借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

キャッシングの一括申込は便利な反面、連続申込により信用情報に傷が付く可能性もある


スポンサーリンク

一括申込とはどういう意味?

一括申込とは、キャッシング会社の審査を受ける際、申込項目を一度記入しただけで、複数の会社に同時に申込ができるというものです。
 
一部のキャッシングのサイトで、こういったことを行っている場合があります。利用者がこういったサイトに一度だけ情報を入力することで、サイト側が本人の代わりに複数のキャッシング会社に申込を行うわけです。
 
(参考)くらべる君
http://kuraberu.jp/
※くらべる君は老舗の真っ当な業者です
 
「自分でやるのは面倒だし、楽ができていいじゃないか」と思ったら大間違いです。こういったサイトの利用はお勧めできません。では、どういった点がお勧めできないのか、次の項から詳しく見ていきましょう。
 
 

一括申込の注意すべき点とは?

そもそも、一括申込ができると謳ったサイトに情報を入力してしまえば、その情報がどこへ流れて行ってしまうのか、入力した本人には分かりません。
 
大手の消費者金融やカードローン会社かもしれませんし、名前も知らないような貸金業者かもしれません。しかし下手をすれば、正規の貸金業者どころかヤミ金業者に、あなたの情報が渡ってしまう可能性すらあります。
 
このようなサイトの目的は、お金を借りる人の利便性の向上などではなく、あくまでそういった人の情報を集めることです。それを、アフィリエイトや紹介手数料といったお金に換えているだけなのです。
 
 

さらに別の注意点として

また別の注意するべき点として、あなたの信用情報が傷ついてしまうかもしれない、ということがあげられます。
 
信用情報とは、信用情報機関に登録されているローンの履歴のことです。どの金融機関にいつ申込み、いくら借り入れを行い、借金の遅延をしたといった事故は起こしていないか、などの情報が登録されています。
 
キャッシングやカードローンの審査の際、同じ人に過剰に貸し付けることを防止するため、この信用情報を照会することが義務付けられています。
 
一括申込を行うと、短期間に複数の会社に申込みを行った履歴が残ります。ほとんどの貸金業者は、そういった履歴があるといい判断はしません。かえって審査に通りにくくなってしまい、最悪、審査に通らなくなる「申込ブラック」になってしまうこともあるのです。
>>消費者金融に4社も5社も6社も連続申込をすると申込ブラックになる?

 

カードローンの基礎知識 審査

キャッシングで借入金の返済が遅れた場合、住宅ローンの審査に影響はある?


スポンサーリンク

キャッシングの利用は良くも悪くもローン審査に影響します

キャッシングが利用できる金融機関には、銀行、信販会社、消費者金融があります。
 
これらの金融機関は、原則として2つか3つの個人信用情報機関に加盟しています。個人信用情報機関に加盟している金融機関は、消費者から申し込みを受け、キャッシングの契約を結ぶと、契約情報や、毎月の支払い状況、延滞や任意整理などの金融事故があった場合にはその情報を個人信用情報機関に報告しなければなりません。
 
逆に、金融機関は消費者から申し込みを受けると、加盟している個人信用情報機関に申込者の個人信用情報を必ず照会します。そのため、利用者の契約情報や延滞などの記録は金融機関に筒抜けになっています。
 
さて、キャッシングの利用履歴が住宅ローンなどのローン審査に影響するかどうかですが、結論から言うと影響する場合があります。
 
金融機関は、利用者の過去のキャッシングの利用履歴なども参考にして審査をするので、過去の履歴から、「お金にだらしない人」といった人間性が読み取れると、不利に働くこともあります。しかし、ネガティブにばかり考える必要はありません。
 
延滞などをせずにきちんと返済を行なっていれば、「この人はローンを利用した経験があり、きちんと返済を行なっていた」というプラスのイメージを持たれることもあるからです。
 
 

延滞がある場合には住宅ローンの審査はどうなるか

よく住宅ローンの審査で消費者金融の利用履歴が不利に働くという話を耳にします。
 
たしかに、銀行は消費者金融の利用を嫌うという噂はあります。しかし、消費者金融の利用記録があっても、目的をもって利用していて、延滞などをせずきちんと返済していたのであれば、それほど不利にはならないというのが多数説のようです。
 
借りていた金融機関が消費者金融であれ、銀行であれ、信販会社であれ、返済で延滞をしていた場合には話が違ってきます。住宅ローンは高額ローンであり、その審査はかなり厳しいと言われています。過去にたった1回延滞をした記録があるだけでも、審査でかなり不利になることは間違いありません。
 
もちろん、住宅ローンの審査の判断基準については金融機関によって異なっていますので、1回延滞があるだけで審査に落とす金融機関もあれば、1回の延滞だけなら大目に見てくれて審査に通る金融機関もあるでしょう。
>>キャッシングで借りたお金を延滞するとどうなる?~最悪、債務整理をする結末に
 
しかし一般的に、良い条件で住宅ローンを借りようとすれば、それだけ厳しい審査を通過しなければならなくなります。個人信用情報に少し傷があるくらいなら審査に通る可能性は十分ありますが、審査の結果、予定していたよりも金利や借入できる金額などの条件が悪くなるということは覚悟しなければなりません。
 
 

個人信用情報から不利な情報を消すための方法とは

キャッシングの利用履歴の中に延滞などの不利な記録があっても、それがローン審査に影響することを避けることはできます。
 
CICでは、過去の24ヵ月分の支払い状況が記録されています。CICに残される毎月の支払いの履歴は最大24ヶ月しか残らないので、例えば返済で1回延滞をしてしまっても、その後24ヶ月間健全な返済を続ければ、延滞の記録は押し出されて消えて、ローン審査には影響しなくなります。
 
指定信用情報機関のCIC
http://www.cic.co.jp/
 
ここで注意が必要なのは、1回延滞をしたあと、24ヶ月健全な支払いを続けなければならないので、例えば24ヵ月払いのローンでは、この方法が使えないということです。その場合、完済してからおよそ5年間は記録が残ってしまいます。
 
キャッシングではいつでも追加融資ができるので、もしも延滞した後24ヶ月経つ前に完済してしまいそうになったら、追加融資をしてでも延滞記録を押し出して消しておいたほうが良い場合もあります。
 
さて、現在のカードローンでは、返済が終わっても自動的に契約は終了しません。つまりはカードローンを自分で解約しなければ契約は継続され、いつまでも個人信用情報に記録が残り続けるということです。たとえ延滞がなくても、消費者金融カードなどは目的を果たしたらさっさと解約してしまうことがお勧めです。

 

借入 住宅ローン カードローンの基礎知識 審査

「無審査OK」「即日融資OK」まとも消費者金融でなく、間違いなく闇金だ


スポンサーリンク

基本的に無審査はありえないもの

どうしてもお金に困ってしまった時に無審査で即日融資をしてくれる業者を探したいと思うものですが、基本的に審査をせずにお金を貸す業者はかなり怪しいと思っておきましょう。
>>消費者金融のライフティは闇金融ではなく安心出来る貸金業者
 
金融のノウハウとしてお金を貸している業者は慈善事業をしているわけではありません。しっかりと利息を取って会社を経営しているわけであり、この経営という点を少し考えると簡単に無審査がありえないことが分かります。審査をしないということは誰にでもお金を貸すということになります。
 
無審査で即日融資をしてくれる業者を見つけることが出来るなら、それは闇金の可能性が高いと考えるのが常識です。闇金だけは無審査でも違法な手段から利益をしっかりと取ることが出来ますが、一般的にまともな金融会社はそんなことをすると会社の評判が落ちる上に法律を破るなどリスクの高い選択は絶対にしません。
 
要するに審査なしで即日融資を受けることが出来る会社は違法行為を簡単にやってのける事ができる会社と言い切ることが出来ます。普通なら返済出来ない可能性を考えてしっかりと審査を実施しますが、闇金は返済出来ようが出来まいが絶対にお金を回収する術を持っているので注意をしましょう。
 
参考サイト:
闇金業者名一覧リスト
http://yamikinsoudan.info/yamikin/
 

インターネットの信憑性を問う

ネット検索で即日融資を探せば様々な申込先を見つけることが出来ます。
 
こうして即日融資を探していく中でとにかく審査の甘いところを探したい時は無審査という業者を見つけることもあります。基本的にこうした情報を見つけた場合はインターネットの信憑性を問う必要があります。どのようなWEBサイトもアクセスを取るために必死です。審査が甘いという内容を無審査と表現しているWEBサイトもあります。
 
でもこれはやはり過剰な表現であり、利用者にとって有意義な情報とは言えません。また、本当に無審査が行われている闇金の情報を見つけることもあります。審査が甘いところを探す時はインターネットを使うことが便利であり、むしろインターネットから情報を調べなければ審査の甘い会社を見つけることは難しいとも言えます。
 
しかしながら、正しい金融会社の情報や借入に対する基本的な知識を持っていなければ、上記で紹介したような過剰な表現など、インターネットの信憑性が問われる部分で簡単に情報を鵜呑みにしてしまうことがあります。
 
そうなると、即日融資で審査無しで借りることが出来たとしても、その後は最悪な状況が待っていることもあるので注意をしましょう。
 
 

無審査よりも銀行へ申込もう

無審査の即日融資を探すなら、そんなリスクを抱えなくても銀行へ申し込みをすれば簡単に借りれる融資があるので、こちらをまずは試しておきたいものです。
 
簡単に無審査から融資を受けようとする人はまだまだ融資や金融会社について知識が低いです。銀行では収入証明を出さなくても申し込める融資があります。
 
これは審査が非常に緩くなっているので、基本的に収入が無い人でも借りれる(専業主婦以外の無収入は基本ダメ)ことが多いです。ポイントになることは信用が足りているかどうか、そして他社の借金があるかどうかです。こうしたポイントに問題がないなら、年収を問われないことから誰でも合格しやすくなります。
 
しかも、収入証明を出さなくても申し込める銀行の融資は限度額が100万~300万ほどは期待でき、少なくても10万から50万は期待できます。これはもちろん身分証明だけで可能です。さらに金利は消費者金融の相場よりも低いです。
 
これを試さずして審査のない所を探して申し込みを検討するのは時期尚早であり、そのメリットは何なのかも疑問が出てきます。当然ながら、審査のないところで上記の銀行のような内容から融資を受けることはほぼ不可能なので知っておきましょう。

 

タグ : 

カードローンの基礎知識 審査

消費者金融に4社も5社も6社も連続申込をすると申込ブラックになる?


スポンサーリンク

申し込みブラックとはどんなものなのか

キャッシングでブラックと言うと債務不履行に陥ってしまってお金を返せなくなってしまった人の事を思い浮かべる人が多く、そもそも申し込みブラックとはどんなものなのかをよく分からない人もいます。
 
参考記事:
>>キャッシングで借りたお金を延滞するとどうなる?~最悪、債務整理をする結末に
 
そんな人の疑問を解消するために、申し込みブラックとは何なのかを簡単に説明します。
 
消費者金融からお金を借りる際には審査の申込をする必要がありますが、この時に何社もの申込を短期間のうちに行う事を意味します。
 
どうしてそのような事でお金を借りる事ができなくなるのか疑問に思うかもしれないですが、それだけ短期間のうちにお金を借りようとしていると、お金に相当困っていて返せなくなるのではないか、一度に大量にお金を借りて逃げるつもりなのではないか、などといった可能性を消費者金融は考えるのです。
 
お金を貸す以上はきちんと返してもらわなければ消費者金融としても困る訳であり、出来る限りは返済に不安がある人には貸し出したくないのです。
 
そのために、審査に通過できるか分からないという不安で複数の消費者金融に申込む人がいますが、そのような事をすると却って審査を通る可能性が低くなってしまうので、不安であったとしても一度に何社にも申し込むのは止めておくべきです。
 
 

申し込みブラックかどうかはどうやって分かるのか

消費者金融が自分の所に申し込んできた人の情報を持っているのは分かりますが、申し込みブラックの場合は他社に関する情報なのに、そんな情報を消費者金融は手に入れる事が出来るのか疑問に感じる人もいます。
 
どうしてそのような情報を知る事が出来るのかというと、それは信用情報機関という存在があるおかげです。
 
信用情報機関はJICCCICKSCの三つがあり、クレジットカード会社や銀行、消費者金融によって参加している機関は分かれる傾向がありますが、必ずしも一つの機関だけに入っているわけでは無く、複数の機関に入っている場合もあり、さらには異なる信用情報機関同士でも情報のやり取りが行われています。
 
そこに借り入れ状況(他社借入件数や借入総額)や事故履歴だけではなく、申込履歴も記録されているために、他社への申し込みの状況についても分かってしまうのです。
 
申込履歴は一度記録されたらずっと残っているわけでは無く、6ヶ月の間保存されています。つまり、万が一申し込みブラックになってしまった場合でも、半年経てば履歴から抹消されるので、再び審査の対象となる可能性が出てきます。ただ、そのような事が無いように何社も同時に申し込みをするのは避けておくのが一番です。
 
 

申し込みブラックにならないためにはどうすれば良いのか

短期間のうちに何社にも申し込む事でなるのだったら、短期間のうちに何社にも申し込みをしなければ良いというだけです。
 
そういうものがあるという事を知っていればわざわざ対策を述べるまでも無い事ですが、急いでお金を借りたい場合には心に余裕が無くて、存在を忘れて複数の業者に短期間に申込んでしまう可能性はあります。そういう事が無いように、急いでお金を借りる必要がある時こそ冷静に判断する事が大切です。
 
また、申し込みブラックはどの程度の頻度で何社に申込をすればなるという具体的な数字というものはなく、判断はあくまでもそれぞれの消費者金融次第となっています。一社に申し込んでダメだったから、別の業者に申し込んだら直ぐにアウトという訳では無いです。
 
何度も断られればそれが原因で問題があるのではないかと疑われる可能性が高まりますが、一社申し込みをしたら次に申し込みが出来るのは信用情報機関の履歴が消える半年後でなければならないという訳では無いです。
 
何社かに断られるのにはそれなりの理由がある可能性が高く、その心当たりを解消するか、もっと審査の甘い業者に申し込んだ方が良いです。

審査が柔軟と言われる消費者金融

・フクホー
・スカイオフィス
・アスカ
・アロー
・セントラル
・ライフティ
・アルコシステム
・フタバ
・ニチデン
・キャレント

 

コラム カードローンの基礎知識 審査

銀行傘下のカードローンは審査はゆるい?お金を借りるなら消費者金融?


スポンサーリンク

銀行系と信販系のサービスの違い

審査がゆるい銀行系のカードローンと他の業者のサービスの違いをきちんと理解しておくことで、銀行系カードローンのサービスが非常に魅力的だと言うことがわかります。
 
消費者金融が提供しているカードローンのサービスは大きく分類する二つの業者が主流となってサービスを提供しています。それぞれ、信販系の業者と銀行系の業者です。
 
銀行系に関しては文字通り銀行グループの子会社としてサービスを提供しているので非常にサービス内容が良いと言うメリットがあります。例えば、信販系の会社では融資に対して金利が高くなりがちになってしまいますが、銀行の場合にはそのようなことはありません。
 
むしろ、期間限定で無利息で融資を提供している業者もあるくらいなので初めてローンを利用する人であっても使いやすいのです。
(⇒低金利の消費者金融の審査はどうか
 
また、銀行の後ろ盾を得ることによって資金力が豊富な業者がサービスを進めているというメリットがあります。信販系と異なって大きな会社としてサービスを提供しているので、銀行グループの傘下として経営を行っている消費者金融は大半が上場企業として非常に信頼性の高い企業となっているのです。そのため、何の不安もなくローンの申請をする事が出来ます。
 
 

なぜ銀行系のカードローンの審査はゆるいのか

なぜ銀行グループの傘下に入っている消費者金融の審査はゆるいのでしょうか。これは銀行とその子会社である消費者金融が提供しているサービスに対する法律が関連しています。
 
銀行と言うのは、消費者に対して様々なサービスを提供する金融機関であるため一つのサービスで消費者を満足させなくてはいけないわけではありません。
 
例えば、サービスの中には口座の開設があったり金利を利用した資産運用なども用意されています。こうした広範な業務によって消費者を満足させることが出来るため、それ専用の法律が作られているのです。銀行のこのような包括的な業務を認めた法律のことを銀行法と言います。
 
反対に、消費者金融というのは消費者に対してお金を貸すことでしか自身の収益を得る手段しかありません。融資の元金に対して金利を設定し、そこから必要な利息という利益を得ることになるのです。このように、消費者に対する融資に特化した法律のことを貸金業法と言います。
 
ポイントは、貸金業法に依存するサービスは融資の条件が非常にゆるくなることなのです。消費者金融の条件がゆるいのはこうした法律がそれを認めているためであり、だからこそ銀行とは異なったサービスを提供できるのです
 
 

銀行系のカードローンの審査はアルバイトでも通る

銀行傘下にある消費者金融は、貸金業法という法律によって融資の条件をゆるくすることを認められた業者です。実際に、条件をゆるくしても貸金業法の規定の中には融資の枠に関する総量規制という規制が存在するので、消費者と消費者金融が金銭トラブルになるリスクが非常に小さくなっています。
 
本来ならば、融資に関するトラブルを避けるために対策をするのは金融機関の仕事です。実際に、銀行などでは消費者に対してローンを提供するときには厳格な条件を求めますし、それによって保証人などの担保を用意しなくてはいけません。
 
しかし、消費者金融の場合には融資の枠に関する規制があるため必要以上に多くの融資をすることは現実的に厳しくなっており、消費者の負担が大きくなりすぎることもありません。つまり、消費者金融の方から条件を厳しくしてお金を貸す必要性がないのです。
 
実際に、消費者金融の融資というのは無担保型の融資が基本でこれは銀行グループの消費者金融でも例外ではありません。カードローンを利用する際にも担保を用意する必要が無いため、消費者はほとんどリスクを感じることなくお金を借りることが出来ます。
 
このように、銀行グループの消費者金融のサービスは安心なのです。

 

タグ :

カードローンの基礎知識 審査

低金利のオリックス銀行カードローンでお金を借りる審査


スポンサーリンク

電話確認と申し込み

オリックス銀行カードローンでは、様々な電話確認と申し込みを行っております。今回は、この電話確認と申し込みを紹介していきましょう。
 
まず、オリックス銀行カードローンの申し込みに関して、多くの商品は、最初はインターネットからの申し込みが必要不可欠となっています。資料の取り寄せ・請求・質問のお問い合わせをしたい場合は、電話から連絡していただく事も勿論可能です。
 
ですが、最初のオリックス銀行カードローンの申し込みにつきましては、電話申し込みからではできませんので、必ずインターネットから手続きをお願い致します。
 
次に、振り込み融資の電話確認についてです。振り込み融資は、お客様の専用サイトのメンバーズナビからの申し込み手続き以外でも、電話からの申し込みを行う事が可能です。まず事前に、登録口座及び振り込み専用口座の登録が不可欠になります。電話申し込みができる事を覚えておけば、オリックス銀行から融資を受ける上での手助けとなっていくでしょう。
 
また、オリックス銀行の口座を定期預金口座の開設目的で開設した場合の電話確認についてです。基本的にオリックス銀行の口座を開設しただけで勤務先への在籍確認は、原則として皆無です。但し、オリックス銀行からではなく、クレジットカード会社からの在籍確認の電話確認はあります。
 
その他に、もしオリックス銀行のローンカードを紛失した場合は、カードのご利用停止手続きの為、オリックス銀行の専用ダイヤルへの連絡後、見つかった場合は警察署から電話確認があります。
 
 

お金を借りる人

オリックス銀行カードローンは、他のカードローンの中でも、限度額はおそらく最高でしょう。オリックス銀行は、クオリティの高いカードローンという印象が強い為、申し込む時に戸惑うという人も、結構いらっしゃる事も事実です。
 
そこでオリックス銀行カードローンの利用人口を調べてみると、90パーセントが男性で、残りの10パーセントが女性という結果が出ました。年代層では、40代が最多で、45歳から49歳までのご利用が大半です。続いてご利用が多いのが、同じ40代の40歳から44歳が多い、という結果です。
 
その他のオリックス銀行カードローンの利用人口は、30代と50代となります。同じ30代や50代の中でも、1番多いご利用が多いのは、ご家庭を持たれている方となります。その次に、単身赴任等の既婚者、という結果です。その他にも、独身者で1人暮らしをされている方のご利用が、続いて多い、という結果です。
 
年収ごとのオリックス銀行カードローンの利用者の傾向は、1番最多なのが年収400万円満の方です。次いで、年収500万円未満の方となります。続いて、600万円未満の方、という結果です。
 
そこで、オリックス銀行カードローンの目的別に調べてみました。1番多いのが、借り換え目的の方です。次いで、教育費や教育資金のローン目的の方です。続いて、商品や旅行のローン目的の方、という結果です。
(⇒大学に進学するため教育ローンでお金を借入した
 
消費者金融系は、今やクリーンな印象になった為、中でも信販系から脱出したオリックス銀行カードローンである事が、人気の理由です。
 
 

オリックス銀行カードローンは低金利で

返済の場合を考えたら、オリックス銀行カードローンは業界最低水準なので、おすすめですよ。
 
さて、オリックス銀行カードローンの業界最低水準がどれ位なのかといいますと、年利3.0パーセント~17.8パーセントの金利となっています。また、限度額は最高で800万円という条件もオリックス銀行カードローンに惹かれる理由の1つです。更に、オリックス銀行カードローンなら、希望する金額が100万円未満の場合なら、所得証明もいりません
 
例えば、オリックス銀行カードローンに借り換えていけば、低金利の上に利息負担の軽減が期待できるのです。この為、毎月のオリックス銀行カードローンの返済も、随分と負担が減ってくる、という訳です。勿論、オリックス銀行そのものが他社からの借り換えも認めていますので、他社に借り入れをお持ちになっている方でも、借り換えが目的の申し込みができる、という訳なのです。
(⇒おまとめローンと借り換えキャッシングの違い~金利は下がるし、返済は楽になる
 
オリックス銀行カードローンは借り換えとおまとめが、大変お得になっていますので、一般のフリーのキャッシング以外でも様々な使い方が期待されますので、高限度額や低金利がオリックス銀行カードローンの魅力の1つとなっているのです。
 
仮に低金利ではなくてお悩み、という方は、他社からの借り入れをオリックス銀行カードローンへと、1度乗り換えてみる事をおすすめします。それまで悩んでいた金利が、驚く程の金利の低下や利息の軽減が見込めるでしょう。

 

カードローン業者一覧 オリックス カードローンの基礎知識 審査 カードローンの基礎知識 融資

オリックス銀行カードローン審査の流れ~最短即日融資も可能


スポンサーリンク

カードローンの申し込み

貴方は、オリックス銀行カードローンの申し込みを行った事はありますか。もし、オリックス銀行カードローンの申し込みを行う時は、以下の手順を参考にしてみてください。
 
まず、オリックス銀行カードローンの申し込みにあたっては、以下の条件に該当する事とします。
 
1つ目は、申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満である方です。2つ目は、個人事業主及び自営業の方は申告所得金額・企業に勤めている方は昨年度の給与の収入が200万円を超えている方です。3つ目は、国内に居住している方です。4つ目は、オリックス銀行の保証会社の保証を受ける事が可能な方です。
 
オリックス銀行カードローンは、ネット上からでも申し込みが可能です。借入金の用途に制限はありませんが、事業主資金へのご利用は禁止させていただいております。
 
オリックス銀行カードローンの申し込み時に必要な書類は、次の通りです。
 
1つ目の本人特定事項確認書類については、運転免許証及び運転経歴証明書です。2つ目の各種健康保険証3つ目は、在留カード及び特別永住者証明書です。4つ目は、原本の住民所の写しです。
 
これらの共通点は、いずれも本人の氏名・住所・生年月日の確認が可能な資料または原本のいずれか1通です。所得証明書類は、源泉徴収票・住民税決定通知書及び課税証明書・納税証明書・確定申告書となります。なお、オリックス銀行カードローンの申し込み時に提出して戴いた書類は、返却致しません。
 
 

借り入れまでの流れ

ここでは、あまり知る機会のないオリックス銀行カードローンが使えるようになるまでの流れを、詳しく迫っていく事にしていきましょう。
 
まず、インターネットからオリックス銀行カードローンの借り入れを申し込む時は、インターネットからは24時間受け付けております。インターネットから借り入れを申し込む時は、オリックス銀行の申し込みフォームに詳細を入力し、入力した申し込みフォームを送信します。
 
次に、登録メールアドレスに、Eメールアドレス確認用URLを送信後、Eメールがお客様の手元に届いた後、Eメールアドレス確認用URLをクリックして受信を確かめてください。その後、ローン審査が始まります。Eメールで審査結果が報告された後は、申し込み者の希望連絡先へ本人確認及び、勤め先へ在籍確認の連絡が入りますので、ご了承ください。
 
その後、ローンカードを発行し、自宅へと発送します。ここで気をつけて戴きたいのは、発送先を勤務先にした場合でも、自宅へ発送されるという事です。
 
ここまで完了後、登録されているPCメールアドレスへと、必要書類アップロードURLを送信し、届いたEメールの必要書類アップロードURLをクリック後、必要書類のアップロードをしていただきます。最終審査及び必要書類のチェック終了後、オリックス銀行のローンカードが自宅に届きましたら、改めてオリックス銀行カードローンの借り入れを使う事ができます。
 
 

ローンカードができるまで

ここでは、オリックス銀行カードローンができるまでのわからない事や詳細について、色々と述べていく事にしていきましょう。
 
1つ目は、保証人や担保はいるのかといいますと、基本的には必要ありません。しかし、オリックス銀行指定のオリックスクレジット保証会社の保証のご利用となります。それに、気になる保証料の方は、一切無料となります。
 
申し込む時は、インターネットや郵送で手続きが可能なので、わざわざお越し戴かなくともスムーズに申し込みが可能です。審査結果は、オリックス銀行から電話かメールで報告されますので、3日程お待ちください。郵便物の指定は、自宅か勤務先を選ぶ事が可能です。しかし、勤務先に発送先を選択された場合でも、ローンカードは自宅へと発送させていただく事をご了承ください。
 
発送されてくる郵便物の中身ですが、カードローンの契約時点では、契約通知・ローンカード・ご利用ガイド・インターネットのログインID及び仮パスワード、となります。カードローンの契約の途中では、キャンペーンのご案内・契約に関わる重要事項の通知をさせていただきます。また、オリックス銀行カードローンを申し込む時に、わざわざ新しく口座を作る必要は皆無です。
 
申し込みが承認されると、申し込み者の勤務先に在籍確認の連絡が入ります。オリックス銀行のローンカードは、全ての手続きが完了後に自宅に届きます。
 
 

借り入れについて

ここでは、オリックス銀行カードローンの借り入れについて、探っていきましょう。
 
オリックス銀行カードローンの借り入れの方法には、2つの方法があります。1つ目の方法は、お客様へのご指定の口座へのオリックス銀行からの振り込みによる借り入れの方法です。2つ目は、提携している金融機関のATMからの借り入れの方法です。お好きな方を、お選びください。
 
お作りいただいたローンカードは、全国で提携しているATMで使用可能となります。ATMから出金できる単位と金額は、全国で提携しているATMから、1000円以上及び1000円単位以上から出金可能となります。また、ATMから出金する場合は、手数料は一切無料です。
 
オリックス銀行カードローンの登録口座とは、申し込み時にお客様から登録していただいた口座の事です。オリックス銀行から融資金を振り込みする講座及び毎月の返済金の返済口座を指しています。
 
振り込み専用口座とは、融資金の受取専門の口座を指しています。この振り込み専用口座からの口座引き落としはできませんが、この他に登録口座と一緒に登録していただきますと、振り込み融資の申し込みの時に、受取先を振り込み専用口座と登録口座から選択する事ができます。なお、振り込み融資後のキャンセルは受け付けておりません。
 
この振り込み融資を、当日お金を受け取る時は、ジャパンネット銀行の場合は、常時23時50分までの受け付け分は、即受け取り可能となります。
 
ジャパンネット銀行:Japan Net Bank
http://www.japannetbank.co.jp/
 
 

お金の返済について

さてここでは、オリックス銀行のカードローンの返済について、詳しく調べていってみる事にしていきましょう。
 
まずは、オリックス銀行カードローンの返済方法についてです。オリックス銀行では、次の3つの返済方法を用意しています。
 
1つ目の返済方法は、お客様指定の口座から口座引き落としによって返済していく方法です。2つ目の返済方法は、オリックス銀行の提携金融機関のATMからの入金によって返済していく方法です。3つ目の返済方法は、オリックス銀行指定の口座への振り込みによって返済していく方法です。なお、海外からの振り込みの際は、インターネットバンクをお使いください。
 
次に、オリックス銀行カードローンの返済期日についてです。オリックス銀行カードローンの返済期日につきましては、毎月10日あるいは月末日のどれかを、申し込む時に選んで決めていただく事ができますので、お客様のご都合のいい返済期日をご検討の上、お選びください。
 
返済の口座引き落としができない銀行をあげていきましょう。ゆうちょ銀行・シティバンク銀行を含む、外資系の銀行・商工中金・農林中央金庫・楽天銀行及びセブン銀行及びイオン銀行等のネット系の銀行、となります。
 
ATMから返済する場合は、提携ATMからオリックス銀行のローンカードを使用して返済する時は、一切手数料は無料となります。その他にも、色々なオリックス銀行カードローンの返済がありますので、機会がありましたら、またあげていきましょう。
 
 

各種変更について

オリックス銀行のローンカードを使っていると、色々なオリックス銀行カードローンの変更が必要になってくるでしょう。そこで、色々な変更に応じた変更の種類をあげていきましょう。
 
もし住所が変更になった場合は、お客様専用のサイトのメンバーズナビから住所変更も申し込みを行い、後に変更届を発送しますので、確認書類にご記入捺印の上、返送願います。電話番号が変更になった場合も、同様です。お名前が変更になった場合は、カードデスクまでお問い合わせしてください。ここでは、ローンカードの再発行・登録口座の名義変更に必要な書類を、お客様のもとへと発送致します。
 
もしお支払方法を変更したい場合は、お客様専用のサイトのメンバーズナビから変更の「申し込みが行えます。例えば、ATM返済から指定の口座引き落としに変更したい時は、お客様専用のサイトのメンバーズナビから手続き後、預金口座振替依頼書を当社から発送しますので、必要事項を記入捺印の上、返送願います。但し、携帯電話やスマートフォンからログインした場合は、変更手続きは不可能ですので、ご注意ください。
 
もし返済日を変更したい場合は、お客様専用のサイトのメンバーズナビから変更できます。ローンカードの暗証番号を変更したい場合は、再発行の手続きが必須となりますので、カードデスクまでお問い合わせしていただければ、変更依頼書を発送しますので、記入捺印の上、返送願います。

 

タグ :

カードローン業者一覧 オリックス カードローンの基礎知識 審査

信用金庫カードローンとその審査基準について~専業主婦(主夫)や自営業者も借入可能


スポンサーリンク

カードローンの審査レベルは

お金を借りる方法にはキャッシングや様々なローンがありますが、その中の1つに信用金庫のカードローンがあります。カードローンは銀行や消費者金融でも取り扱っており、その多くは使用目的の定めがなく利便性の高い商品(フリーローン)となっています。
 
信用金庫が提供するカードローンにはそれぞれに特徴がありますが、大きなものとしては信用金庫に出資をして会員になることによって利用することがあります。それは、信用金庫が出資者による会員によって運営されていることが理由となっており、また、そこには、営業区域内などの地域的な条件が加えられることもあります。
 
信用金庫のカードローンを利用するには定められた条件をクリアする必要がありますが、ここでの難易度としては大手銀行のと消費者金融との中間程度となります。概ね、地方銀行と同程度となっており、その理由としては地域密着型の営業形態が大きく影響をしてます。
 
当然、提示される金利は消費者金融よりは低くなり、その分厳格な審査が行われることになりますが、地域密着型のために利用者の仕事などに関しての状況なども把握しやすく、そのために可否の判断もできるだけ利用者の希望に沿うように行われることもあります。
 
 

カードローンの審査基準について

カードローンでお金を借りる場合には申込をし、定められた条件をクリアする必要がありますが、信用金庫では基準となる内容として大きく4つを掲げています。
 
まず、1つ目には、安定継続した収入が見込めることがあります。この場合、パートやアルバイトでも問題はなく、勤続年数などの就業状態も判断材料となります。
 
次に、年齢があります。条件としては満20歳以上65歳未満となっており、なお且つ公的健康保険への加入が必要となります。
 
3つ目としてはしんきん保証基金の保証が得られることがあり、そして、信用金庫の借入可能地域に居住していることが求められます。考慮が必要となるものとしては借入保証に関しての内容があります。信用金庫でお金を借りる場合には、多くは借入保証の可否が融資判断となりますが、この場合には個人情報の入手に全国銀行個人信用情報センターが利用されることになります。
 
ここでは、消費者金融のキャッシング審査と同様に他社からの借入状況や事故歴といった内容に関して調査が行われ可否の判断に利用されます。注意が必要となるものに審査に落ちてしまうことがあり、この場合には信用情報に審査に落ちた経歴が残ってしまうために注意が必要となります。
 
 

カードローンの審査を通過するには

信用金庫は地域密着型の営業形態のために日常的にも取引を行なう場合が多くあります。
 
そのためにカードローンを作る場合にはその条件として、信用に関する内容が重要な位置を占めます。基本的なものとしては、口座の開設や少額からでも預金をしておくこと、また、小額のローン等で返済実績を重ねることなどがあり、これらの内容は借入を申し込む場合の大事な基準ともなります。
 
特に口座の開設に関しては、運営形態が出資者によって行われているために口座を開設することは出資者になることを意味しており、カードローンの申込だけでなく他の融資についても大きく関係する項目となります。
 
申込をする場合には書類の準備もしっかりと行う必要があります。申込書などの必要書類や運転免許証などの身分証明書、源泉徴収票などの収入証明書類は忘れないで準備をしておく必要があり、対応が可能となる地区店に関しても確認をしておくことが必要です。
 
また、現状における借入状況は可否に関しての基準となるために、事前に個人信用情報機関から情報を入手して確認をすることも大切なことになります。そして、そこでの借入などに関する内容が芳しくない場合には、申込をする前に対処しておくことが必要です。

信用金庫カードローン

西武信用金庫 きゃっする500
東京三協信用金庫 さんきょう きゃっするカードローン
朝日信用金庫 朝日プラチナカードローン≪マイ・サポート≫
・水島信用金庫 カードローン しんきんきゃっする500
・備前信用金庫
・玉島信用金庫 たましんカードローン
・東京東信用金庫 ひがしんカードローン
・東京ベイ信用金庫 TOKYO BAY SHINKIN
・上越信用金庫 しんきんカードローン
・小松川信用金庫 こましんのカードローン

 

タグ :

カードローンの基礎知識 審査 カードローンの基礎知識 融資

今やキャリアアップは必須。OLのキャッシング借入術とは?


スポンサーリンク

OLでも借り入れできるのか

お金を借りるためには信用力が必要であり、とりわけてOLなど女性に対しては審査が厳しい傾向にあるものです。この理由としては、女性の場合には雇用の立場が男性に比べて弱く、また給与水準でも区別されており低めであるためです。このためキャリアアップし相応の立場にならなければ審査に通りにくいデメリットがあります。
 

20代・30代にやっておいて良かったこと
~女性管理職たちが赤裸々に語る、20代・30代にやっておいて良かったこと
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/souken/20111216/116570/

 
そのため一昔前であれば銀行などの金融機関が提供しているローンサービスは安定した雇用にあるOLであっても審査は厳しく、その利用が難しい傾向にありました。現在では以前ほどその審査のハードルは厳しくありませんが、それでも男性に比べて融資判断の審査に関しては厳しい傾向にあります。
 
このため用途自由なキャッシングを利用する場合には、レディースローンなどをを利用するのが一般的です。レディースローンの特徴としては、融資限度枠が低めに設定されているものの、金利も通常のキャッシングに比べて少し低めに設定されているというものがあります。金利が低い理由としては、女性向けに特化しているためで、全体的な統計から女性の方が男性よりも滞納する割合が少ないことが影響しています。
 
またレディースローンの場合には対応するスタッフも女性であり女性が比較的安心して利用することができるメリットがあります。
 
 

キャッシングの注意点

一方でキャッシングは便利な反面で注意しなければいけないポイントが多くあります。ひとつは、借入金であるため必ず返済ができることが重要です。この際に借入れした元本のほかに金利やそのほかの手数料を支払うケースがあります。
 
金利に関しては借りたお金に対して年利という形で加算され、借りた日数が長ければながいほど多く負担することになります。短期で返済すればそれほど負担は大きくありませんが、長期間になればなるほど負担が大きくなり返済が困難になるケースがあります。
 
またキャッシングを利用する際には出来る限り1社のみで利用する必要があります。複数の会社から同時にお金を借りた場合には、返済日が月に複数設定されまることになり返済の管理が難しくなります。特にOLなど働いている場合には収入は月に1度であり、その1度の収入でキャッシングで借りたお金の返済を行う必要があります。
 
このため、複数の返済日が設定されることで返済ができなくなるリスクがあり、また複数の借入れ可能な業者があるとそこから借入れを行い返済にあてるといった悪循環に陥る可能性があります。いずれにしても計画立て、収入の範囲内でキャッシングを利用する必要があります。
 
 

キャリアアップに使えるのは

OLのキャリアアップとして使えるキャッシングとしては、銀行などの金融機関のカードローンがあります。消費者金融にしても銀行にしても利用し月々の返済を的確に行うことでその信用力を積み重ねることになり、融資枠の上限を上げたり金利を下げるといったことが可能になります。
 
消費者金融でも最低金利の低い業者であれば、目的ローンを利用するよりも低い金利でお金を借りることが可能になり、ちょっとの買い物から大きな買い物まで幅広く利用することができます。
 
しかし、キャリアアップとして有益なものとしては、消費者金融よりも銀行といえます。貸金業者でも目的ローンを取り扱っているところもありますが、金融機関である銀行の方が、あらゆるローン商品を取り扱っており、その銀行での信用力を高めることでそれらのローン商品の審査が通りやすくなるメリットがあるからです。
 
特に人生最大の買い物である住宅を購入する際に利用できる住宅ローンの審査に通りやすく立場になると購入などの手続きをスムーズに行うことができます。また銀行でのキャリアアップに成功することで、ほかの銀行や消費者金融での利用審査が通りやすくなるメリットがあります。

 

タグ :

カードローンの基礎知識 審査 カードローンの基礎知識 返済

お金を借りる時は不安。どんな事に注意すれば借入はスムーズに運ぶのか


スポンサーリンク

お金を借りるときは誰でも不安がある

お金を借りるためには審査があり、100%借りられる方などいません。当然、審査で落とされることもあり、審査の申し込みをするときは誰でも不安があります。特に注意点として挙げられるのは、収入が安定していない方、過去に延滞をした方です。
 
カードローンなどの多目的ローンを利用するためには、年収で200万円あれば問題ないとされます。年収200万円未満になると融資してくれない金融機関も増えてきますが、年収100万円でローンの審査に通過した方もいます。ローンの利用条件には具体的な年収基準は記載されていないことが多いので、この点は金融機関に確認してみるのがいいでしょう。最初に自分の年収を正直に話して、融資を受けられる可能性があるか確認してください。
 
過去の延滞に関しては、金融機関がどう判断するかが重要です。債務整理をしてブラックリストに登録されている間は、どんなに少額の融資でも断られます。5年間はリストに登録されるので、ローン整理から5年間は申し込むのを避けるべきです。金融機関のWebサイトの簡易診断を受けてから、審査に申し込むのも一つの方法です。1分程度で終わる簡単な診断ですが、ここでの結果は信ぴょう性が高いものです。
 
 

年収と勤続年数に不安がある場合

原則としてお金を借りるためには、安定した年収が必要です。毎月決まった月収を得ていることが安定収入の条件であり、ギャンブルの儲けは収入に含まれません。あくまで給与収入、年金収入などが対象となります。
 
消費者金融などのノンバンクで借りる場合は、総量規制の対象となります。年収の3分の1が借入できる上限額であり、昔と同じ感覚で希望額を設定すると借りるのが難しくなります。昔の消費者金融といえば、年収200万円の方が100万円の融資を受けることが普通に可能でした。現在は100万円の融資を受けるためには、最低300万円の年収が必要とされます。
 
勤続年数に関する不安がある方は、事前に金融機関に問い合わせて確認するのが一番です。一般的に勤続年数が2年以上あれば融資してくれることが多いです。2年未満だと不利になりますが、融資してくれるローンも存在します。
 
借入先は消費者金融だけにこだわらず、銀行、信用金庫なども検討してみましょう。
 
年収、勤続年数など、不安なポイントがあるなら事前に確認してみることが大切です。審査を受ける段階で落とされるよりも、借りられないなら事前にわかったほうがいいはずです。確認する際の注意点は、嘘の申告をしないことです。
 
 

他社からの借入状況に関する注意点

お金を借りるとき、他社からの借入件数が多いと不利になります。借入件数0件がベストであり、1件、2件、3件と増えるほどお金を借りるのは難しくなります。総借入額が少なければ件数が多くても問題ないと思えるかもしれませんが、現在において件数が多ければ将来的に借入額が増えてしまう可能性があります。
 
例えば、現在において3件の業者から、それぞれ30万円、20万円、10万円の借入をしているとします。この時点では総借入額が60万円ですが、各社が利用枠増額に応じてくれた場合は100万円以上まで増える可能性もあります。
 
借りたお金が高額になるほど返済は厳しくなります。家計への影響度が大きくなってくるので、急な出費が続くと返済金を用意できない可能性も生じてきます。借入件数、借入額は少ないほどいいのです。もし借入件数5件、総借入額150万円といった状況なら、おまとめローンで一本化することも考えましょう。
 
借入件数が1件まで減れば、新しくローンを組むときに楽になります。簡易診断コーナーを試すときも、必ず借入件数・金額の欄があります。それほど、他社からの借入状況は審査に影響するわけです。新たな業者からお金を借りたい場合、借入件数は1~2件まで減らしておくのがいいです。

 

タグ : 

カードローンの基礎知識 審査