借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

旦那又は奥さんの借りたお金は配偶者に返済義務はある?


スポンサーリンク

基本的には配偶者に返済義務はありません

借金をしたのが妻であれ、夫であれ、借金は借りた本人が返さなければいけないものであり、配偶者に返済義務はありません。
 
ただし、配偶者が保証人や連帯保証人になっている場合には別問題となり、返済義務が発生します。また、配偶者が死亡して借金を相続した場合も、相続した妻や夫に返済義務が発生します。保証人になっている場合や相続をした場合などの例外を除けば、借金は借りた本人が返すのが原則ですが、同居している家族が借金に困っているのを見ると、つい助けてあげたい気持ちになってしまいます。
 
しかし、借金を肩代わりしてしまうと、その人は高確率でまた借金に手をそめてしまいます。本人のためにも、自分の力で返済させるようにし、絶対に返済するのが無理という場合には、自己破産などの債務整理も検討します。債務整理をすると、クレジットカードが作れなるといったデメリットもありますが、今はデビットカードやプリペイドカードといった代替商品もあるのでそれほど不便はしないでしょう。
 
何が原因で借金をしたのがにもよりますが、もしも子供の教育費や家族を養うために負債を作ったのであれば、夫婦で協力して返済していきましょう。
 
 

保証人や連帯保証人には注意

保証人や連帯保証人になっている場合には、返済義務があります。仲が良い家族の場合、保証人になるように頼まれると気前良くOKしてしまうこともよく耳にしますが、いくら仲が良くても保証人になることはお勧めできません。仲が良かった家族が借金問題で泥沼の関係になってしまうことも珍しくありません。
 
保証人の場合は、まずは主債務者に請求し、主債務者が支払えない場合に限り、保証人に請求がいきます。ところが連帯保証人の場合は、債権者は主債務者と連帯保証人どちらに請求をしても違法ではありません。いくら主債務者に経済力があって信用に足る人物であっても、連帯保証人になることには気をつけましょう。
 
返済が困難になると自己破産などを検討することになりますが、自己破産をすると主債務者の債務はゼロになりますが、保証人の債務はそのまま残るということに注意しなければなりません。夫が妻の保証人になっている場合、妻が返済困難になって自己破産をすると、妻の債務はゼロになりますが、保証人である夫の債務は残り続けます。
 
また、離婚をしたとしても、保証人や連帯保証人としての地位は解消されませんので、その時の気分で保証人になることは注意が必要です。
 
 

相続をすれば返済義務が発生します

相続では、死亡した人のすべての権利義務を包括承継しますので、死亡した人に借金がある場合にはその負債も相続します。配偶者が死亡して、財産などのプラスの資産よりも、負債のほうが大きい場合には、相続した人はその負債を死亡した人に代わって返済していかなければなりません。
 
とはいえ、このようなことが無条件で認められてしまうと、残された家族の生活が脅かされる危険があるので、法律で、これを回避する方法も用意されています。それは、相続放棄限定承認という方法です。
 
相続放棄をすると、その名の通り、すべての権利義務を相続しないことになります。財産を相続しないかわりに、負債や保証人としての地位など、マイナスになる権利も相続しないですみます。
 
限定承認をすると、死亡した人の資産から、負債などのマイナスになるものを差し引きして、プラスになる場合にはそれを受け取り、マイナスになる場合には、そのマイナスになる分の負債を放棄するというものです。
 
相続放棄にしても、限定承認にしても、死亡を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に届け出る必要があります。その期間が過ぎてしまうと、自動的に単純承認したものと見なされてしまいます。

 

コラム カードローンの基礎知識 返済

今やキャリアアップは必須。OLのキャッシング借入術とは?


スポンサーリンク

OLでも借り入れできるのか

お金を借りるためには信用力が必要であり、とりわけてOLなど女性に対しては審査が厳しい傾向にあるものです。この理由としては、女性の場合には雇用の立場が男性に比べて弱く、また給与水準でも区別されており低めであるためです。このためキャリアアップし相応の立場にならなければ審査に通りにくいデメリットがあります。
 

20代・30代にやっておいて良かったこと
~女性管理職たちが赤裸々に語る、20代・30代にやっておいて良かったこと
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/souken/20111216/116570/

 
そのため一昔前であれば銀行などの金融機関が提供しているローンサービスは安定した雇用にあるOLであっても審査は厳しく、その利用が難しい傾向にありました。現在では以前ほどその審査のハードルは厳しくありませんが、それでも男性に比べて融資判断の審査に関しては厳しい傾向にあります。
 
このため用途自由なキャッシングを利用する場合には、レディースローンなどをを利用するのが一般的です。レディースローンの特徴としては、融資限度枠が低めに設定されているものの、金利も通常のキャッシングに比べて少し低めに設定されているというものがあります。金利が低い理由としては、女性向けに特化しているためで、全体的な統計から女性の方が男性よりも滞納する割合が少ないことが影響しています。
 
またレディースローンの場合には対応するスタッフも女性であり女性が比較的安心して利用することができるメリットがあります。
 
 

キャッシングの注意点

一方でキャッシングは便利な反面で注意しなければいけないポイントが多くあります。ひとつは、借入金であるため必ず返済ができることが重要です。この際に借入れした元本のほかに金利やそのほかの手数料を支払うケースがあります。
 
金利に関しては借りたお金に対して年利という形で加算され、借りた日数が長ければながいほど多く負担することになります。短期で返済すればそれほど負担は大きくありませんが、長期間になればなるほど負担が大きくなり返済が困難になるケースがあります。
 
またキャッシングを利用する際には出来る限り1社のみで利用する必要があります。複数の会社から同時にお金を借りた場合には、返済日が月に複数設定されまることになり返済の管理が難しくなります。特にOLなど働いている場合には収入は月に1度であり、その1度の収入でキャッシングで借りたお金の返済を行う必要があります。
 
このため、複数の返済日が設定されることで返済ができなくなるリスクがあり、また複数の借入れ可能な業者があるとそこから借入れを行い返済にあてるといった悪循環に陥る可能性があります。いずれにしても計画立て、収入の範囲内でキャッシングを利用する必要があります。
 
 

キャリアアップに使えるのは

OLのキャリアアップとして使えるキャッシングとしては、銀行などの金融機関のカードローンがあります。消費者金融にしても銀行にしても利用し月々の返済を的確に行うことでその信用力を積み重ねることになり、融資枠の上限を上げたり金利を下げるといったことが可能になります。
 
消費者金融でも最低金利の低い業者であれば、目的ローンを利用するよりも低い金利でお金を借りることが可能になり、ちょっとの買い物から大きな買い物まで幅広く利用することができます。
 
しかし、キャリアアップとして有益なものとしては、消費者金融よりも銀行といえます。貸金業者でも目的ローンを取り扱っているところもありますが、金融機関である銀行の方が、あらゆるローン商品を取り扱っており、その銀行での信用力を高めることでそれらのローン商品の審査が通りやすくなるメリットがあるからです。
 
特に人生最大の買い物である住宅を購入する際に利用できる住宅ローンの審査に通りやすく立場になると購入などの手続きをスムーズに行うことができます。また銀行でのキャリアアップに成功することで、ほかの銀行や消費者金融での利用審査が通りやすくなるメリットがあります。

 

タグ :

カードローンの基礎知識 審査 カードローンの基礎知識 返済

カーナビの支払いのときに便利なローン~フリーローンはお金の使用目的不問


スポンサーリンク

カーナビを安く入手するなら

カーナビを安く入手する方法としては、インターネット通販、オークション、質屋の利用などがあります。
 
ネット通販は比較が簡単に行えるので、一番安い店を簡単に探すことができます。実店舗で気になるカーナビを探しておき、家に帰ってからインターネット検索してみるのも手でしょう。価格コムは口コミもあり便利です。
 
価格コム
http://kakaku.com/
 
オークションは目で見て確認できないのがネックですが、ネット通販よりも安く入手できることもあります。質屋は中古品が多いため、新品が欲しい方には不向きかもしれません。選択肢も限られてくるので、妥協が必要になってくるでしょう。無難に安くカーナビを購入するなら、やはり実店舗を利用するか、インターネットで選ぶ方法が主流となるでしょう。
 
理想的な方法は、現物を目で見てから決めることです。実物と写真にはギャップがあるので、目で見ることなく写真で選ぶと失敗しやすいです。高額な買い物ほど、実物を見てから購入しないと後悔しやすいのです。
 
カーナビはそう何度も買い換えるものではないので、少しくらい高くても納得できる商品を購入したいものです。安すぎるものに良いものなしと言われるように、安さだけで選ぶと失敗します。安いものには、それなりの理由があるものです。
 
 

カーナビの支払いに使えるローンは?

カーナビの支払いをローンで行うという方は多いでしょう。高い商品になると20万円超にもなるため、現金一括では厳しいという方が多いです。
 
支払いに使えるローンとしては、自動車ローン、もしくは多目的のフリーローンを使用するのが一般的です。自動車ローンは自動車の購入にしか利用できないと考えている方が多いですが、バイクの購入、車検・修理、パーツ購入などにも利用できます。自動車関連に特化した融資なので、金利は低く抑えられています。ただし、金利が低い代わりに審査が厳しくなっており、借りられない方も多いです。
 
そんなときは、キャッシングやカードローンなどの多目的融資がおすすめです。これらはフリーローンに分類され、用途が限定されていないのが特長です。商品購入の支払いにも使えますし、手持ちのお金がないときに借りることもできます。
 
用途が多目的なので少し金利は高めになっていますが、高金利イコール高利息ではありません。利息は1日単位で発生するので、早く返済すれば利息は最小限に抑えられます。2ヶ月後のボーナスで完済するなら、発生する利息は2ヶ月分だけです。ある程度の貯金を有している方なら、貯金をしばらくキャッシングやカードローンの利用枠に入れておくと、利息を抑えることができます。
 
 

低金利と無利息ローンはどちらがお得か?

キャッシングやカードローンをお得に利用するなら、低金利と無利息ローンも検討しましょう。低金利の融資は、継続的に借りたい方におすすめです。返済期間が年単位になる、借入・返済を繰り返す、といった使い方をするなら金利は1%でも低いほうがいいです。
(⇒低金利キャッシングの審査は厳しいのか
 
金利により利息が変わりますし、借入期間が長くなると日数に応じた利息が発生します。長期的、または何度も繰り返し利用する方ほど、低金利にこだわるべきなのです。低金利で借りられる金融機関は銀行であり、消費者金融やクレジットカード会社よりお得です。ネットバンキングは実店舗を持たないため、コスト削減効果によりさらに低金利で借りることができます。
 
低金利のネット専業銀行
・住信SBIネット銀行 MR.カードローン プレミアムコース(1.990%~7.990%)
・ソニー銀行のカードローン(2.500%~13.800%)
・じぶん銀行カードローン じぶんローンau限定割(2.300%~17.400%)
・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング(2.500%~18.000%)
・楽天銀行 スーパーローン( 4.900%~14.500%)
 
無利息ローンは、言葉のとおり無利息で借りることができる融資ですが、必ず有効期限が設けられています。永久に無利息の融資は存在せず、30日間などと期限が決まっています。(プロミスやアコム等)無利息でお金を借りる場合、30日以内に完済をして、その後は借りないような状況であればお得です。
 
しかし、借入期間が長期化する、継続的に利用したい、といった方は低金利融資を選んでおいたほうが無難でしょう。低金利の恩恵は、契約中はずっと受けることができるからです。

 

タグ :

カードローンの基礎知識 審査 借入 自動車ローン カードローンの基礎知識 返済

家族のお金の借入で返済義務が発生するケースとは?~キャッシングは基本無担保無保証人


スポンサーリンク

保証人かどうかがポイント

今ではキャッシングやカードローン、いわゆるフリーローンを活用してお金を借りることが多いですが、こうした金融商品を使って家族が借金を持っている場合に一緒に生活している家族はその借金を返済する義務があるのかどうか疑問に感じる人がいると思います。
 
例えば、父が借金を持っていて、父が返済することが出来なくなった場合に一緒に生活している母に返済義務があるかどうか、これはとても簡単に判断出来ます。覚えておくべき事は一点のみであり、キャッシングもカードローンも契約者に返済義務があり、契約者が返済出来ない時はその契約において保証人がいるなら、保証人に返済義務が発生します。
 
今のキャッシングやカードローンなど、フリーローンは原則無担保無保証という内容が主流なので、保証人や担保を必要とせず借りれる会社が大半です。もし、上記の例でいうと父の借金の保証人に母がなっているなら、母は返済義務があります。しかし、家族の誰も父の借金に関して保証人になっていないのであれば、父が返済出来なくても家族は一切支払う必要がありません。どのような金融商品でも保証人かどうかが最大のポイントになるので覚えておくと良いです。
 
 

保証人には返済義務がある

一般的に誰かに借金を作るために保証人を頼まれたら、そうそう簡単に承諾してはいけないといわれることが多いですが、その理由は借金を作る時に契約した人が返済することが出来ないと、次に保証人へ返済の催促や督促が回ってくるので、簡単に誰かの保証人になってしまうと、多大な債務を簡単に背負ってしまうことがあるからです。
 
家族が身内の借金に対して支払う必要があるかどうかは本当に保証人になるかどうかが全てです。これはフリーローンでもカーローンでも、又は住宅ローンでも全ての金融商品に共通する部分となります。
 
それぞれのローンによって契約時に保証人が必要かどうかは各種サービスによって異なりますが、基本的には大きな金額を借入することが多い住宅ローン等では保証人は必須な項目となっています。保証人とは本当に辛い立場であり、契約者が返済不能になるとそのまま残っている債務を全て背負うことになります。
 
また、契約者が返済不能になって債務整理をしたとしても、保証人には一切関係がないので債務は減りません。これもややこしい部分であり、保証人も返済不能になると保証人も自分で債務整理をしなければならないということです。
 
 

家族の借金は他人事ではない

家族の中で誰かが返済することが難しいほどに大きなお金を借りているなら、それは保証人でない限りは別に支払いを手伝う必要はありません。
 
しかし、これは一緒に生活をしている場合などは他人事ではないケースが多いです。保証人になっていなくても、やはり契約者が返済することが難しい状況になっていると、生活費を支払うことも難しくなっていることが多く、やはり一緒に生活をしている人にとっては食費や光熱費など、負担しなければならない金額が大きくなってくることがあります。
 
だからといって家から追い出すわけにもいかないものであり、実際はこうしてお金の問題から離婚をする夫婦も世間には多いですし、お金の問題は保証人であるかどうかという点は大事であるものの、保証人になっていなくても様々な観点から身内に亀裂が入ることが多いです。返済が難しくなっている場合はしっかりとみんなで話し合いをすることが大事であり、どうやって状況を改善するのかを真剣に話し合うことが大事でもあります。
 
また、お金を借りる人は自分だけの問題とはいえ、間接的に周囲の人へ迷惑をかけることもありえるということをしっかりと考えて借金を作ることが大事です。
 
関連ページ:
キャッシングの無理のない返済方法とは?~増額、高金利のキャッシングは利用しない

 

タグ :

カードローンの基礎知識 返済

キャッシングで借りたお金を延滞するとどうなる?~最悪、債務整理をする結末に


スポンサーリンク

キャッシングの返済を延滞するとどうなる?

キャッシングは契約時に交わした契約書の通りに返済していくことが基本の使い方です。期日になってもお金を返さないということになると、それは契約違反の行為、延滞ということになってしまうでしょう。友人同士のお金の貸し借りであれば数日返済が遅れたからと言って何かの問題がすぐ起きるわけではありませんが、キャッシングのように事業者と個人が契約をして行うお金の貸し借りだとそうはいきません。
 
返済が延滞するということは重大な問題であり、最初の一回や二回であれば多少は問題ないものの、それが重なったり何ヶ月も遅れるということになると、業者としても何かしらの対応を取らざるをえなくなるでしょう。
 
さて、それではキャッシングの返済を延滞するとどうなるのかというと、最初に出てくるのがブラックリストという言葉です。実際にブラックリストというリストがあるわけではなく、これは信用情報に問題となる情報が記載されているということになるのですが、こうした人にお金を貸す業者はまずいません。
 
キャッシングで借りたお金を返せなくなるということは、今後新たな借金が出来なくなることにもつながりかねません。そのためくれぐれも使い方には注意しましょう。
(⇒お金を借りるための審査に関して
 
 

キャッシングでブラックリストに載った後はどうなるのか

さて、ブラックリストに載るということは新たな借金が出来なくなるということになるのですが、しかしより大きな問題になるのはその後です。そうした状態になっても返済をしない、キャッシング業者への連絡を取らないというような状態が長く続いてしまうと、業者としては「想定していた利益が契約者の勝手な行いで失われた」ということで、損害の補償を利用者に求めるようになります。これが遅延損害金と呼ばれる物で、通常の利率よりも高額な利率で計算されていくことになります。
 
一年も遅延損害金が重なれば本来の金額よりも高い金額を返さなくてはならなくなりますから、契約者の懐には大きなダメージが入ることでしょう。
 
そしてその遅延損害金が計上されてもさらに無視するということになると、最終的に業者は債権回収会社に取り立てを依頼したり、強制執行に踏み切る可能性が出てきます。特に強制執行は差し押さえと呼ばれることもあり、こうなってくると口座にあるお金が引き出せなくなったり、入ってくるはずの給与が没収される、自宅にある財産が没収されるなどの事態にもなってきます。こうなると生活もままならくなる可能性がありますから、その前に対処が必要です。
 
 

差し押さえの通知が来たらどうすれば良いのか

さて、では実際に差し押さえが始まるかもしれないという段階まで状況が悪化すればどうすれば良いのでしょうか。実際にはここまで悪化するよりも先に債務整理をする人の方が多いのですが、状況の悪化が明確に分かるのは督促状です。督促状が来た場合は既に債権者は差し押さえを含めた取り立てを視野に入れていますから、この段階ですぐに弁護士や司法書士に依頼をするべきです。依頼をしなくともその後の訴状などを受けてから裁判所に行くこともできるのですが、それをしたところで結果はほとんど変わりません。
 
この点において、弁護士や司法書士に相談さえすれば、多少の費用はかかるものの債務問題解決の糸口を掴むことができる可能性は十分にあります。任意整理を通じて条件を見直す、自己破産で債務を一旦リセットするなどの方法がありますが、いずれかの方法を選べば債務問題は解決できることがほとんどです。
 
ただやはり最も重要になるのは、そもそもキャッシングの使い方をしっかり考えてそうした事態に発展しないようにすることです。
コマーシャルなどで「収支のバランスを大切に」という言葉はよく使われますが、このことは肝に銘じておくようにしましょう。

 

カードローンの基礎知識 返済

キャッシングの無理のない返済方法とは?~増額、高金利のキャッシングは利用しない


スポンサーリンク

給料日に合わせた返済日

いろんな貸金業者があります。よって選ぶ立場になりますので、自分の都合に合った貸金業者を選ぶことが大切です。確かにお金が必要になっていますので、審査が通りやすいといったことを優先してしまいがちですが、大切なのは自分にどのくらいのメリットがあるのかを考えることです。
 
当然返済をしなければいけませんので、無理のない返済方法を考える必要があります。無担保(無保証人)ローンのキャッシングが増えていますが、実際は給料を担保にしてお金を借りていることになります。給料があるからこそ、キャッシングすることができ、そして給与があるからこそ返済することができます。よって給料日に合わせた返済方法を考えましょう。
 
多くの貸金業者が返す日を指定しています。給料日に合わせて返済するように対策をとりましょう。貸金業者を選ぶ際に、自分で返す日を指定することができるのか、それとも貸金業者側が設定しているのかだけでも確認すれば、恣意的に自分で貸金業者を選ぶことができます。
 
お金がなくて返済することができないというのはだけは避けるようにしましょう。今後キャッシングすることができなくなったりすると困るのは自分になります。貸金業者選ぶ基準にしましょう。
 
 

利息について考えよう

元本と利息を返すことになりますので、利息は大きな問題です。キャッシングして返す期間が長くなればなるほど、利息は付いて回ります。貸金業者を選ぶ時に本来は利息が安い業者を選ぶのは良い方法ですが、どうしても借りやすい業者を選びがちです。ここで利息が安い業者を選ぶという観点を持つことで、自分にとってメリットも大きくなるでしょう。
 
大きく分けて消費者金融や銀行カードローンに振り分けられます。消費者金融は利息が高く借りやすい、銀行カードローンは利息が安く借りにくいといった傾向があります。融資額が増えてキャッシングする期間が長くなるのであれば、利息が安くなる銀行カードローンをまず選択して申し込むようにするのがおすすめです。
 
以前までは銀行カードローンは、借りにくい審査が厳しいと言われていましたが、以前に比べると借りやすい傾向にあります。まずは利息が低い銀行カードローンを選択することで、返すのも楽になるでしょう。元本を減らさなければ返す期間も長くなりますので、余裕があるときは積極的に多い金額を返していきましょう。そのような気持ちを持つだけで返す期間も短くなります。もちろん無理なく余裕があるときで構いません。
 
 

借り過ぎないという基本的な考え方

基本的なキャッシングに関する考え方を持つことが最も重要です。キャッシング額が増えなければ、その分返す必要もなくなりますので、借りる額を極力減らす方法をとりましょう。意外にも借り過ぎているという実態があるはずです。もう一度自分の借りた額を確認してみてください。必要な額だったのか、そうではなかったのを自分で反省することで、借り過ぎがわかるでしょう。
(⇒キャッシングの在籍確認って?~家族や旦那に内緒でお金を借りる
 
しっかりと返していれば貸金業者の方から、増枠のお誘いが来るようになります。そんなときに必要な増枠なのかと自分でしっかり検討するだけでも、借り過ぎない対策になります。限度枠が増えれば増えるほど、ついつい借りてしまうものです。余計な限度枠は増やさないことも重要です。
 
借りれば借りるほど利息を支払う額が増えていきます。そうすることで返すのも困難になっていきます。自分の首を絞めるようなことにもなり兼ねませんので、借り過ぎには注意しましょう。ご利用は計画的にといった言葉が、貸金業者には標語のようになっていますが、実際価値ある標語です。返すのが無理になるというのは、ほとんどが借りすぎということが多いです。借りすぎには気を付けて、計画をもってキャッシングしましょう。

 

タグ :

カードローンの基礎知識 返済 カードローンの基礎知識 金利