借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

ミナミの帝王「萬田銀次郎」のようなトイチの闇金は大阪には多いの?


スポンサーリンク

ミナミにある貸金業者の傾向

大阪の貸金業者は昭和60年度をピークに、登録件数は減少傾向にあります。
 
しかし大阪は日本で第2位の人口密度です。そして人口比に関しても、依然上位にあることはかわりません。大手とともに、中小の貸金業者は難波と心斎橋といったいわゆるミナミに集中しています。
 
正規業者については発表されていますが、実際には非正規の業者も多く、正確な数字はわかっていません。ただし数としては日本一なのではないかと言われています。非正規の業者でも、店舗を構えていることが多いのがこの地域の特徴です。
 
商売の街だからこそ24時間対応し、銀行や正規の業者が貸し付けないような人に対してもすぐに用立てるといった形式の業者にニーズがあるのでしょう。いわゆるどんなに大きな金額であっても、またブラックであっても、即日融資を誇る業者が多いものです。
>>「無審査OK」「即日融資OK」まとも消費者金融でなく、間違いなく闇金だ
 
ただしそういった業者は劇画や映画などでもおなじみのように、法律の定める上限金利を超えて貸付を行っているケースがほとんどです。あくまでも非正規の業者に限っていることで、ミナミにあっても正規の貸金業者であれば、全て法律の範囲内で営業を行っています。
 
地域密着型では、ブラックでも即日融資で貸し付ける正規の貸金業者があります。
 
 
スポンサーリンク



ミナミの非正規業者の特徴

ミナミに店舗を構えている非正規業者の特徴として、電話と振り込みだけで貸し付ける非正規業者と比べた時に、10日で1割の昔ながらの「トイチ」で貸付ていることが多く見られます。
 
地域密着型であることから、比較的融資までの時間も短く、ほとんどが即日融資です。
 
また返済についても振り込みではなく人による回収や持参といった形が見られます。給与所得者よりも事業者を相手にしている傾向にあり、一次的な運転資金つなぎ融資で大きく貸し出されることも少なくありません。商業の街だからこそ、こういった業態のニーズは高く、また「助かった」と感じることから、それが訴えられるということも他の闇金と比べて少なくなっています。
 
夜の飲食店のように銀行や公的資金が借りにくい業種も、こういった業者を便利に使っている様が見受けられます。ただし給与所得者などを相手にしていると訴訟問題になるケースもあり、その時には全面的に業者側が敗訴しています。店舗を構え、相手が特定できるということに、訴訟の起こしやすさがあります。
 
敗訴の場合には、元金まで相手に請求できないどころか、今まで回収したものについても、利息を付けて返還しなければならないという形で解決しています。
 

正規業者でブラックにも即日融資で貸し付ける業者はないのか

ミナミは地域密着型で地場の中小企業として長く営業してきた中小の貸金業者も多く、そういったところの中には、法律の範囲内で過去に問題があったようないわゆるブラックにも即日融資を行う業者があります。
>>消費者金融ライフティで安心して借り入れ出来る理由
 
即日融資の場合には、振り込み融資ではなく対面審査の対面融資がほとんどです。
 
またカードローンのように貸付限度枠内を自由に借り入れて返済するような形式ではなく、決められた回数で均等に返済してゆきます。追加融資の場合でも新たに契約し、前契約の残債をそこで相殺し、その差額が手の上に乗るという方法です。前契約はその時点で完済となります。
 
こういった追加融資は他社借り入れなどを含めた「状況」が変わらず、返済も良好であれば6か月ほどで相談できた人が多く、反面、金利の優遇などは長く付き合っても期待できません。しかし長く付き合っていると一般的な貸金業者では考えられないようなイレギュラーな相談も聞き入れてくれるようになったという話もあり、「さすがに大阪は人情の町」と言える対応を行っていることもあります。
 
ミナミは様々な業態の貸金業者が混在しています。利用する時にはまず口コミで確認するなど、借りてしまってから「しまった!」と思わないように、慎重に検討すべきです。

 

タグ :

コラム カードローンの基礎知識 金利

年金担保貸付でお金を借りる方法~消費者金融や銀行の民間では年金を「担保」にお金を借りれません


スポンサーリンク

年金担保貸付制度の特徴と魅力

年金生活者はお金を借りるのが非常に難しいです。借金をしたくても収入が少なく返済能力はありませんので、キャシングやカードローンは利用しやすいと言っても、年金で生活をしている人なら審査に落ちることが多いのです。
 
また、高齢になってくると家族や友人などからも借りにくいのではないでしょうか。このような人であっても、年金担保貸付制度というものがあります。民間の業者の融資を利用するのではなくて、公的な融資ですから、安心して借りることができるでしょう。
>>70歳以上でお金を借りる方法はあるの?
 
ただし、もらえるお金ではなくて、借りるお金ですから、返済をしていかなければなりません。また、利用目的が制限されていて、消費者金融のように何にでも使うことができるというわけではありませんから注意が必要です。
 
 

公的な融資だからこそのメリット

年金を担保として融資を行うことのできる金融機関は、独立行政法人福祉医療機構日本政策金融公庫の二つです。どちらも公的な金融機関です。これ以外で年金を担保とした融資は禁止されています。
 
参考:
独立行政法人福祉医療機構
http://hp.wam.go.jp/
 
日本政策金融公庫
https://www.jfc.go.jp/
 
もしも年金を担保に融資をしてくれるという金貸しがいれば、それは違法業者であるという点に注意しなければなりません。
>>「無審査OK」「即日融資OK」まとも消費者金融でなく、間違いなく闇金だ
 
公的な融資の特徴として挙げられるのが、民間の融資よりも有利な条件で利用できることです。具体的に言うと金利が低いです。消費者金融であれば、10%を超えるほうが普通ですが、公的な融資なら金利が非常に低いですから、支払う利息を小さくできます。
 
年金生活者にとって返済も負担になりますが、それ以上に利息の支払いが負担になることもあります。金利が低いのは非常に魅力的です。
 
 

民間の融資を受けられるケース

年金受給者のために作られた制度が公的な融資ですが、民間の業者から借りることもできます。公的な融資は申し込みの条件や審査が厳しいですし、時間もかかりますから、手っ取り早く借りたいのなら銀行や信用金庫、消費者金融などを利用するのも良い方法です。
>>富山信用金庫のカードローンは全体的に低金利で、年金受給者や専業主婦もお金を借りれる
 
民間の業者は条件をそれぞれで定めていて、年金しか収入のない人は利用できないケースもあります。また、年齢制限もありますから注意が必要です。
 
年金受給者は高齢であることが多いですが、民間の業者の年齢制限は、だいたい60歳から70歳くらいになっています。70歳くらいまでならぎりぎり借りることのできるサービスなら、探せば見つかるでしょう。
 
また、消費者金融よりも銀行や信用金庫の方が借りやすい人もいますから、銀行まで視野を広げて探すと良いでしょう。

 

コラム カードローンの基礎知識 融資

自宅で仕事を探す主婦を騙す内職商法とは


スポンサーリンク

在宅ワークを狙った詐欺

インターネットが普及したことで、働く形にも広がりがでるようになりました。
 
一般的な正社員や派遣社員、アルバイトのような雇用形式でお金を稼ぐのではなく、自宅のパソコンを通して仕事をすることが可能となったからです。ですが、それにともなって在宅で仕事をしようとしている人を狙った詐欺が発生し、その件数も増加しています。
 
基本的には、ちょっとしたお小遣いを稼ぎたい主婦層などを対象に行われる詐欺です。
 
具体的な詐欺のやり方として挙げられるのは、内職をするための教材を請求されるパターンです。教材を購入することで、スキルアップができ時給が上がるという理由で買わされてしまいます。
 
実際に仕事の単価が上がることはなく、お金だけを取られてしまいます。
 
 

内職商法の具体例について

教材費を請求するやり口は、以前からよく使われる方法です。こういった手口で詐欺を行う在宅ワークのサイトは、そのサイト自体が仕事を受注していないのが実態で、教材費を払った登録者は架空の仕事をさせられていることが多いです。
 
また、サイトを作成する代金を要求されることもあります。一番始めに記事を作成してもらい、その記事で商品が売れたと偽って代金を支払います。その後に登録者側の文章作成の質をほめて、サイトを作成するように促し作成料を請求します。
 
さらに、サーバーの負担を軽くするといった名目で、追加の代金を請求されることもあるようです。払えない場合には、金融機関でお金を借りるよう促されます。これを受けてしまうと、多額の借金だけが残ってしまいます。
 
(参考) 内職商法の手口-警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no5/9110/9110.htm
 
 

在宅ワークの被害について

在宅ワークは、インターネットを通して行われるので、その分犯罪も多いのが現状です。自宅でお金を稼ぐの難しく、一般的な会社で働くよりもどうしても稼ぎは少なくなります。
 
在宅で多くの金額を稼ぐには、相応のスキルが必要です。そのスキルを身につけるまでが難しいので、詐欺に乗せられてだまされてしまうことが多いのです。
 
一般的な在宅ワークを請け負うサイトに登録する際は、きちんとした所であれば無料で登録を行うことができます。

無料登録で在宅ワークOK

クラウドワークス
http://crowdworks.jp/
 
ココナラ
http://coconala.com/
 
詐欺に使われているサイトは、有料での登録や教材費を請求されることがあるので、そういったサイトへは登録しないようにしましょう。大手の在宅ワークであっても、クライアント間とトラブルが発生することもあるので、その点は踏まえた上で、仕事をすることが大切です。

 

コラム

紹介手数料を要求する紹介屋とは?闇金とグルになってる場合もある


スポンサーリンク

法的根拠がない紹介屋

例えば家を借りるときは不動産屋に仲介してもらい、貸主と契約することになりますが、貸金業でもそれと似たことをしている人たちがいます。
 
紹介屋はお金に困っている人を見つけると、うちでは貸せないけれど別の業者を紹介すると言い、契約に至った場合は手数料を請求してきます。紹介された先が大手の消費者金融や銀行だった場合は知名度もあって安心してしまい、すっかり信じてしまう人もいます。
 
しかし紹介業は認められていませんので、手数料を払う必要はないのです。また闇金を紹介するようなこともあり、人によってはさらなるトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
>>「無審査OK」「即日融資OK」まとも消費者金融でなく、間違いなく闇金だ
 
紹介屋はどのような手口で金融業者と話をつけているのでしょうか。
 
 

融資希望者の個人情報を悪用

紹介屋は融資希望者の個人情報や現在の借金の情報を収集します。
 
個人情報からどこの金融業者なら契約ができそうか考え、しばらくしたあとにいくつか会社の名前を挙げてきます。そして紹介で契約していることは伏せるように言うのです。実際に紹介屋は何もしていません
 
強いて言えば契約できそうな会社を教えているに過ぎず、それは自分でも調べることができる程度のことです。
 
紹介屋はさも自分たちが仲介したような振る舞いをし、手数料を請求します。また個人情報は別のことに悪用されるリスクもあります。
 
貸金業の仲介は法的根拠がありませんので、支払いしてはいけません。手数料も数十パーセントになることも多く、お金に困っている人からさらにお金を巻き上げる悪質な行為です。
 
 

ローンの申込は自信で

カードローンやクレジットカードの申込は、自分で会社を探して行いましょう。人から紹介された会社で契約する場合にしても、どういう条件なのかしっかり把握してから契約しないと、あとで思っていた内容と違うということになりかねません。
 
特に金利や支払い方法、支払日については調べておかなくてはなりません。支払日はいくつかの候補日から選べるところが多くありますので、給料日のあとに支払いができるようにすると良いでしょう。
 
会社選びはネットで検索するほか、ポイントサイトにもたくさん広告が出ています。ポイントサイトから申し込んだ場合キャッシュバックがあることも多く、たいへんお得です。人から紹介と称して何か請求されたとしても支払う義務は一切ありませんのでよく覚えておきましょう。

 

コラム

クレジットカードの現金化を利用してお金を借りた場合のデメリット


スポンサーリンク

クレジットカードの不正利用について

クレジットカードで高額な商品を購入して、それを業者に購入してもらうことで現金を手にするやり方が問題となっています。
 
クレジットカードを利用した現金化はカードの規約で禁止されている行為であり、国も違法性の高い行為として取締を行うこともあるようです。
 
(参考)ストップ!クレジットカード現金化-消費者庁
http://www.caa.go.jp/credit/
 
カードの規約違反を行ってしまうと、その後カードが使用できなくなってしまうのはもちろんですが、残りの返済を一括で行わなければいけなくなってしまいます。お金に困っているなどの事情で現金化に手を出してしまうと、結果的にさらに大変な事態を招いてしまうことになります。
 
ショッピング枠の使用は、適切に利用する分には便利ですが、誤った使い方をしてしまうと危険です。
 
 

カードを利用した犯罪

クレジットカードの現金化は、本人が望んで行っている行為ではないケースもあります。借金の返済ができず、お金を借りるところもない場合に、悪質な業者に強制的に現金化をさせられている場合があるようです。
 
ショッピング枠が残っていれば、悪徳業者はそこから商品を買わせて、購入価格よりもかなり安い値段で買取をすることで利益を出します。100万円の購入価格のものを80万円で買い取ってもらったとき場合ですが、利息で考えると法外な金利となっており、絶対にやるべきではありません。
 
クレジットカードのショッピング枠は、きちんと返済を行っていると利用可能な限度額が大きくなっていきます。悪用されてしまうと大変ですので、注意が必要です。
 
 

ショッピング枠の購入履歴

クレジットカードの不正な利用を防ぐために、カード会社は誰がどのような買物をしたのかという履歴情報を保持しています。膨大なデータを管理する中で、異常なカード利用があれば検出できるような仕組みがつくられています。
 
例えば、普段カードを使用する時にコンビニなどでしか使わない人が、飛行機や新幹線のチケットを大量に購入した場合、すぐに不正利用でないかどうか確認するようになっています。
 
不正が発覚してしまうと、利用停止処分になってしまいますので、適切な利用が大切です。
 
名義を持っている本人が適切に使っていても、スキミングなどの被害に遭い悪用されてしまう場合もあります。その際には、カード会社と警察にすぐ連絡することが重要です。

 

カードローンの基礎知識 クレジットカード コラム

電話勧誘やテレアポのアルバイトは稼げる?生活費に困った場合はキャッシング?


スポンサーリンク

電話を使ったアルバイトの特徴

短期間でお金を稼ぎたい時、高収入のアルバイトを考える人も少なく有りませんが、電話で営業を行うテレアポは高収入だと言われていますが、精神的なストレスを抱えることになるのが特徴で、電話で営業というイメージとは違って苦労を強いられるケースが多く在ります。
 
また、1日に数百件と言う電話をしなければならないのがテレアポですので、時給も高く、テレアポの時給は1,000円~2,000円が一般的で、スキルが求められる場合等では時給3,000円の仕事も有ります。
 
会社によってはアポイントが取れた件数に応じてインセンティブが付くケースも少なく有りませんし、アポイントが取れて契約に繋がった場合はボーナスを受け取ることが出来るケースも在るなど、やり方次第では稼ぐことが出来るアルバイトと言えます。
 
尚、ノルマというのは特別も受けられるケースは無いのですが、結果が出なければプレッシャーが大きくなるため、ノルマが在るのと同じような状態になります。
 
そのため、テレアポのアルバイトと言うのは、単に相手に電話をして勧誘を行うと言う事だけではなく、アポイントなどの結果が必要なケースも少なく有りません。
 
 

テレアポの仕事内容について

テレアポは電話を使って勧誘を行い、アポイントを取るのが仕事です。一見簡単そうに思える仕事も、簡単にアポイントが取れないのが現実と言えます。
 
仕事の流れとしては、一般家庭に電話をかける事、商品やサービスなどの説明をする事、そしてアポイントを取ると言う3つのステップになります。しかし、電話がかかって来て、それが営業の電話、勧誘の電話だと解れば、今忙しいので要りませんと言った具合に電話が切られるケースが多く、商品やサービスの説明に行くのが難しい仕事です。
 
ましてや、アポイントを取るまでに行く事が出来るのは極僅かとも言われています。
 
アポイントが取れた場合は、営業担当者が顧客の下に出向くので、アルバイトの仕事はアポイントを取るまでと言う事になるわけです。
 
また、テレアポの仕事は一般家庭だけではなく企業の場合も在ります。これは何を売るのにかによって顧客が一般家庭の場合も在れば、企業の場合も在ると言う事です。企業の場合は代表者に繋いで貰って商品の説明を行うと言うケースが多いのですが、代表者が不在と言って電話を切られてしまう事も多いと言われていますが、代表者に繋がった場合は話を聞いて貰える可能性が高いと言われています。
 
 

アポイントを取るコツについて

アポイントを取るコツと言うのは、簡潔に目的を伝えること、そして簡単に回答が出来る質問を相手に投げることだと言います。
 
目的を伝えてから質問を投げかけた時点で電話を切られてしまうケースが多いのですが、質問に答えてくれた場合は有利に話を進められることが出来るとも言われています。
 
所で、アルバイトと言うのは時給を受け取る仕事ですが、この時給を収入とみなしてお金を貸してくれる金融機関が有ります。
 
関連記事:
>>即日融資も可能なアコムでお金を借りる~金利や融資可能金額、借入や返済の方法とは?
>>家族に内緒で秘密の借り入れを行うならアイフルは便利
 
これはカードローンと呼ばれる個人向けのローンですが、カードローンと言うと正社員のサラリーマンしか借りる事が出来ないと思いがちなのですが銀行や消費者金融などの審査を受けることで利用限度額が決められるので、限度額の範囲内で繰り返しお金を借りる事が可能になります。
 
但し、既存の借金などが在る場合、借金の件数や額などに応じて審査が行われることになりますので、カードローンの申し込みをする場合は借金が無い方が有利です。
 
また、消費者金融などの場合は借金が在ることで申し込み可能額が減ることになります。これは総量規制が在るからで、年収の3分の1の額が申し込み可能額でも、借金の額がマイナスされることになるので利用可能額が減ることになります。

 

コラム

キャッシングでお金を借りるメリットは「無保証人・無担保」である


スポンサーリンク

メリットは保証人不要

キャッシングをするときには保証人は必要ありません。
 
そもそも、キャッシングを提供している消費者金融は無担保型の貸金業者として経営を行っています。無担保型というのはその名前のとおり融資の際に担保を用意しないサービスのことを意味するため、キャッシングを利用するときには担保を準備する必要がないのです。
 
担保というのは、具体的に言うと保証人不動産などが当てはまります。なぜ一般的な融資にこのようなものが必要になるのかというと、貸したお金を返してもらうことが出来なくなってしまうリスクを考えなくてはいけないからです。
 
銀行などの金融機関では、企業に対して数億円から数十億円というお金を貸すことがありますし、個人に対しても住宅を購入する際には数百万円~数千万円というお金を貸すことがあります。
 
こうしたお金を貸すときに何の保証も無く契約をしてしまうと、万が一にでもお金が返済されなかった場合に金融機関が大きな損失を被ってしまいます。だからこそ、こうした損失を填補するために最初から保証人などを用意することが求められるのです。
 
キャッシングの場合にはそのような心配がないため、無担保型としてサービスを提供しているのです。
 
 

保証人を必要としない理由を知っておく

なぜキャッシングでは無担保型の融資が認められているのでしょうか。これは、銀行のような大手の金融機関と少額融資を提供する消費者金融の法律的な違いから説明することが出来ます。
 
そもそも、銀行が企業に対して数億円という多額のお金を貸すことが出来るのは、銀行そのものが融資の金額を決定することが出来るからです。言いかえれば、法律的な上限が存在しないからこそ企業は銀行から大きなお金を借りることが出来ますし、個人であっても数百万円以上のお金を簡単に借りることが出来るのです。
 
これは、銀行が提供するサービスに銀行法という専用の法律が適用されるかに他なりません。銀行法の中には融資に関する規制の文言が存在しないので、それぞれの会社によって融資できる金額を決めることが出来ます。
 
反対に、消費者金融の場合には総量規制という融資の枠が法律によって最初から決められているのです。一定の範囲でしかお金を貸してはいけないという規制があるため、安全に融資が出来る一方で大きなお金を貸すことは出来ないという制限があります。
>>キャッシングの種類について知ろう!~総量規制対象外の銀行カードローンの選択が賢明
 
こうした制限があるため、消費者金融から積極的に担保の準備を求めなくても必ず安全に消費者に対してお金を貸すことが出来るのです。
>>低金利キャッシングの審査は厳格?1万円や3万円の少額融資の審査なら大丈夫?
 
 

法律によって保証人を求められていない

法律によって多額の金額を貸すことを許容されている金融機関では確かに大きなお金を貸すことが出来るのですが、その反面融資の契約に関してはお金を貸した金融機関の責任で不良債権を背負わなくてはいけなくなります。
 
金融機関がお金を貸したときに担保を用意しなくても良いとなると上限が存在しないためどこで歯止めをかければ良いかわからなくなります。そうした状態にならないようにするためにも、担保と言うのは必要になるのです。
 
一方で、消費者金融の総量規制の融資の枠というのはお金を借りにやってきた消費者の年収の三分の一までとはっきりと決まっています。
 
600万円の収入を貰っている人であるのならば200万円という範囲で融資の枠が決められ、この範囲内で自由にどこの会社からでもお金を借りることが出来るようになります。200万円という融資の枠は決められていますが、銀行とは異なって上限がはっきりしているので担保を用意しなくても600万円の年収があれば返済できる可能性がものすごく高くなるのです。
 
こうした基本的な考え方が、消費者金融のサービスにはあるということを知っておかなくてはいけません。消費者金融のキャッシングは多くの消費者が利用するため法律上でより安全性の高いサービスが求められているのです。

 

タグ :

コラム

消費者金融に4社も5社も6社も連続申込をすると申込ブラックになる?


スポンサーリンク

申し込みブラックとはどんなものなのか

キャッシングでブラックと言うと債務不履行に陥ってしまってお金を返せなくなってしまった人の事を思い浮かべる人が多く、そもそも申し込みブラックとはどんなものなのかをよく分からない人もいます。
 
参考記事:
>>キャッシングで借りたお金を延滞するとどうなる?~最悪、債務整理をする結末に
 
そんな人の疑問を解消するために、申し込みブラックとは何なのかを簡単に説明します。
 
消費者金融からお金を借りる際には審査の申込をする必要がありますが、この時に何社もの申込を短期間のうちに行う事を意味します。
 
どうしてそのような事でお金を借りる事ができなくなるのか疑問に思うかもしれないですが、それだけ短期間のうちにお金を借りようとしていると、お金に相当困っていて返せなくなるのではないか、一度に大量にお金を借りて逃げるつもりなのではないか、などといった可能性を消費者金融は考えるのです。
 
お金を貸す以上はきちんと返してもらわなければ消費者金融としても困る訳であり、出来る限りは返済に不安がある人には貸し出したくないのです。
 
そのために、審査に通過できるか分からないという不安で複数の消費者金融に申込む人がいますが、そのような事をすると却って審査を通る可能性が低くなってしまうので、不安であったとしても一度に何社にも申し込むのは止めておくべきです。
 
 

申し込みブラックかどうかはどうやって分かるのか

消費者金融が自分の所に申し込んできた人の情報を持っているのは分かりますが、申し込みブラックの場合は他社に関する情報なのに、そんな情報を消費者金融は手に入れる事が出来るのか疑問に感じる人もいます。
 
どうしてそのような情報を知る事が出来るのかというと、それは信用情報機関という存在があるおかげです。
 
信用情報機関はJICCCICKSCの三つがあり、クレジットカード会社や銀行、消費者金融によって参加している機関は分かれる傾向がありますが、必ずしも一つの機関だけに入っているわけでは無く、複数の機関に入っている場合もあり、さらには異なる信用情報機関同士でも情報のやり取りが行われています。
 
そこに借り入れ状況(他社借入件数や借入総額)や事故履歴だけではなく、申込履歴も記録されているために、他社への申し込みの状況についても分かってしまうのです。
 
申込履歴は一度記録されたらずっと残っているわけでは無く、6ヶ月の間保存されています。つまり、万が一申し込みブラックになってしまった場合でも、半年経てば履歴から抹消されるので、再び審査の対象となる可能性が出てきます。ただ、そのような事が無いように何社も同時に申し込みをするのは避けておくのが一番です。
 
 

申し込みブラックにならないためにはどうすれば良いのか

短期間のうちに何社にも申し込む事でなるのだったら、短期間のうちに何社にも申し込みをしなければ良いというだけです。
 
そういうものがあるという事を知っていればわざわざ対策を述べるまでも無い事ですが、急いでお金を借りたい場合には心に余裕が無くて、存在を忘れて複数の業者に短期間に申込んでしまう可能性はあります。そういう事が無いように、急いでお金を借りる必要がある時こそ冷静に判断する事が大切です。
 
また、申し込みブラックはどの程度の頻度で何社に申込をすればなるという具体的な数字というものはなく、判断はあくまでもそれぞれの消費者金融次第となっています。一社に申し込んでダメだったから、別の業者に申し込んだら直ぐにアウトという訳では無いです。
 
何度も断られればそれが原因で問題があるのではないかと疑われる可能性が高まりますが、一社申し込みをしたら次に申し込みが出来るのは信用情報機関の履歴が消える半年後でなければならないという訳では無いです。
 
何社かに断られるのにはそれなりの理由がある可能性が高く、その心当たりを解消するか、もっと審査の甘い業者に申し込んだ方が良いです。

審査が柔軟と言われる消費者金融

・フクホー
・スカイオフィス
・アスカ
・アロー
・セントラル
・ライフティ
・アルコシステム
・フタバ
・ニチデン
・キャレント

 

コラム カードローンの基礎知識 審査

合宿免許や卒業旅行やコンパ等、学生がお金を借りる理由はたくさんある


スポンサーリンク

学生がお金を借りる理由とは~イベントに意外とお金がかかる

学生は学業こそが本分とは、昔から言われ続けている言葉です。しかし、座学だけでは学びきれないこと、学業以外のイベントからしか学ぶことができないことと言うのはたくさん存在しています。
 
またそれらを通じて様々な経験をしておくこと、あるいは鮮やかな思い出を作っておくことは、人生においても大切なこと、必要なことと言えます。ただ、こうしたイベントの中には費用がかかるものも少なくありません。
 
その一例として、運転免許を取得するための合宿免許卒業旅行を挙げることができます。合宿免許は、免許証を取得しておくことのメリット、また忙しい学生が効率よく免許証を取得するための手段などを考えれば、そこにかかる費用はやむを得ないものと言えます。
 
また卒業旅行に関しても、社会に旅立つ前の思い出作り、また卒業してからも友人関係を保つために必要なことと考えれば、やはりその費用は仕方ないものと言えます。
 
ただしこれらの費用を十分に用意するのは、簡単なことではありません。バイトで捻出すると言っても限度がありますし、誰かから支援を頼むと言うのも気が引けます。そのため、金融機関のキャッシングを利用する学生も少なくなく、実際、お金を借りる理由としてこのふたつをあげている人は多いようです。
 
 

卒業旅行や合宿免許にお金を借りる際には、何を利用すべきか

学生がお金を借りる場合には、それ専門のキャッシングを利用するのがいちばんです。ただしいくら専門だからと言っても、金融商品ですからきちんとした審査は行われますし、それに通過しなければ利用することはできません。

学生ローン比較

・アミーゴ(14.40%~16.80%)
・イー・キャンパス(14.40%~16.80%)
・カレッヂ(15.00%~17.00%)
・マルイ(15.0%~17.0%)
・ベル(15.0%~17.0%)
・フレンド田(デン)(15.00%~17.00%)
・友林堂(12.0%~18.0%)
・キャンパス(14.40%~16.80%)
 
また年齢によって制限を設けている場合もあり、未成年である大学1~2年生は利用できないけれど、成人である大学3~4年生は利用できると言うものもあるため、選択の際には注意が必要です。
(⇒学生がキャッシングでお金を借りるための基本~場合によっては未成年でも借入可能
 
また単に学生専門のキャッシングを利用するのではなく、目的が限定されているものを選択するのもひとつの方法です。運転免許取得のため、卒業旅行のためと言う目的がはっきりとしており、それ専用のキャッシングを利用すれば、審査に弾かれる可能性は極めて低くなります。
 
また目的の透明性も明らかになっているため、希望限度額いっぱいにお金を借りることができると言うのも、この手のキャッシングの魅力です。
 
キャッシングの利用者に求められるのは、何よりも信頼性(返済能力)です。そのため、目的が限定的であり、はっきりとしていればしているほど、信頼性は高いと認められ、審査も通過しやすいと言うわけです。ただし、希望額いっぱいにお金を借りることができるからと言っても、やはり無理なく返済できる金額を借りることが大切です。
 
 

キャッシング審査に通過するためには、何が必要か

お金を借りるために大切なのは信頼性ですが、これは、その人に定期的な収入があるかどうか、過去、金融機関から借りたお金を返済する際に、延滞などはなかったか、また現在、金融機関からの債務(他社借入)はないかと言った情報をもとに判断されます。
 
学生の場合、こうした情報とは無縁だと思いがちですが、決してそんなことはありません。たとえば定期的な収入に関してですか、これはやはりアルバイトなどをしていて、たとえ少額であっても収入がある人の方が信頼性は高いと判断されます。
 
またスマホに関する料金に関しても、たとえば本体金額を分割払いで支払っている人は、その支払い状況によって信頼性が判断されます。きちんと支払いを行っている人は、それだけ信頼できる人と判断されますし、滞納がある人はその記録が残ってしまいます。
 
これは、月々の利用料金に関しても言えることです。特にこれらの料金を滞納し続けている、それにより業者から契約解除を通告されたと言う人は、残念ながら審査に通る確率は低いと言わざるを得ません。
 
またお金を借りる際に伝える理由に関しても、嘘をついたりしては絶対にいけません。その時には嘘が通ったとしても、それが嘘だと明らかになってしまった際のダメージはとても大きなものです。

 

タグ :

コラム 借入 学生ローン

消費者金融の利用に銀行員の職業制限があるのか~銀行員がサラ金でお金を借りるのは無理?


スポンサーリンク

消費者金融と銀行の関係

消費者金融業者は以前保険会社との関係を密にしていました。保険会社は加入者から保険料として預かっているお金を運用して増やさねばなりませんが、その有力な出資先として消費者金融を含む貸金業者を選択していました。
 
貸金業者はそれによって資金を得る代わりに、利用者に団信(団体信用生命保険)加入を半強制的に勧めていました。お互いにウィンウィンの関係にあったわけです。これは消費者金融で特に見られた傾向です。
 
しかし借金に団信が付いてくる構図は社会的な批判を浴び、徐々に保険会社はこの関係を希薄にしてゆきました。有力な出資者を失くした貸金業者は、次なる出資者を探していたところに、「銀行でもつぶれる時代」が訪れました。銀行はそれまで消極的であった無担保保証人不要の個人向け融資にも関心を示さざる得ない状況になったわけです。
 
そこに金主を求める貸金業者と、個人向け融資のノウハウを求める銀行との提携の有効性と可能性が生まれました。これによって銀行は貸金業者を保証会社として据えるなどによって個人向け融資のノウハウを得て、貸金業者は潤沢な資金を得ることに成功しました。これが現在の2社の関係性です。銀行との提携を結べることができた大手数社は、今のところ安泰であると言えるでしょう。
 
 

利用の職業制限と銀行員

以前銀行は、消費者金融を含む貸金業者を下に見る傾向にありました。サラ金と呼ばれた時代には、「銀行を利用できないような人がサラ金利用をする」といった認識もあったほどです。確かにそういった属性をターゲットにしていたものであるが故の高利息であったのですが、現在のように関係性が密になれば、そのような認識を捨てざる得ません。歴然としたビジネスパートナーです。
 
法律の中ではいつの時代でも銀行員が他の貸金業者を利用してはならないといったものはありません。もしそうであればクレジットカードすら持てないことになります。同じ貸金業者であるカード会社と消費者金融を分けることはできません。ただし対外的なイメージがあります。
 
サラ金地獄といった言葉も生まれたほど、その手軽さと高利によって利用者が借金問題を抱えるに至るのは少なくありません。そういったイメージが先行する消費者金融の利用を、堅実にお金を扱うべき銀行員については歓迎されるものではないということにはなるでしょう。実際に社内で「消費者金融の利用」について釘をさすような風潮はありました。
 
しかし利用したからといってすぐに処分することはできません。利用も個人の自由です。また銀行員が申し込んだといって制限を加えることはできないわけです。
 
 

銀行員の消費者金融利用のイメージ

利用条件に「銀行員のような他社金融会社に勤めている人は申し込めない」といった職業制限があるわけではありません。同業他社に努めているから申し込めないという類の職業制限も見られません。逆にまじめな銀行員であることで、審査によって有利である傾向はみられます。ですから消費者金融側に職業制限を設けることは難しいと考える方が順当です。
 
ただし人様のお金を預かる銀行としては、別の認識があります。このような貸金業者の利用を健全に行っているうちは良いのですが、それによって家計が破たんするようなこととなれば大問題です。お金を扱うことに適していない人物と判断するに十分な要素です。破産となれば一時期資格制限があり、これが実質職業制限になってしまいます。
 
これに銀行内で行っている仕事も含まれますので、大変不都合です。利用だけで、こういった事態に陥る可能性があると判断されてしまわないとも限らないとは言えるでしょう。提携によってイメージは確実に上がっています。
 
借入は自由、しかし他の職業以上に「債務問題を起こさない」心構えが必要です。これは「どこから借りる」ということが重要ではなく、自己管理をしっかり行い計画性を持って利用することが必要なのです。

 

タグ : 

コラム カードローンの基礎知識 融資