器として利用することは可能なので、放送受信以外の用途では問題ないのです。レコーダーも同様にアンテナケーブルを外します。放送を録画することは出来ませんが、今まで録画した番組や映画DVDなどは見ることが出来ます。
 
しかし、こういった方法は集合住宅では困難です。集合住宅では共同で使用するアンテナが設置されていることが多いため、受信設備があると判断されてしまうのです。各部屋への引き込みをカットすることが出来れば受信契約を結ぶ必要はありませんが、技術的に困難です。
 
ワンセグ機能付きの携帯電話は、ワンセグ機能を除外することは難しいので買い換えるしかありません。現在ではスマートフォンが大きく普及し、特に海外製の製品(iphoneなど)ではワンセグ機能が無い機種がほとんどです。これを機に買い換えるのが良い考えだと言えます。
 
 

NHK受信料契約を解約する方法

契約を解約するには、まずテレビなどの受信設備を廃棄したり、受信することが不可能な状態にすることが必要です。受信することが不可能な状態とは、具体的にはアンテナケーブルを接続しない、箱に入れて物置にしまうといった状態のことです。
 
受信できない状態になったら、NHKのコールセンターに電話して解約を申請します。この際、契約者本人の住所や氏名、お客様番号を聞かれ、回答した後に解約する理由を聞かれるので、受信する設備がないということを明確に伝えましょう。もし受信機器を売却したり、廃棄していた場合はそのことを証明する書類を求められることがあるので準備しておきます。
 
また、他人に譲渡した場合は譲渡先の氏名や連絡先を聞かれます。電話で答えるのは個人情報保護の観点から躊躇してしまいますが、やましいことはないので答えても問題ありません。理由が認められたら、放送受信契約を解除するための書類が郵送されてきます。書類に必要事項を記入し、同封されている返信用封筒で郵送すれば手続きは完了です。
 
その後、NHKから連絡はありませんが、引き落としがないことを確認すれば契約が解除されていることが分かるはずです。

 

カードローンの基礎知識 その他

キャッシングローンカードとは?~消費者金融、銀行カードローン等が発行してる


スポンサーリンク

お金を借りることができるカード

キャッシングローンカードと呼ばれています。簡単に言えばお金を借りることができるカードです。提供しているのは貸金業者になります。消費者金融のCMはお馴染みにであり、街中には多くの看板がありますので、アコムやプロミスなど知っている消費者金融もあるでしょう。そのような貸金業者で審査をし、お金を借入れることができます。
 
審査に可決する基準として、働いていて収入がある人に限られます。ただし、専業主婦(専業主夫)の人は、場合により、配偶者に収入があればお金を借入られます。以前は正社員でなければ厳しいという見方がありましたが、最近はいろんな働き方の形態がありますので、いろんな人が入手できる環境になっています。また会社の資金が厳しいという場合も、事業者ローンカードという種類のものもあります。それぞれに合わせた使い方が出来るのがカードローンです。(※事業性資金は総量規制対象外です)
 
総量規制とは?
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html
 
使い方はローンカードの種類によって変わりますが、借入と返済方法は自社の店舗、そして提携先ATMになります。コンビニATMと提携している貸金業者も多いことから、資金が苦しいといったとき利便性が高いローンカードになります。借入と返済方法ができる場所が幅広くあります。一時的な資金補充のために借入するときに、このローンカードさえ持っていれば安心できることもあるでしょう。
 
 

銀行を含めた貸金業者の違いを知ろう

貸金業者といってもいろんな種類があります。大きく2つにわけることができ、消費者金融信販会社、そして銀行が主な業者です。闇金融といった法的に逸脱した業者もありますが、そのような業者はカード自体を発行していませんし、またキャッシングを利用してはいけない業者です。
 
基本的な見方として銀行カードローンは審査に厳しく利息が低い、消費者金融は借りやすく利息が高いという違いがあることだけは最低限知っておきましょう。また消費者金融は即日融資に対応しており、銀行カードローンはキャッシングするまでに時間が掛かることが多いです。
 
借入をする場合、審査に可決やすいことを重要視してしまうことが多いですが、利息について考えることも大切です。借入したのであれば、毎月元本と利息を支払わなければなりません。その負担として必ずついてくるのが利息になりますので、なるべく低い利息を提供している貸金業者を選ぶようにしましょう。

申し込み方法は多くの貸金業者がインターネットからの申し込みに対応しています。記入項目も多いですので、インターネットから申込むのも良い方法です。キャッシングカードが手元に届くまで、振込によって対応してくれる貸金業者も多くあります。
 
 

使い方と返済方法について

キャッシングを利用したいという時に、提携しているATMでカードを使って借りる、または契約してる貸金業者に依頼をして銀行口座に振り込んでもらうといった方法で借入をすることができます。インターネット上で使える会員ページがありますので非常に便利です。
 
また返済もATM、またはインターネットバンキングを使って返済することも可能です。ATMを使うと利用手数料が掛かることがあります。特に返済に関しては1度だけで終わらず、何回かの返済になりますので、利用手数料がかかる返済方法はあまり賢いやり方ではありません。自社の店舗にあるATMを利用する、またはインターネットバンキングであれば利用手数料がかからない貸金業者も多いですので、そのような方法で返済すると良いでしょう。また一部の貸金業者では、利用手数料が掛からないといったところもあります。貸金業者を選ぶ時の基準にもなりますので、貸金業者の利用手数料に着目してみましょう。
 
借りやすさや利息、そして利便性を総合的に考えてキャッシングをしましょう。また計画性がないキャッシングをするというのは、自分自身を苦しめることになりますので気を付けてください。
 
関連記事:
キャッシングの種類について知ろう!~総量規制対象外の銀行カードローンの選択が賢明

 

タグ :

カードローンの基礎知識 その他

キャッシングの種類について知ろう!~総量規制対象外の銀行カードローンの選択が賢明


スポンサーリンク

種類は2つを覚えておけば良い

キャッシングは本当にいろんな金融会社で様々な内容から見つけることができ、お金を借りたいときはそれだけ多くの選択肢があることになります。たくさん種類があってどこを利用するのか決めることが難しいという人は多いと思いますが、基本的に覚えておくべきキャッシングの種類は2つでよいです。
 
それはクレジットカードに付帯されるキャッシングと、単体のキャッシングです。この種類の違いは利便性にあります。
金利など内容に関してはそれぞれの各社の設定内容を見て好ましいキャッシングを選べばよいだけですが、実際に利用する際の利便性という意味では単体としてこのサービスを利用するのか、クレジットカードにこのサービスを付帯するのかによって、少なからず使い勝手が変わってきます。
 
クレジットカードをまだ一枚も持っていないという人はこれからの人生においてもいずれは一枚はクレジットカードを持つことになると思うので、その際にそのクレジットカードにキャッシング機能を付帯させておくほうが一枚のカードで単純に二つのサービスを利用することができるようになるため、カードの管理から使い勝手まで利便性はこちらの種類のほうが高くなります。
 
 

キャッシングは金利で決まることを知ろう

消費者金融や銀行、または上記で紹介したようにクレジットカードのキャッシングまで、本当にいろんなところへ申し込むことができますが、このキャッシングというのは結局金利が最大のポイントになることを知っておかなければなりません。各社は顧客を呼び込むためにあらゆる表現からサービスの魅力を紹介していますが、そんな事はどうでもいいと言ってもよいほどに金利が最大の注目ポイントになります。
 
この理由は基本的に今の時代においてネットが進化したという事もあり、コンビニで使える、ネットを使えるといったサービス内容に大きな違いが各社にないことからも、金利を軽視してまでもそうしたサービスに重点を置く必要がないことが理由です。要するに各社のキャッシングの使い勝手という部分においては借入方法から返済方法まで、それほど大きな差がなく、やはり利率によって利息の金額がかなり変わってくることから、利率によるメリットの差のほうが重要になってくるということです。
 
そのため、申込先を選ぶときはとにかく優先して設定利率を見ることを覚えておきましょう。この利率はインターネットからしっかりと比較して低いほどメリットになります。
 
 

審査の難易度は各社で違う

消費者金融や銀行など、それぞれの会社は審査の難易度が違います。消費者金融でも銀行でも、審査に可決するための基準は公開されていないので、これは推測から口コミなどを活用して審査に可決しやすいところを探すことが大事です。消費者金融や銀行の各社によって、公式サイトで合格できるかどうか審査のシミュレーションを受けることができるところがあるので活用してみると便利です。
 
また、これと同時に賢い使い方をするために返済シミュレーションを設置している会社もあります。やはり返済をしっかりと計画しておくことができると賢い使い方を知ることができます。後先考えずにお金を借りるばかりでは、どうしても返済がうまくできないこともありえるため、しっかりと返済シミュレーションを活用しながら賢い使い方をマスターしておくようにしましょう。
 
このようにしっかりと利率をチェックしながらも自分が可決を目指せる申し込み先を探す、そして実際にお金を借りることを想定して、自分にとって無理なく完済することができる返済計画を考えておくことが大事です。そうすれば、上手に金融会社からお金を借りることができるようになるので覚えておくとよいです。

 

タグ : 

カードローンの基礎知識 その他