借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

個人向け融資以外のアコムの借入~クレカ、借り換えローン、ビジネスローン


スポンサーリンク

クレジットカード

アコムのマスターカードは、年会費が無料です。通常クレジットカードの年会費は、安い場合だと数千円、高い場合だと1万円以上かかりますが、アコムは無料です。そのため、クレジットカードの会員になるための負担が、少しばかり少なくて済みます。
 
クレジットカードを利用したいけど、年会費が高そうというイメージがあって躊躇っていた方でも、アコムのクレジットカードなら、年会費の負担はありません。では、アコムのクレジットカードは、どんな特徴を持っているのでしょうか。
 
アコムのクレジットカードは、世界中のマスターカードの加盟店で、幅広く利用することができます。もちろん、日本国内でも、マスターカードのマークがついているお店であれば、利用することができます。そのため、現金を持ち合わせていない時でも、アコムのクレジットカードがあれば、それで支払っておくことができます。
 
また、現金があっても、現金を持ち歩くのは不安という方も、このクレジットカードを利用しています。
 
クレジットカードの利用に際して、大きなメリットがあります。それは、自宅にご利用明細の郵送をしないことです。その代わり、アコムの店頭窓口やATMで受け取ることができます。そうすることによって、家族の方にばれてうるさく言われることがありません。自宅に利用明細書が届くと、同居している家族が間違って開封してしまう恐れがありますが、アコムのシステムなら、個人情報が守られるので安心です。
(⇒海外に頻繁に行く方は、海外でお金を引き出せるので便利
 
 

ビジネスローン

個人のお客様向けに、少額のキャッシングを中心に提供している消費者金融業界としては珍しいことかもしれませんが、アコムでは、ビジネスローンも用意しています。
 
このビジネスローンは文字通り、ビジネスが目的で資金(事業資金)が必要なお客様向けのローンです。起業をしたいけど、どうしても資金が足りないなどという場合に、利用することができます。では、アコムのビジネスローンについて、詳しく見てみましょう。
 
ビジネスローンは、総量規制の対象にはなりません。そのため、年収の3分の1以上の借り入れになる場合でも、お金を借りることができます。もちろん、借入できるかどうかは審査次第ではありますが、ビジネス目的でお金が必要な場合、申し込むことができます。
 
ビジネスはスピード重視であることが特徴ですから、資金が足りなくてビジネスを諦めてしまうのは、あまりにもったいない話です。それよりも、アコムとしては、できる限りビジネスの手助けになりたいと感じているものです。
 
また、既に他のアコムの商品を利用しているお客様でも、ビジネスローンに切り替えて利用することも可能です。というのも、これまで他のローンを利用していた方が、急遽ビジネスでお金が必要になることも、決してないわけではありません。
 
そんな時でも、融通を利かせてくれるのは、非常にありがたいことです。ビジネスローンも、キャッシング同様、利用限度額以内であれば、繰り返し利用することが可能となっています。
 
 

借り換え専用ローン

アコムでは、既に他社の利用があって、借入先を1つにまとめたいという方のために、借り換え専用ローンを用意しています。
(⇒おまとめローンと借り換えキャッシングの違いとは?
 
ここ最近、キャッシングを利用しすぎて、いつの間にか借り入れ件数が増えていたというケースが多くあります。
 
借り入れ件数が多いと、それだけ返済も大変になってくるので、負担が大きく感じます。しかし、借り入れの件数を減らすことによって、返済の際の負担が大きく減るのが事実なのです。では、アコムの借り換え専用ローンについて、より詳しく見てみましょう。
 
アコムの借り換え専用ローンは、アコムの審査に通過すれば、利用することができますが、この借り換えローンがどんな人におすすめなのか、情報が提供されています。
 
まず、複数のローンを既にご利用しているお客様です。この場合、借り入れ件数があまりに多い場合は、アコムで申し込むことはできません。その場合、借り入れ金額の小さいものから返済していき、借り入れ件数を減らすのが良い方法です。そして、借り入れ件数がある一定のラインまで減ったら、そこで初めてアコムの借り換え専用ローンに申し込んでみます。
 
また、現段階で年収の3分の1以上の借り入れがあるお客様も、借り換え専用ローンを組んだ方がおすすめだと言われています。借り入れ件数が多いと、それだけで返済がきついですが、1つにまとめることによって、金利の負担が少なくなることもあります。
 
このケースでは、人によっては現状の返済を続けた方が良い場合もありますが、アコムの借り換えローンに借り替えたことで、返済がスムーズになった方も多くいます。

 

タグ :

借入 おまとめローン カードローン業者一覧 アコム カードローンの基礎知識 クレジットカード 借入 ビジネスローン

おまとめローンと借り換えキャッシングの違い~金利は下がるし、返済は楽になる


スポンサーリンク

おまとめローンって一体何?

おまとめローンとは、様々な金融機関から借りているローンをひとつにまとめ、毎月の資金繰りを楽にするというものです。
 

※金利は、あくまでも一例です
 
手続きとしては、まずはどこからいくらずつ借りているかを明確にします。次におまとめローンを取り扱っている銀行に行き、申し込みを行います。その後審査がなされ、借入額が決定し借り入れを行います。借り入れを行ったあとは、申し込みをした人がそのままそれぞれ借り入れしている金融機関に支払いを行い、すべて一括返済を行います。最後にその人がそのおまとめローンを完済し終われば、晴れてその人の借金はなくなるというものです。
 
基本的に返済を行うことに特化しており、また複数のキャッシングやローンなどをまとめることで月々の負担も軽くなります。ただ、複数の借り入れをまとめた以上、完済までに少し時間がかかる傾向はあるようです。
 
また、他の様々なローンでは追加での借り入れもできますが、おまとめローンに関しては追加での借り入れはあまり期待できません。返済をすることを第一に考えたローンですから、必ず毎月支払いを行うようにしましょう。ただ、返済は非常に楽になりますし、毎月返済に苦しんでいるという人のローンでしょう。
 
 

借り換えキャッシングって何?

借り換えキャッシングとは、これまで使ってきたキャッシングサービスのうちひとつで大きな金額を借り入れ、その借りたお金で他の金融機関からのキャッシングを返済するという方法です。
 
これは複数のキャッシング会社を利用している人が利用することが多く、一本化するほど借入可能枠を設定できる場合に行われます。キャッシング会社はあなたのこれまでの利用に対しある程度信用があると判断していますから、少し多めに借入枠を設定します。あなたはそこからお金を借りて他の消費者金融からの借り入れを一括で返済します。最後に借りた分を返済することになり、借り換えを行った会社に返済していくことになります。
 
これは主にキャッシング会社があなたに働きかけて行うこともありますが、あなたが特定のキャッシング会社の低金利を魅力だと感じて行う場合もあるようです。借り入れ極度額が非常に大きくなるため、中には追加でお金を借りるために利用している人もいるため、そういった点は注意を行う必要があるでしょう。また、企業によってはその借り換えが本当に行われたかどうかを確認するため完済証明書や完済を証明するための書類や画像を求められる場合もあります。
 
 

借り換えとおまとめ、どっちがいいの?

この2つの場合、違いとしては借入先が違うでしょう。おまとめの場合は銀行などのある程度一定量借りることができるところということが多いのですが、借り換えは消費者金融なども行うことができます。
 

借り入れ先 金利 限度額
横浜銀行カードローン 年1.9%~14.6% 10~1,000万円
三井住友カードゴールドローン 実質年率
3.5%~9.8%
700万円まで
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン 年1.99%~7.99%
年8.49%~14.79%
10~1,000万円
10~300万円
静岡銀行カードローン セレカ 年4.0%~14.5% 10~500万円
モビット 実質年率
4.8%~18.0%
1~500万円

 
その他人気の借入れ先
銀行・・・オリックス銀行、東京スター銀行、ソニー銀行、楽天銀行、三井住友銀行等
消費者金融・・・アコム、プロミス、アイフル等
 
また、こういったローンのメリットとしては、ある程度まとまった金額を借りることになるので金利も若干少なめになるということでしょう。金利は特に安いほうがいいので、注意して比較するべきポイントでもあります。それぞれの金融機関ごとの違いも考えておきましょう。
 
ちなみに、おまとめの場合は返済オンリーとなり、追加での借り入れはできません。ただ、キャッシングの場合は更に追加してお金を借りることができます。このため、追加でお金を借りたいというのであれば借り換えの方をおすすめします。
 
どちらがいいか、ということに関しては、それぞれの基準で考えるということしかできません。ただ、注意することも手続きも全く違いますし、手続きの際に書類等が必要になる場合も出てくるのはどちらも同じことですから、手続きとしてはそれぞれの金融期間に相談してみるといいでしょう。金利が安いほうがおすすめですし、できるだけあなたの希望に沿ったところがいいでしょう。

 

タグ : 

借入 おまとめローン