借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

エポスカードのキャッシングは1000円単位でお金を借りれる


スポンサーリンク

エポスカードでお金を借りるには

クレジットカードにはキャッシング枠があるものがありますが、2種類のものがあります。
 
1つはショッピング枠の一部にキャッシング枠が付帯しているもの。もう一つはショッピング枠とキャッシング枠が完全に独立しているタイプです。
 
ショッピング枠の一部となっている場合、いくらキャッシング枠が残っているからと言ってもショッピングで利用してしまっているため、利用できなくなることがあります。
 
枠が完全に独立している場合は気にせずに利用できます。エポスカードは枠がそれぞれ独立しているタイプのものです。他社のカードと比較すると、独立しているタイプは珍しい部類に入ります。
>>アコムのクレジットカードは利便性高く、即日発行も可能
 
 

エポスカードでの借入方法

いくつかキャッシング方法があります。1つはインターネットから借入申し込みをする方法。もう一つはエポスカードを利用してATMから直接引き出す方法です。
 
借入申し込みをすると、銀行営業時間であればすぐに着金します。それ以外の時間の申し込みは、翌金融機関営業日になりますので、すぐにお金が必要な場合はATMを利用したほうが良いでしょう。
 
借入申し込みでは手数料はかかりません。ATMの場合はエポスのATMを利用すれば手数料が無料ですが、それ以外のATMを使うと手数料が発生します。借入可能額は1000円単位です。
 
返済時もエポスのATMを利用すれば全て手数料が無料で手続きをすることができます。
 
 

優待をうまく利用するには

エポスカードは百貨店の発行する流通系のカードです。そのため全国にカードを提示するだけで割引をしてもらえるなどの、優待が受けられるお店や施設が複数あります。
 
また支払いに利用するとポイントが通常の5倍つくようなところもあります。非常にポイントが貯まりやすいカードな上、ポイント交換はサービスセンターで行えば、丸井の商品券に限りその場で交換してもらうことができます。
 
その他のギフトカードの場合でも1週間程度で郵送されてきます。ポイント交換は時間のかかるところが多くありますが、その点、交換の早さはトップクラスでしょう。

 

カードローンの基礎知識 クレジットカード

クレジットカードの現金化を利用してお金を借りた場合のデメリット


スポンサーリンク

クレジットカードの不正利用について

クレジットカードで高額な商品を購入して、それを業者に購入してもらうことで現金を手にするやり方が問題となっています。
 
クレジットカードを利用した現金化はカードの規約で禁止されている行為であり、国も違法性の高い行為として取締を行うこともあるようです。
 
(参考)ストップ!クレジットカード現金化-消費者庁
http://www.caa.go.jp/credit/
 
カードの規約違反を行ってしまうと、その後カードが使用できなくなってしまうのはもちろんですが、残りの返済を一括で行わなければいけなくなってしまいます。お金に困っているなどの事情で現金化に手を出してしまうと、結果的にさらに大変な事態を招いてしまうことになります。
 
ショッピング枠の使用は、適切に利用する分には便利ですが、誤った使い方をしてしまうと危険です。
 
 

カードを利用した犯罪

クレジットカードの現金化は、本人が望んで行っている行為ではないケースもあります。借金の返済ができず、お金を借りるところもない場合に、悪質な業者に強制的に現金化をさせられている場合があるようです。
 
ショッピング枠が残っていれば、悪徳業者はそこから商品を買わせて、購入価格よりもかなり安い値段で買取をすることで利益を出します。100万円の購入価格のものを80万円で買い取ってもらったとき場合ですが、利息で考えると法外な金利となっており、絶対にやるべきではありません。
 
クレジットカードのショッピング枠は、きちんと返済を行っていると利用可能な限度額が大きくなっていきます。悪用されてしまうと大変ですので、注意が必要です。
 
 

ショッピング枠の購入履歴

クレジットカードの不正な利用を防ぐために、カード会社は誰がどのような買物をしたのかという履歴情報を保持しています。膨大なデータを管理する中で、異常なカード利用があれば検出できるような仕組みがつくられています。
 
例えば、普段カードを使用する時にコンビニなどでしか使わない人が、飛行機や新幹線のチケットを大量に購入した場合、すぐに不正利用でないかどうか確認するようになっています。
 
不正が発覚してしまうと、利用停止処分になってしまいますので、適切な利用が大切です。
 
名義を持っている本人が適切に使っていても、スキミングなどの被害に遭い悪用されてしまう場合もあります。その際には、カード会社と警察にすぐ連絡することが重要です。

 

カードローンの基礎知識 クレジットカード コラム

個人向け融資以外のアコムの借入~クレカ、借り換えローン、ビジネスローン


スポンサーリンク

クレジットカード

アコムのマスターカードは、年会費が無料です。通常クレジットカードの年会費は、安い場合だと数千円、高い場合だと1万円以上かかりますが、アコムは無料です。そのため、クレジットカードの会員になるための負担が、少しばかり少なくて済みます。
 
クレジットカードを利用したいけど、年会費が高そうというイメージがあって躊躇っていた方でも、アコムのクレジットカードなら、年会費の負担はありません。では、アコムのクレジットカードは、どんな特徴を持っているのでしょうか。
 
アコムのクレジットカードは、世界中のマスターカードの加盟店で、幅広く利用することができます。もちろん、日本国内でも、マスターカードのマークがついているお店であれば、利用することができます。そのため、現金を持ち合わせていない時でも、アコムのクレジットカードがあれば、それで支払っておくことができます。
 
また、現金があっても、現金を持ち歩くのは不安という方も、このクレジットカードを利用しています。
 
クレジットカードの利用に際して、大きなメリットがあります。それは、自宅にご利用明細の郵送をしないことです。その代わり、アコムの店頭窓口やATMで受け取ることができます。そうすることによって、家族の方にばれてうるさく言われることがありません。自宅に利用明細書が届くと、同居している家族が間違って開封してしまう恐れがありますが、アコムのシステムなら、個人情報が守られるので安心です。
(⇒海外に頻繁に行く方は、海外でお金を引き出せるので便利
 
 

ビジネスローン

個人のお客様向けに、少額のキャッシングを中心に提供している消費者金融業界としては珍しいことかもしれませんが、アコムでは、ビジネスローンも用意しています。
 
このビジネスローンは文字通り、ビジネスが目的で資金(事業資金)が必要なお客様向けのローンです。起業をしたいけど、どうしても資金が足りないなどという場合に、利用することができます。では、アコムのビジネスローンについて、詳しく見てみましょう。
 
ビジネスローンは、総量規制の対象にはなりません。そのため、年収の3分の1以上の借り入れになる場合でも、お金を借りることができます。もちろん、借入できるかどうかは審査次第ではありますが、ビジネス目的でお金が必要な場合、申し込むことができます。
 
ビジネスはスピード重視であることが特徴ですから、資金が足りなくてビジネスを諦めてしまうのは、あまりにもったいない話です。それよりも、アコムとしては、できる限りビジネスの手助けになりたいと感じているものです。
 
また、既に他のアコムの商品を利用しているお客様でも、ビジネスローンに切り替えて利用することも可能です。というのも、これまで他のローンを利用していた方が、急遽ビジネスでお金が必要になることも、決してないわけではありません。
 
そんな時でも、融通を利かせてくれるのは、非常にありがたいことです。ビジネスローンも、キャッシング同様、利用限度額以内であれば、繰り返し利用することが可能となっています。
 
 

借り換え専用ローン

アコムでは、既に他社の利用があって、借入先を1つにまとめたいという方のために、借り換え専用ローンを用意しています。
(⇒おまとめローンと借り換えキャッシングの違いとは?
 
ここ最近、キャッシングを利用しすぎて、いつの間にか借り入れ件数が増えていたというケースが多くあります。
 
借り入れ件数が多いと、それだけ返済も大変になってくるので、負担が大きく感じます。しかし、借り入れの件数を減らすことによって、返済の際の負担が大きく減るのが事実なのです。では、アコムの借り換え専用ローンについて、より詳しく見てみましょう。
 
アコムの借り換え専用ローンは、アコムの審査に通過すれば、利用することができますが、この借り換えローンがどんな人におすすめなのか、情報が提供されています。
 
まず、複数のローンを既にご利用しているお客様です。この場合、借り入れ件数があまりに多い場合は、アコムで申し込むことはできません。その場合、借り入れ金額の小さいものから返済していき、借り入れ件数を減らすのが良い方法です。そして、借り入れ件数がある一定のラインまで減ったら、そこで初めてアコムの借り換え専用ローンに申し込んでみます。
 
また、現段階で年収の3分の1以上の借り入れがあるお客様も、借り換え専用ローンを組んだ方がおすすめだと言われています。借り入れ件数が多いと、それだけで返済がきついですが、1つにまとめることによって、金利の負担が少なくなることもあります。
 
このケースでは、人によっては現状の返済を続けた方が良い場合もありますが、アコムの借り換えローンに借り替えたことで、返済がスムーズになった方も多くいます。

 

タグ :

借入 おまとめローン カードローン業者一覧 アコム カードローンの基礎知識 クレジットカード 借入 ビジネスローン

安心して海外旅行を楽しむための海外キャッシング~為替の変動には要注意


スポンサーリンク

海外旅行では海外キャッシングができると便利

海外旅行の場合、現地が治安が良いとは限りません。比較的良いとされている国でも、日本ほど安心できる国もなかなかないものです。ほとんどがそれよりは劣ると考えた方が無難でしょう。
 
そういったところで生活してきた日本人ですから、危機管理意識はかなり低く、恰好の的となってしまいがちです。大きな金額の現金を持ち歩くなんてもってのほか。非常に危険です。
 
そんな時に役立つのが海外キャッシングが可能なクレジットカードです。海外は現金よりクレジットカード決済が常識的ですし、現金を持ち歩かないと困るということもあまりありません。盗難に遭った時も、対応がスピーディーで保険もあります。被害は最小限に食い止められます。
 
しかし現金がないと非常に困ります。チップも現金なら、公共機関もある程度現金です。カードのまつわる犯罪も多く、カードを使う場所も考えねばなりません。では果たしてどのくらいの現金を持っておけばいいのかなど、予想は付きにくいものです。
 
思ったより現金を出す場面が多く、その都度、用意しなければならなくなることもあるでしょう。クレジットカードが便利でも、それだけでは安心できません。日本の銀行の口座に現金が入っていても、それを現地でおろせるかと言えば、かなり難しものです。
 
 

海外での通貨にも対応しているメリット

海外キャッシングができるクレジットカードであれば、ATMからすぐに現金を調達することができます。さらに現地通貨が出てきますので、両替する必要もありません。
(⇒消費者金融とクレジットカードの審査の違いは?~仮審査のある消費者金融は審査の不安な人には◎

海外でも使えるクレカ

・三井住友VISAカード
・三菱UFJニコス
・エポスカード
・セゾンカード
・楽天カード
・ポケットカード
・UCカード
・イオンカード
・ライフカード
 
海外旅行において現地通貨に両替してもらうときの手数料もばかになりませんし、してもらえる場所も限られています。宿泊しているホテルが行ってくれる場合も少なくありませんが、その手数料の問題とともに、金額にも上限があります。
 
自分にとって不十分な金額しか換えてもらえない時も多いものです。両替してもらえる場所と、海外キャッシングができるATMの数を考えた時に、明らかにATMの方が多いものです。利便性に優れていますので、それを利用するのが得策です。
 
ただし海外のATMは日本に比べて無防備です。街中で、しかも道に面したところに、ほぼ裸のような状態で壁に埋め込まれているなどということも良く見られます。利用している事態でカードもお金も持っているのが確定しているのですから、それに対しての警戒は充分にしなければなりません。
 
独りで利用しに行くのではなく、誰かと一緒に行って背後を見ていてもらうなど、自衛策を講じる必要はあるでしょう。ホテル内が比較的安全ですので、海外旅行の際にはホテルのランクや設備の充実をチェックするのがオススメです。
 
 

為替のリスクも考えて

このように海外キャッシングの利便性は高く、海外旅行でも特にヨーロッパ旅行のようにいくつもの国を旅行し、全てがユーロではないといった場合には、大変役立ちます。ヨーロッパはまだユーロの割合が多いので良いのですが、自分の海外旅行計画でいくつもの国を訪れる時には、両替は大きな問題です。
 
海外キャッシングができるクレジットカードなどは、海外旅行に行く目的がはっきりしている時には、キャッシング枠やショッピング枠を一次的に引き上げてもらえることもあります。またショッピングに特化しているカードとキャッシングに特化しているカードを用意して使い分ける方法もあります。
 
もともと1枚のカードではなにかあった時に不安です。安心のために複数枚持って行くのが常識ですので、海外キャッシング面からも検討した上で、持って行くカードを決定すると安心感が違います。しかし海外キャッシングは為替のリスクを負います。その時のレートではなく、後日にずれたレートで計算されて請求が起こります。
 
急激な為替の変化によって、思ったよりも支払い金額が大きくなったということもありますので、特に経済状態が不安定な国の場合には、その点も考慮して利用しましょう。

 

カードローンの基礎知識 クレジットカード

消費者金融とクレジットカードの審査の違いは?~仮審査のある消費者金融は審査の不安な人には◎


スポンサーリンク

キャッシングができる金融機関とは

生活をしていて、ちょっとしたお金が足りなくなるということもあります。知り合いや家族などから借りることが出来る場合もあるのですが、揉め事の原因になってしまうこともあるので、それならほかの金融機関から借りるようにするといいでしょう。
 
それでは、どういったところで借りることができるのかというと、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などになります。これらの金融機関は、それぞれ特徴があるので、それを違いを知って利用するようにするといいでしょう。
 
銀行というと、経営が堅く安心であるというイメージがあります。実際に審査は厳しいのですが、金利が安いなどのメリットがあります。
 
それに対して、クレジットカード会社はもともとショッピング機能が主であって、お金の借入れは付帯できる可能性のある機能になります。もとの目的自体が異なるのですが、ショッピングにも使うことができ、キャッシングにも使えることも多いので、それはそれで便利でしょう。
 
そして、消費者金融というのは即日審査と融資が可能であるということがいわれるのですが、わりと基準も緩いので、すぐにお金が必要な時には最適ですが、若干金利手数料が高めであるのです。
 
 

キャッシングのための消費者金融とクレジット会社の違い

お金をキャッシングをする際に、消費者金融とクレジット会社について、扱いの違いがあります。
 
前述しているとおり、目的から異なるのですが、消費者金融の場合ではお金の借入れが目的であり、クレジット会社の場合ではショッピングやサービスの購入が目的になるのです。それにキャッシングの機能を加えることができるのが、クレジットカードなのです。
 
前者の場合では、少額の融資を担保なしに貸してくれるというところになるのですが、後者の場合ではショッピングのクレジットにしてもキャッシングにしても、カードの利用から返済完了まではその商品の所有がカード会社側にあるのです。つまり商品が担保になっているということなのです。これは大きな違いになります。
 
また、見ていく内容は収入や職場、他社借入状況、家族構成、住宅の形態などを対象にしているので、似通っているのですが、前者に関しては仮で行ってから本審査をしていくのに対して、後者はそのまま本審査という形になります。ですから、そういった流れも知っておくようにするといいでしょう。
 
キャッシングといっても、いろいろなタイプがあるので、自分の状況に合ったところにするといいでしょう。
 
 

どこの金融機関でキャッシングをするかを検討

それでは、どこでキャッシングをしていくのがいいのかということを考えていきましょう。一番大切であるのは、その人が置かれている状況から、一番好都合であるところにするのがいいのです。
 
例えば、クレジットカードを一度作っていて、ほかの消費者金融などのローンカードを作る際にはそれほど厳しいわけではないのですが、逆に消費者金融でいくつもローンカードを作っていて融資を受けて返済が滞っていたり、融資額がいっぱいになっていたりするとクレジットカードを作ることが難しくなったりするものなのです。
 
まずは順番としては、クレジット会社でカードを作ってみるのがいいのですが、いずれの場合にしても返済がきちんとできていない人では、なかなかローンカードもクレジットカードも作ることが出来ないというのが現状なのです。
 
このように考えていくと、共に金融機関に借金をしていることであり、それが予定通りに返済をされないと信用を失って、何をするにも次回に支障が出てしまうのです。ですから、金融会社にお世話になる時には、慎重に行動をして、使いすぎないようにしましょう。
毎日の生活で縁がないのが一番いいのですが、いざという時にはよく検討しましょう。

 

タグ : 

カードローンの基礎知識 クレジットカード カードローンの基礎知識 審査