借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

未成年の学生が、親に内緒でキャッシングをして、もし親バレした場合はどうなる?


スポンサーリンク

原則として未成年者はカードローンを使えない

現代の日本では様々な法律がありますが、その中でも学生がカードローンを利用するということで関係性が強くなってくるのが民法です。
 
民法の中には法的に有効な契約をできるのは成年した者であるというように定められていますし、カードローンを利用するには法的な契約を結ぶ必要があります。
 
そのため原則として、未成年の学生はカードローンを利用できないということになってしまうのです。時折勘違いされることもあるのですが、ここで重要になるのは「学生かどうか」よりも成年者であるかどうかです。
 
例えば高校卒業後にすぐ就職をして働いているというような場合だとその人は収入があるためにカードローンを利用できると考えられることもあるのですが、このことを考えるといくら働いていても、その人が未成年者である以上は借り入れをすることは出来ないとして考えるのが妥当なのです。
 
一般的なカードローン会社としてもなるべく成年者であり、かつ収入がしっかり人にこそ融資をして利息を支払ってもらいたいというような考え方が根底にあるわけですから、原則として利用は成年者となってから、しっかり法的に有効な契約を締結できるようになって体として考えてきましょう。
 
 

学生カードローンとは何なのか

しかしこれはあくまでも原則の話であり、本当に利息を支払ってくれるのであればカードローン会社としても融資をしたいとして考えるものです。
 
そこで各社が用意するようになったのが「学生向け」として事前に設計したプランの商品たちです。これは学生、まだ成年者になっていない人に対して融資ができるようにされたプランであり、これを活用すればまだ大学に通学している未成年者であっても利用をすることができます。
>>学生がお金を借りるための基本~場合によっては未成年でも借入可能
 
ただやはり法的に有効な契約を結べるのが成年者以上であると定められている以上、利用をするには親の同意書を提出することが求められます。そのため利用に際しては自分で勝手に決めることはせず、親に相談して了承をもらい、同意書に署名をもらったうえで申し込みをするというようにしなくてはなりません。
 
こうした契約に当たって同意書を提出するというケースは少なくなく、例えば自分が持っている商品を売却するというような際にも見られます。
 
ゲームソフトやCD、本などを売却する際に未成年者は同意書を持ってきてほしいというようにされるのは、まさにこの「未成年者は法的に有効な契約を締結することができない」ということに基づいているのです。
 
 

カードローンの利用が親バレしたらどうなる?

さて、しかしここで時折問題になるのが「親バレ」というキーワードです。親バレというのは親にバレること、知ってほしくないことが知られることを指します。
 
学生カードローンの契約が親バレするということになると、それはつまり勝手に契約をしていることが親に知られたということになるでしょう。それではこのようになるとどうなるのかと言うと、まず結論から言えば契約が解除される可能性が高いと言えます。
 
そもそも契約に当たっては親の同意書が提出されているのですから、金融機関としては「親が同意している」ということを根拠として契約をしているのです。それであるにも関わらず親が知らなかったということは、同意書が適切に作られていなかったということになってきます。
 
もし「母親は同意していたが父親は知らなかった」というような状況であればさほど問題はありませんが、これが両親ともに知らなかったということになると私文書偽造に問われます。
 
私文書偽造はやってはならない不法行為、その不法行為によって契約をしたというのであれば、金融機関としては契約解除をするしかないのです。
 
また滞納などを理由として契約解除に至ると残債の一括返済が迫られることもあり得ますから、契約の際には必ず親に了承してもらうようにしましょう。

 

借入 学生ローン

合宿免許や卒業旅行やコンパ等、学生がお金を借りる理由はたくさんある


スポンサーリンク

学生がお金を借りる理由とは~イベントに意外とお金がかかる

学生は学業こそが本分とは、昔から言われ続けている言葉です。しかし、座学だけでは学びきれないこと、学業以外のイベントからしか学ぶことができないことと言うのはたくさん存在しています。
 
またそれらを通じて様々な経験をしておくこと、あるいは鮮やかな思い出を作っておくことは、人生においても大切なこと、必要なことと言えます。ただ、こうしたイベントの中には費用がかかるものも少なくありません。
 
その一例として、運転免許を取得するための合宿免許卒業旅行を挙げることができます。合宿免許は、免許証を取得しておくことのメリット、また忙しい学生が効率よく免許証を取得するための手段などを考えれば、そこにかかる費用はやむを得ないものと言えます。
 
また卒業旅行に関しても、社会に旅立つ前の思い出作り、また卒業してからも友人関係を保つために必要なことと考えれば、やはりその費用は仕方ないものと言えます。
 
ただしこれらの費用を十分に用意するのは、簡単なことではありません。バイトで捻出すると言っても限度がありますし、誰かから支援を頼むと言うのも気が引けます。そのため、金融機関のキャッシングを利用する学生も少なくなく、実際、お金を借りる理由としてこのふたつをあげている人は多いようです。
 
 

卒業旅行や合宿免許にお金を借りる際には、何を利用すべきか

学生がお金を借りる場合には、それ専門のキャッシングを利用するのがいちばんです。ただしいくら専門だからと言っても、金融商品ですからきちんとした審査は行われますし、それに通過しなければ利用することはできません。

学生ローン比較

・アミーゴ(14.40%~16.80%)
・イー・キャンパス(14.40%~16.80%)
・カレッヂ(15.00%~17.00%)
・マルイ(15.0%~17.0%)
・ベル(15.0%~17.0%)
・フレンド田(デン)(15.00%~17.00%)
・友林堂(12.0%~18.0%)
・キャンパス(14.40%~16.80%)
 
また年齢によって制限を設けている場合もあり、未成年である大学1~2年生は利用できないけれど、成人である大学3~4年生は利用できると言うものもあるため、選択の際には注意が必要です。
(⇒学生がキャッシングでお金を借りるための基本~場合によっては未成年でも借入可能
 
また単に学生専門のキャッシングを利用するのではなく、目的が限定されているものを選択するのもひとつの方法です。運転免許取得のため、卒業旅行のためと言う目的がはっきりとしており、それ専用のキャッシングを利用すれば、審査に弾かれる可能性は極めて低くなります。
 
また目的の透明性も明らかになっているため、希望限度額いっぱいにお金を借りることができると言うのも、この手のキャッシングの魅力です。
 
キャッシングの利用者に求められるのは、何よりも信頼性(返済能力)です。そのため、目的が限定的であり、はっきりとしていればしているほど、信頼性は高いと認められ、審査も通過しやすいと言うわけです。ただし、希望額いっぱいにお金を借りることができるからと言っても、やはり無理なく返済できる金額を借りることが大切です。
 
 

キャッシング審査に通過するためには、何が必要か

お金を借りるために大切なのは信頼性ですが、これは、その人に定期的な収入があるかどうか、過去、金融機関から借りたお金を返済する際に、延滞などはなかったか、また現在、金融機関からの債務(他社借入)はないかと言った情報をもとに判断されます。
 
学生の場合、こうした情報とは無縁だと思いがちですが、決してそんなことはありません。たとえば定期的な収入に関してですか、これはやはりアルバイトなどをしていて、たとえ少額であっても収入がある人の方が信頼性は高いと判断されます。
 
またスマホに関する料金に関しても、たとえば本体金額を分割払いで支払っている人は、その支払い状況によって信頼性が判断されます。きちんと支払いを行っている人は、それだけ信頼できる人と判断されますし、滞納がある人はその記録が残ってしまいます。
 
これは、月々の利用料金に関しても言えることです。特にこれらの料金を滞納し続けている、それにより業者から契約解除を通告されたと言う人は、残念ながら審査に通る確率は低いと言わざるを得ません。
 
またお金を借りる際に伝える理由に関しても、嘘をついたりしては絶対にいけません。その時には嘘が通ったとしても、それが嘘だと明らかになってしまった際のダメージはとても大きなものです。

 

タグ :

コラム 借入 学生ローン

学生キャッシング(学生ローン)がお金を借りるための基本~場合によっては未成年でも借入可能


スポンサーリンク

学生キャッシングの特徴について

学生キャッシングと言うのは、アルバイトをしている学生が利用することが出来るローンの事を意味しています。主に、消費者金融などの貸金業者が提供しているキャッシングサービスになりますが、中には銀行のローン商品も在ります。但し、学生キャッシングと言う名前のローンではなく、一般的なカードローンなどのローンの内、アルバイトをしている学生さんが申し込みをすることが出来るのが特徴となっています。
 
また、貸金業者の中には学生ローンと言う名前でアルバイトをしている人に対して融資を行っている所も在るなど様々です。
 
尚、何れの場合も共通していえる事は、申し込みが出来る人と言うのは満20歳以上の成人を迎えている人であること、そして一定の収入が在る事、その収入が継続している事、返済能力が在るなどの条件が在ります。(※一部20歳未満でも借入可能な学生ローンはある)
 
借り入れ可能額と言うのは消費者金融や銀行カードローン、その他の貸金業者により様々ですが、10万円から20万円と言った金額の借入が出来るようになっているのが特徴です。大学に通っている人や専門学校に通っていて、定期的なアルバイトをしている事で収入が在るとみなされ、審査に応じてローンを利用する事が出来るようになっているのです。
 
 

申し込み時の審査の内容について

申し込みをすると必ず審査が行われます。最近はインターネットを利用して申し込みから借り入れまでを一括で行えるところが増えているのですが、運転免許証などの本人確認書類を送付する場合も、スマートフォンなどのアプリを利用してスキャンをしたり、プリンターに付属されているスキャナーを利用して電子化する事でインターネットで完結となり、来店不要で申し込めるようになっているので便利です。
 
また、インターネットでの申し込みは原則1日24時間、1年365日いつでも可能になっているので、日中時間が無い人にも便利なサービスと言えます。
 
尚、審査では申し込み内容の確認の他にも、信用情報機関が管理を行っている個人信用情報を照会します。
個人信用情報には、本人を特定することが出来る情報の他に、借金の有無や借金の総額、返済の度合い、キャッシングの申し込みの履歴、金融の中での事故の情報の有無と言ったことが記されており、その内容によりお金を貸しても大丈夫な申し込み者かどうかを確認した上で、融資を行うかどうかを決めているのです。そのため、個人信用情報の中に特別な問題が記されていなければ即日キャッシングも可能になるのです。
 
 

収入がゼロでは申し込みが出来ません

学生さんがキャッシングの申し込みをするためには収入は必要不可欠です。
 
また、大学や専門学校に通っている事で証明書を持っていますので、この証明書の提示や運転免許証もしくは健康保険証などが必要になります。収入はアルバイトなどをしている事で、返済能力を持つと判断されますが、年収証明書と言った書類の提出は不要なケースが大半を占めています。
 
尚、高校性などの未成年者と言うのは対象外で、20歳以上の成人を迎えている人が対象となっているケースが多く在りますが、貸金業者の中には大学や専門学校に通っていて、仕事をしている人であれば19歳でもお金を貸してくれる所も在ります。アイシーローン、アミーゴ、イーキャンパスなど。
(⇒浪人生でもキャッシングは利用可能?
 
但し、大手の消費者金融の多くは年齢制限として20歳以上としているケースが多く在りますし、大手の消費者金融の方が金利が低くなっているので、借りたお金を返す時に含まれる利息を減らせると言ったメリットが有るのでお勧めですし、銀行カードローンは更に金利が低くなっているため、利息も少なくて済むため、総支払額も少ないと言ったメリットが有ります。
 
尚、これらのキャッシングは保証人や担保などが無くても利用することが出来るので、急にお金が必要になった時でも安心です。

 

タグ : 

借入 学生ローン カードローンの基礎知識 審査

浪人生でもキャッシングは利用可能?~収入(所得)証明不要の銀行カードローンを勧める


スポンサーリンク

ポイントは収入があるかどうか

浪人生は勉強をする毎日であり、なかなか稼ぎを求めることができないので、お金が足りなくなることも多いです。そんなときはキャッシングを活用してみるとよいです。浪人生でもキャッシングを利用することができるかどうか、これは一つのポイントとしてアルバイトやパートでも、雇用形態はなんでもよいのでとにかく収入があるかどうかが重要となります。基本的に月にいくら稼いでいるのかはあまり問題ではなく、勤務先を持っているかどうかのほうが重要でもあります。
 
まったく何も仕事をしていない状態でもキャッシングで借入することはできますが、近所のコンビニや飲食店など、どこでもよいのでアルバイトを持っているなら申し込み先となる金融会社の数は格段に増えるので、これは知っておきましょう。
(⇒ニートでもキャッシングは利用可能?
 
月々いくら稼いでいるのか、この自分の収入というのは金額が大きいほどキャッシングで借りることができる金額が増えるのでメリットですが、勤務先を持っていれば小さな金額なら収入の金額を問わずに簡単に借りることができます。まずは自分が勉強をしながらも都合よくアルバイトをすることができるところを探すことが一番の近道でもあるので実践してみましょう。
 
 

浪人生は学生とは違う?

キャッシングへ申し込むときは各社がどのような人物を対象としているのか、申込条件を確認することが基本です。
 
例えば、学生や専業主婦は不可となっている金融会社をよく見かけます。この点について少し考えたいものですが、浪人生というのは学校を卒業しているけど、進学する大学が決まっていない人のことを言いますが、これは職業としてはフリーターとなります。そのため、基本的にどこかの学校に在籍している学生に比べるとキャッシングの申し込み先は多くなると考えられます。フリーターでアルバイトをしているなら、銀行カードローンでも消費者金融でも豊富に申込先があるので、かなり自由にキャッシングを選ぶことができます。
 
また、申込条件では年齢もしっかりとみておきましょう。多くの金融会社は20歳からを対象としているので、同じ浪人生でも年齢によって申込先はかなり変わってくることになります。20歳以下の場合は親に保証人となってもらうことでキャッシングを利用しやすくなります。この場合は親にしっかりと相談をして、親が契約をすることとなるので、返済に関してはしっかりと自分でお金を用意することを約束して保証人をお願いしてみるとよいです。
 
 

収入証明不要を探そう

年齢が20歳以上で浪人生の人はアルバイトをしているかどうかに関わらず簡単にキャッシングを利用することができる方法として、収入証明を出すことなく申し込める金融会社を探してみると良いです。これだと簡単に審査に可決できますし契約をすることができます。銀行カードローンなどを探していけば収入証明が必要ない融資を見つけることができ、これは収入に関する書類を提出する必要がないことから審査の難易度がかなり下がります。
 
パートやアルバイトをして勤務先を持っている人で、信用から借金まで特に大きな問題がないのであれば、銀行カードローンなどまともな会社において高い確率で融資を求めることができるため、これは覚えておいて損のない情報です。一般的に銀行カードローンは非常に堅い、審査が厳しいというイメージがありますが、実際はこの収入証明なしから申し込む場合はかなり合格率がアップしますし、金利も同じ金額を借りる場合、他社よりも低い金利から融資を受けやすいので非常にメリットは高いです。
 
しかし、一つの難点としては未成年に対応しているところが少ないこと、そして学生は対象外となっている会社が多いので、申し込み条件をいかにクリアできるのかがポイントでもあります。

 

タグ :

借入 学生ローン カードローンの基礎知識 審査