借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

年金担保貸付でお金を借りる方法~消費者金融や銀行の民間では年金を「担保」にお金を借りれません


スポンサーリンク

年金担保貸付制度の特徴と魅力

年金生活者はお金を借りるのが非常に難しいです。借金をしたくても収入が少なく返済能力はありませんので、キャシングやカードローンは利用しやすいと言っても、年金で生活をしている人なら審査に落ちることが多いのです。
 
また、高齢になってくると家族や友人などからも借りにくいのではないでしょうか。このような人であっても、年金担保貸付制度というものがあります。民間の業者の融資を利用するのではなくて、公的な融資ですから、安心して借りることができるでしょう。
>>70歳以上でお金を借りる方法はあるの?
 
ただし、もらえるお金ではなくて、借りるお金ですから、返済をしていかなければなりません。また、利用目的が制限されていて、消費者金融のように何にでも使うことができるというわけではありませんから注意が必要です。
 
 

公的な融資だからこそのメリット

年金を担保として融資を行うことのできる金融機関は、独立行政法人福祉医療機構日本政策金融公庫の二つです。どちらも公的な金融機関です。これ以外で年金を担保とした融資は禁止されています。
 
参考:
独立行政法人福祉医療機構
http://hp.wam.go.jp/
 
日本政策金融公庫
https://www.jfc.go.jp/
 
もしも年金を担保に融資をしてくれるという金貸しがいれば、それは違法業者であるという点に注意しなければなりません。
>>「無審査OK」「即日融資OK」まとも消費者金融でなく、間違いなく闇金だ
 
公的な融資の特徴として挙げられるのが、民間の融資よりも有利な条件で利用できることです。具体的に言うと金利が低いです。消費者金融であれば、10%を超えるほうが普通ですが、公的な融資なら金利が非常に低いですから、支払う利息を小さくできます。
 
年金生活者にとって返済も負担になりますが、それ以上に利息の支払いが負担になることもあります。金利が低いのは非常に魅力的です。
 
 

民間の融資を受けられるケース

年金受給者のために作られた制度が公的な融資ですが、民間の業者から借りることもできます。公的な融資は申し込みの条件や審査が厳しいですし、時間もかかりますから、手っ取り早く借りたいのなら銀行や信用金庫、消費者金融などを利用するのも良い方法です。
>>富山信用金庫のカードローンは全体的に低金利で、年金受給者や専業主婦もお金を借りれる
 
民間の業者は条件をそれぞれで定めていて、年金しか収入のない人は利用できないケースもあります。また、年齢制限もありますから注意が必要です。
 
年金受給者は高齢であることが多いですが、民間の業者の年齢制限は、だいたい60歳から70歳くらいになっています。70歳くらいまでならぎりぎり借りることのできるサービスなら、探せば見つかるでしょう。
 
また、消費者金融よりも銀行や信用金庫の方が借りやすい人もいますから、銀行まで視野を広げて探すと良いでしょう。

 

コラム カードローンの基礎知識 融資

70歳以上でお金を借りる方法~銀行カードローンや消費者金融での借入は諦めること


スポンサーリンク

70歳以上で利用できるキャッシングがある

キャッシングをするとき、どうしてもクリアしなければならないのが年齢条件です。
 
他にも働いていて収入があるということも条件になっていますが、専業主婦や年金受給者でも借りられるケースもありますし、いざとなったらアルバイトでもいいので働いて収入を得ればクリアできる条件です。努力ではどうにもならないのが年齢条件になります。
 
さて、金融機関のカードローンの申し込み条件では、「20歳以上65歳未満」などと年齢制限が設けられています。下限の「20歳以上」というのはどこでも共通していますが、上限については「63歳未満」や「69歳未満」などと金融機関によって差があります。
 
しかし、70歳以上で借りられるカードローンというのはほとんどありません。これは、70歳以上の人は病気で入院をしたりして返済ができなくなる恐れがあるからです。
 
しかし、70歳以上で利用できるキャッシングは少ないですが存在します。その例を1つあげるなら、日本文化センターのプランネルフリーローンがあります。
 
参考URL:
https://www.0120-70-7777.jp/
 
金利は18%、融資額は10万円から最高100万円まで、年齢は20歳から79歳までの方となっています。限度額100万円の時のみ金利は15%となります。
 
 

年金担保融資という制度を利用する

年金を担保にして、年金担保融資という制度を利用するという手もあります。対象となる年金は、国民年金・厚生年金保険・労働者災害補償保険です。共済年金を受給している方は利用できません
 
年金担保融資では最高200万円まで借りることができます。ただし受け取っている年金の年額の0.8倍を超えるお金は借りられません。また、おおむね2年6カ月以内で返済できる金額までしか借りられません。金利は1.8%となっていて、非常に低金利の借金となっています。
 
返済方法は、独立行政法人福祉医療機構が年金支給機構から年金を直接受け取ることによって行われます。自分で設定した返済額を引かれて、残ったお金は独立行政法人福祉医療機構から振り込まれます。
 
(参考)年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業
http://hp.wam.go.jp/guide/nenkin/qanda/tabid/252/default.aspx
 
つまりは、受け取る年金の額が減ることになりますので、生活に支障が出ない程度の返済額を設定しなければなりません。
 
独立行政法人福祉医療機構から借りる場合を除いて、年金を担保にすることは法律で禁止されていますので、悪質な業者には騙されないようにしましょう。独立行政法人福祉医療機構以外から「年金を担保にしてお金を貸しますよ」と言われたら、それは高い確率で違法な業者となります。
>>「無審査OK」「即日融資OK」まとも消費者金融でなく、間違いなく闇金だ
 
 

違法業者の利用には注意しましょう

70歳以上の高齢者は、キャッシングができる金融機関がかなり限られてしまいます。そういった弱みに付け込んで、違法業者が勧誘をしてくることがありますが、絶対に騙されないように注意しましょう。
 
高齢者を狙った詐欺などはテレビでよく流れていますが、そんなのはテレビの中だけの話だと思っていたら、大間違いです。違法業者関連の相談は最近では年間で700件ほど出ています。
 
70歳以上でも100万円貸します」などといったあまりにうますぎる話には、のらないようにしましょう。まともな業者ならお金が回収できないリスクの高い高齢者に安易に大金を貸したりはしません。信用できる業者であるかを十分に確認してから利用するようにしましょう。
 
もしも違法業者を利用してしまったら、速やかに相談するようにしてください。相談先としては、各自治体の消費生活センターを始め、弁護士事務所でも無料で相談を受け付けているところもあります。
 
(参考)ヤミ金融に対する元本相当額を含む弁済金全額の返還が認められた事例
http://www.kokusen.go.jp/hanrei/data/200512.html
 
最後に、高齢者でもお金を借りられる方法を紹介してきましたが、やはり若い頃とは違って、いざとなったら休日もアルバイトをするといった無理はできません。借りる時には、無理のない金額を借りることが大切です。

 

カードローンの基礎知識 融資

低金利のオリックス銀行カードローンでお金を借りる審査


スポンサーリンク

電話確認と申し込み

オリックス銀行カードローンでは、様々な電話確認と申し込みを行っております。今回は、この電話確認と申し込みを紹介していきましょう。
 
まず、オリックス銀行カードローンの申し込みに関して、多くの商品は、最初はインターネットからの申し込みが必要不可欠となっています。資料の取り寄せ・請求・質問のお問い合わせをしたい場合は、電話から連絡していただく事も勿論可能です。
 
ですが、最初のオリックス銀行カードローンの申し込みにつきましては、電話申し込みからではできませんので、必ずインターネットから手続きをお願い致します。
 
次に、振り込み融資の電話確認についてです。振り込み融資は、お客様の専用サイトのメンバーズナビからの申し込み手続き以外でも、電話からの申し込みを行う事が可能です。まず事前に、登録口座及び振り込み専用口座の登録が不可欠になります。電話申し込みができる事を覚えておけば、オリックス銀行から融資を受ける上での手助けとなっていくでしょう。
 
また、オリックス銀行の口座を定期預金口座の開設目的で開設した場合の電話確認についてです。基本的にオリックス銀行の口座を開設しただけで勤務先への在籍確認は、原則として皆無です。但し、オリックス銀行からではなく、クレジットカード会社からの在籍確認の電話確認はあります。
 
その他に、もしオリックス銀行のローンカードを紛失した場合は、カードのご利用停止手続きの為、オリックス銀行の専用ダイヤルへの連絡後、見つかった場合は警察署から電話確認があります。
 
 

お金を借りる人

オリックス銀行カードローンは、他のカードローンの中でも、限度額はおそらく最高でしょう。オリックス銀行は、クオリティの高いカードローンという印象が強い為、申し込む時に戸惑うという人も、結構いらっしゃる事も事実です。
 
そこでオリックス銀行カードローンの利用人口を調べてみると、90パーセントが男性で、残りの10パーセントが女性という結果が出ました。年代層では、40代が最多で、45歳から49歳までのご利用が大半です。続いてご利用が多いのが、同じ40代の40歳から44歳が多い、という結果です。
 
その他のオリックス銀行カードローンの利用人口は、30代と50代となります。同じ30代や50代の中でも、1番多いご利用が多いのは、ご家庭を持たれている方となります。その次に、単身赴任等の既婚者、という結果です。その他にも、独身者で1人暮らしをされている方のご利用が、続いて多い、という結果です。
 
年収ごとのオリックス銀行カードローンの利用者の傾向は、1番最多なのが年収400万円満の方です。次いで、年収500万円未満の方となります。続いて、600万円未満の方、という結果です。
 
そこで、オリックス銀行カードローンの目的別に調べてみました。1番多いのが、借り換え目的の方です。次いで、教育費や教育資金のローン目的の方です。続いて、商品や旅行のローン目的の方、という結果です。
(⇒大学に進学するため教育ローンでお金を借入した
 
消費者金融系は、今やクリーンな印象になった為、中でも信販系から脱出したオリックス銀行カードローンである事が、人気の理由です。
 
 

オリックス銀行カードローンは低金利で

返済の場合を考えたら、オリックス銀行カードローンは業界最低水準なので、おすすめですよ。
 
さて、オリックス銀行カードローンの業界最低水準がどれ位なのかといいますと、年利3.0パーセント~17.8パーセントの金利となっています。また、限度額は最高で800万円という条件もオリックス銀行カードローンに惹かれる理由の1つです。更に、オリックス銀行カードローンなら、希望する金額が100万円未満の場合なら、所得証明もいりません
 
例えば、オリックス銀行カードローンに借り換えていけば、低金利の上に利息負担の軽減が期待できるのです。この為、毎月のオリックス銀行カードローンの返済も、随分と負担が減ってくる、という訳です。勿論、オリックス銀行そのものが他社からの借り換えも認めていますので、他社に借り入れをお持ちになっている方でも、借り換えが目的の申し込みができる、という訳なのです。
(⇒おまとめローンと借り換えキャッシングの違い~金利は下がるし、返済は楽になる
 
オリックス銀行カードローンは借り換えとおまとめが、大変お得になっていますので、一般のフリーのキャッシング以外でも様々な使い方が期待されますので、高限度額や低金利がオリックス銀行カードローンの魅力の1つとなっているのです。
 
仮に低金利ではなくてお悩み、という方は、他社からの借り入れをオリックス銀行カードローンへと、1度乗り換えてみる事をおすすめします。それまで悩んでいた金利が、驚く程の金利の低下や利息の軽減が見込めるでしょう。

 

カードローン業者一覧 オリックス カードローンの基礎知識 審査 カードローンの基礎知識 融資

信用金庫カードローンとその審査基準について~専業主婦(主夫)や自営業者も借入可能


スポンサーリンク

カードローンの審査レベルは

お金を借りる方法にはキャッシングや様々なローンがありますが、その中の1つに信用金庫のカードローンがあります。カードローンは銀行や消費者金融でも取り扱っており、その多くは使用目的の定めがなく利便性の高い商品(フリーローン)となっています。
 
信用金庫が提供するカードローンにはそれぞれに特徴がありますが、大きなものとしては信用金庫に出資をして会員になることによって利用することがあります。それは、信用金庫が出資者による会員によって運営されていることが理由となっており、また、そこには、営業区域内などの地域的な条件が加えられることもあります。
 
信用金庫のカードローンを利用するには定められた条件をクリアする必要がありますが、ここでの難易度としては大手銀行のと消費者金融との中間程度となります。概ね、地方銀行と同程度となっており、その理由としては地域密着型の営業形態が大きく影響をしてます。
 
当然、提示される金利は消費者金融よりは低くなり、その分厳格な審査が行われることになりますが、地域密着型のために利用者の仕事などに関しての状況なども把握しやすく、そのために可否の判断もできるだけ利用者の希望に沿うように行われることもあります。
 
 

カードローンの審査基準について

カードローンでお金を借りる場合には申込をし、定められた条件をクリアする必要がありますが、信用金庫では基準となる内容として大きく4つを掲げています。
 
まず、1つ目には、安定継続した収入が見込めることがあります。この場合、パートやアルバイトでも問題はなく、勤続年数などの就業状態も判断材料となります。
 
次に、年齢があります。条件としては満20歳以上65歳未満となっており、なお且つ公的健康保険への加入が必要となります。
 
3つ目としてはしんきん保証基金の保証が得られることがあり、そして、信用金庫の借入可能地域に居住していることが求められます。考慮が必要となるものとしては借入保証に関しての内容があります。信用金庫でお金を借りる場合には、多くは借入保証の可否が融資判断となりますが、この場合には個人情報の入手に全国銀行個人信用情報センターが利用されることになります。
 
ここでは、消費者金融のキャッシング審査と同様に他社からの借入状況や事故歴といった内容に関して調査が行われ可否の判断に利用されます。注意が必要となるものに審査に落ちてしまうことがあり、この場合には信用情報に審査に落ちた経歴が残ってしまうために注意が必要となります。
 
 

カードローンの審査を通過するには

信用金庫は地域密着型の営業形態のために日常的にも取引を行なう場合が多くあります。
 
そのためにカードローンを作る場合にはその条件として、信用に関する内容が重要な位置を占めます。基本的なものとしては、口座の開設や少額からでも預金をしておくこと、また、小額のローン等で返済実績を重ねることなどがあり、これらの内容は借入を申し込む場合の大事な基準ともなります。
 
特に口座の開設に関しては、運営形態が出資者によって行われているために口座を開設することは出資者になることを意味しており、カードローンの申込だけでなく他の融資についても大きく関係する項目となります。
 
申込をする場合には書類の準備もしっかりと行う必要があります。申込書などの必要書類や運転免許証などの身分証明書、源泉徴収票などの収入証明書類は忘れないで準備をしておく必要があり、対応が可能となる地区店に関しても確認をしておくことが必要です。
 
また、現状における借入状況は可否に関しての基準となるために、事前に個人信用情報機関から情報を入手して確認をすることも大切なことになります。そして、そこでの借入などに関する内容が芳しくない場合には、申込をする前に対処しておくことが必要です。

信用金庫カードローン

西武信用金庫 きゃっする500
東京三協信用金庫 さんきょう きゃっするカードローン
朝日信用金庫 朝日プラチナカードローン≪マイ・サポート≫
・水島信用金庫 カードローン しんきんきゃっする500
・備前信用金庫
・玉島信用金庫 たましんカードローン
・東京東信用金庫 ひがしんカードローン
・東京ベイ信用金庫 TOKYO BAY SHINKIN
・上越信用金庫 しんきんカードローン
・小松川信用金庫 こましんのカードローン

 

タグ :

カードローンの基礎知識 審査 カードローンの基礎知識 融資

消費者金融の利用に銀行員の職業制限があるのか~銀行員がサラ金でお金を借りるのは無理?


スポンサーリンク

消費者金融と銀行の関係

消費者金融業者は以前保険会社との関係を密にしていました。保険会社は加入者から保険料として預かっているお金を運用して増やさねばなりませんが、その有力な出資先として消費者金融を含む貸金業者を選択していました。
 
貸金業者はそれによって資金を得る代わりに、利用者に団信(団体信用生命保険)加入を半強制的に勧めていました。お互いにウィンウィンの関係にあったわけです。これは消費者金融で特に見られた傾向です。
 
しかし借金に団信が付いてくる構図は社会的な批判を浴び、徐々に保険会社はこの関係を希薄にしてゆきました。有力な出資者を失くした貸金業者は、次なる出資者を探していたところに、「銀行でもつぶれる時代」が訪れました。銀行はそれまで消極的であった無担保保証人不要の個人向け融資にも関心を示さざる得ない状況になったわけです。
 
そこに金主を求める貸金業者と、個人向け融資のノウハウを求める銀行との提携の有効性と可能性が生まれました。これによって銀行は貸金業者を保証会社として据えるなどによって個人向け融資のノウハウを得て、貸金業者は潤沢な資金を得ることに成功しました。これが現在の2社の関係性です。銀行との提携を結べることができた大手数社は、今のところ安泰であると言えるでしょう。
 
 

利用の職業制限と銀行員

以前銀行は、消費者金融を含む貸金業者を下に見る傾向にありました。サラ金と呼ばれた時代には、「銀行を利用できないような人がサラ金利用をする」といった認識もあったほどです。確かにそういった属性をターゲットにしていたものであるが故の高利息であったのですが、現在のように関係性が密になれば、そのような認識を捨てざる得ません。歴然としたビジネスパートナーです。
 
法律の中ではいつの時代でも銀行員が他の貸金業者を利用してはならないといったものはありません。もしそうであればクレジットカードすら持てないことになります。同じ貸金業者であるカード会社と消費者金融を分けることはできません。ただし対外的なイメージがあります。
 
サラ金地獄といった言葉も生まれたほど、その手軽さと高利によって利用者が借金問題を抱えるに至るのは少なくありません。そういったイメージが先行する消費者金融の利用を、堅実にお金を扱うべき銀行員については歓迎されるものではないということにはなるでしょう。実際に社内で「消費者金融の利用」について釘をさすような風潮はありました。
 
しかし利用したからといってすぐに処分することはできません。利用も個人の自由です。また銀行員が申し込んだといって制限を加えることはできないわけです。
 
 

銀行員の消費者金融利用のイメージ

利用条件に「銀行員のような他社金融会社に勤めている人は申し込めない」といった職業制限があるわけではありません。同業他社に努めているから申し込めないという類の職業制限も見られません。逆にまじめな銀行員であることで、審査によって有利である傾向はみられます。ですから消費者金融側に職業制限を設けることは難しいと考える方が順当です。
 
ただし人様のお金を預かる銀行としては、別の認識があります。このような貸金業者の利用を健全に行っているうちは良いのですが、それによって家計が破たんするようなこととなれば大問題です。お金を扱うことに適していない人物と判断するに十分な要素です。破産となれば一時期資格制限があり、これが実質職業制限になってしまいます。
 
これに銀行内で行っている仕事も含まれますので、大変不都合です。利用だけで、こういった事態に陥る可能性があると判断されてしまわないとも限らないとは言えるでしょう。提携によってイメージは確実に上がっています。
 
借入は自由、しかし他の職業以上に「債務問題を起こさない」心構えが必要です。これは「どこから借りる」ということが重要ではなく、自己管理をしっかり行い計画性を持って利用することが必要なのです。

 

タグ : 

コラム カードローンの基礎知識 融資