借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

市民税の滞納は差し押さえのリスクあり。差押の流れや回避の方法とは?


スポンサーリンク

市民税の滞納で差し押さえが発生する条件

市民税は日本国内に居住している人であれば、特殊な事情を抱えていない限りほぼ間違いなく納付する税金となっています。勤め人の場合は給与から天引きされているために特段注意する必要は無いのですが、失業や自営業など、一部条件を満たしてしまう場合には自分で納付する必要があります。
 
しかしながらこの市民税の負担はほとんどの場合、気軽に支払いたいというような金額ではありません。
 
その負担が重いということで滞納をしてしまう人も少なくは無いのですが、しかしこの市民税の滞納は非常に問題になりやすいと言えます。
というのも、市民税の滞納は差し押さえに発展するケースがあるからです。
 
どれくらいの滞納をしたら差し押さえが発生するかですが、これは最短の場合、指定された納付日から一ヶ月と10日後です。
 
各市町村が督促状を発行するのは納付日から一カ月後がボーダーラインになっており、それが自宅に到着してから10日が経過したのであれば、市町村はそれぞれの判断で強制執行に踏み切ることが出来てしまうのです。状況によって条件は変わってきますが、滞納が問題になってくる最短のケースは1カ月と10日、日数にしておよそ40日程度として覚えておきましょう。
 
 

実際に差し押さえが行われるまでの動き

現在、借金などを理由として差し押さえが行われるというような場合にはある程度の段階を踏んで行われることになります。
 
消費者金融などの場合にはまず督促状を送った後に最終催告を送り、それでも対応が無い場合は裁判所に対して申し立てをして、その申し立てが認められたのであれば自宅に通知書が届き、後はもう奪われるだけということになります。ですがこれはあくまでも、消費者金融のケースです。
 
市民税の滞納が原因になってしまっている場合、市町村は通常の法令ではなく「国税徴収法」という法令に基づいて行動を起こします。
この国税徴収法の第五章第一節の文書には先ほど述べた「督促から10日を超えた」という条件のもとに、即時差し押さえを行えるというようなことを認めているのです。
 
そのため対応が遅れてしまっていれば、いつでも徴収職員が行動を起こす可能性はあるということになります。
 
市民税は国民が義務として納めなくてはならない税金ですから、すでに納付した人と未納者の間に差が出てしまわないようにこうした法律が整備されています。「多少放置しても大丈夫だろう」という考えは非常に危険ですから、速やかに行動するように心がけましょう。
 
 

滞納をしてしまった時の対処方法

とはいっても、状況によってはやむを得ず支払うことができないというようなケースもあり得ます。
 
ではそうした状況ではどうすれば良いのかというと、まず行うべきとなるのが各市町村の納税窓口に対して申し出をすることです。ほとんどの市町村は慢性的な財政難に陥っているとはいえ、強制執行にはそれなりの経費がかかるものです。
 
支払う意思が無い人に対してはそうした手段を取らざるを得ない、無理やり支払ってもらわなくてはならないという判断を下すとはいえ、支払う意思があるのに支払うことができないというような人に対してはある程度納付を待ってくれるようになっているのです。
 
また事情によって、例えば失業などで納めることが出来なくなっているというようであれば特例制度を利用して納付額を減免してもらうこともできます。
 
完全なゼロになるというケースはごく一部ですが、4分の1でも軽減されたのであれば納付は楽になるでしょう。相談をすることで何かのペナルティがあるということはありませんから、もし納付がどうしても遅れてしまうというようであればなるべく早い段階で相談を行い、どう対処すれば良いのかということを提案してもらうようにしましょう。

 

カードローンの基礎知識 税金