借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

低収入のアルバイトでも自動車ローンの審査は通る?金額や連帯保証人の有無による


スポンサーリンク

連帯保証人が必要な場合も

アルバイトですと、年収100万円~200万円くらいの人が多いと思いますが、車のローンは総量規制の対象外ですので、200万円を超えるローンを借りることもできます。
 
ただし、ローンを返済できないリスクも高いので、連帯保証人を要求されるケースも多いです。連帯保証人には親や親族がなるケースがほとんどです。
 
金融機関としても親に連帯保証人になってもらえると安心できます。未成年の場合には、親の同意書も必要になります。
 
審査では、連帯保証人の属性もチェックされますので、親に一定の年収があることや、信用情報に問題がないことも求められます。
>>銀行のカードローンでお金を借りている場合車のローンの審査は?
 
 

連帯保証人を付けたくない場合

連帯保証人を付けると、本人が返済できなくなった場合、必ず保証人になっている人に迷惑がかかります。迷惑がかかることを嫌って、保証人を付けずに申し込む人も多いです。そもそも親が連帯保証人になってくれない場合もあります。
 
連帯保証人を付けない場合には本人の属性だけで審査が行われますが、アルバイトの人は収入が低かったり、たとえ高い収入を得ていても将来性の面では正社員に劣ります。
 
大企業などに勤めている場合には有利になりますが、不安定な職業に就いていたり勤続年数が少なかったりすると審査に通過することは厳しくなります。過去にクレジットカードや携帯料金の支払いで延滞をしていないことも重要になります。
>>キャッシング未経験なのに審査が落ちる原因とは?携帯端末の割賦販売の遅延には注意
 
 

車を購入後のことも考慮する

連帯保証人をつけない場合は、必然的に借りられる金額も低くなりますので、中古車しか選択肢がない場合もあります。
 
そもそも中古車ならお金を貯めて一括で購入できるという場合もありますので、すぐに車が必要でないなら一括購入をお勧めします。もしくは頭金を貯めて、借入金額を減らすようにしましょう。
 
一括購入したり頭金を増やせば利息を大きく減らすことができますし、50万円前後の借入であれば自動車ローンではなくてカードローンでも問題はないと思われます。
 
>>低金利のオリックス銀行カードローンでお金を借りる審査
>>即日融資も可能なアコムでお金を借りる~金利や融資可能金額、借入方法とは?
 
車を購入すると、ガソリン代、保険料、税金など様々な費用がかかってきます。その後の生活がきちんとできるかも考えてローンを組みましょう。
 
車のある生活は便利ですが、ローンの返済で苦しんで生活が破綻してしまったら意味がありません。

 

借入 自動車ローン

銀行のカードローンがある場合車のローンの審査は?


スポンサーリンク

車のローンを組むには

今は自動車は生活の中で必需品になっている人も多く、足として毎日使っている人もいることでしょう。特に地方に暮らしていると、公共の交通機関が発達していないことなどからも自動車を所有しなければならないという場合もあるのです。
 
しかし、自動車というのは本体価格が高額であったりすることも多く、それに加えて諸費用や維持費がかかるものです。予想よりもお金がかかるということが多いので、それなりに覚悟が必要になるのです。
 
生活に余裕があり、全額を現金などで支払うことが出来ればいいのですが、多くの人がお金を一度金融機関に借りて支払いをしてから、金融機関などに返済をしていくという方法をとっています。これが車のローンであり、毎月一定の額を返済して、数年かけて返していくというものなのです。
 
車のローンの扱いをしているところとしては、自動車の販売をしているカーディーラーをはじめとして、銀行や農協などがあります。また、消費者金融などでもカードローンでお金を借りて支払いをしてから返済をするという場合もあります。
 
金利手数料や返済方法、自分の条件などによっても借り入れをするところを検討していくようにします。
>>マイカー購入の自動車ローンは自分で探す方がお得。金利と保証料をしっかり考慮する
 
 

カードローンがある場合の車のローンへの影響

車のローンを検討している人の中には、日頃からカードローンなどでお金を借入れている人もいることでしょう。そういった人では、普段のカードローンの利用と合わせた形になるので、その審査が気になるところです。実際のところは影響があるのでしょうか。
 
これは間違いなく影響はあるものです。だからといって借りることができないわけではありません。カードローンでもいろいろな金融機関の扱いがあります。銀行やクレジット会社、消費者金融などになります。銀行では金利が安いというメリットがあるのですが、わりと審査が厳しいものです。
 
クレジット会社では限度額いっぱいまで借りている人では警戒をされるのですが、そうでない程度であれば大丈夫でしょう。消費者金融では複数の会社でたくさん借りていれば、厳しくなります。
 
とはいえ、自動車購入のためのカーローンになるので、ほかで相当多くの借入れをしていたり、返済が滞ったなどの履歴がなければ、ディーラーのローンにしても借り入れが出来ることが多いようです。ですから、借り入れに関しては出来ることが多いのですが、借金が増えることにもなるので、細心の注意を払いながら、進めるようにしましょう。
 
 

車のローンの審査に通るには

それでは、カーローンの審査に通るようにするためにはどういったことをしていけばいいのでしょうか。
 
マイカーローンの扱いとしては、銀行や農協、車の販売店を通して申し込みをするディーラーのカーローンなどがあります。審査自体は、その人の信用情報に基づいて行われるものであり、年収や職場や他からの借り入れ状況が関わってくるのです。
 
他からの借入れがあったとしても影響はありますが、それで落ちるというわけではありません。もちろん、だからといって必ず通るというものでもないのです。
 
もしもカードローンがあったとしても、複数の業者から借りていなければそれほど問題はないのですが、いくつもの業者に借りているとすると厳しい場合もあります。そういった時には、これを機にローンをまとめてみたり、返済をすることでローン残高を減らしておくようにすると、銀行などの金融機関としては印象が少しはよくなることでしょう。
>>おまとめローンと借り換えキャッシングの違い~金利は下がるし、返済は楽になる
 
また、カーローンを組むときには利用するローン会社にその所有権を移すという方法をとれば、通りやすくなるようです。カードローンがあったとしてもカーローンで通るかどうかは、その人の条件によるということなのです。

 

借入 自動車ローン

マイカー購入の自動車ローンは自分で探す方がお得。金利と保証料をしっかり考慮する


スポンサーリンク

ディーラーローンは早いのがメリット

マイカー購入時にディーラーローンを利用する人は多いと思います。これは車を買うためにお店へ行って、そこで欲しい車があって契約を進める中で自動車ローンをオススメされたディーラーローンで組むと、簡単に手続きを進めることが出来るので、当然ながら自動車ローンを自分で探すよりは格段に早く契約を完了することができ、マイカー購入を完了出来ます。
 
このディーラーローンのメリットは早く手続きを完了できることから、マイカー購入で新車に素早く乗れることが利点です。しかし、一つ覚えておきたいことは自動車ローンとしては自分で自動車ローンを探す方が確実にお得になることは知っておかなければなりません。
 
そもそも、マイカー購入時に自動車ローンはいろんな会社で見つけることが出来るわけですが、そうしたローンの違いは何か、ここを知っておくことが大事です。お得かどうかは返済をする時の利息がポイントになります。利息が安くなると、同じ金額でローンを組むにしても総額として必要となる支払額に差が出てくるわけです。やはり利息を安く抑えることが出来るほど、確実にお得になるので、結論としては自分でしっかりと自動車ローンを探す方が良いと言えます。
 
 

金利と保証料を見ること

マイカー購入時に自分で自動車ローンをしっかりと選ぶと、かなり利息を抑えることも可能になってきます。それだけ、各社の金利設定には差があるということです。
 
自動車ローンをお得に利用する為に見ておくべきポイントは金利ですが、これに加えて保証料という点もしっかりと注目しておくことが大事です。この保証料というのは保証人が必要ない場合に保証会社に保証人となってもらうわけですが、その手数料の事を保証料と言います。要するにローン選びは金利がいくらで保証料がいくらなのか、この点から比較をして選んでいく事が大事というわけです。
 

保証料とは?
保証料は、「ローン保証料」とも呼ばれ、個人が住宅ローンやカードローンなどを借りる際に、金融機関が個人の保証人を取らない代わりに、金融機関系列の保証会社を付けることにより発生する手数料をいう。これは、金融機関系列の保証会社に連帯保証の「保証人」になってもらうために支払う手数料であり、その分は明らかに負担増になる(最近では、住宅金融支援機構のフラット35や一部の民間住宅ローンなどに、保証料なしのものもある)
 
引用元:金融経済用語集

 
確実にお得かどうかを判断したいなら、これらの数字を見るだけではなく、自分が検討している借入の金額から返済計画を先に考えます。そして返済計画から利息を一度計算してみるのが確実です。この計算は少々ややこしいので、自動計算を活用しましょう。インターネット上では様々なサイトで車の利息の自動計算をすることが出来るシステムがあります。
 
それを使えば計算が苦手な人でも簡単に利息を計算することが出来るので、ローン選びをする時、あるいは返済計画を立てる時に非常に便利になるので覚えておくと良いです。
 
 

一番賢い車の買い方は貯金

一般的に車を購入するのはそれなりに大きなお金が必要となるので、貯金だけで車を購入することは少ないです。やはり、欲しい車は早く乗りたいものですし、自動車ローンはそうした意味ではとても便利な金融サービスです。
 
しかし、一番お得に車を購入するのはやはり貯金です。貯金から車を購入すると当然ながら利息が一切発生しないので、この買い方が一番賢いです。もし、これから貯金をしていくのであれば途中で後少しで目標金額が貯まるけど、すぐに車を買いたい衝動がやってきた時はキャッシングを使いましょう。
 
大半の資金を用意出来ている場合、キャッシングやカードローンから足りない残りの資金を借入するという手があります。キャッシングやカードローンも金利を見て選ぶことが大事ですが、銀行系カードローンなどを見ていくと金利が安いところを見つけることが出来ます。10万や20万とちょっとした金額を借入するのであればキャッシングやカードローンから必要な金額を借入して、車を買ってみるのはとても便利です。
 
自動車ローンを活用する以外にもこうした方法もあることを知っておくと良いです。即金として借りやすいことが魅力なポイントです。

 

タグ :

借入 自動車ローン

カーナビの支払いのときに便利なローン~フリーローンはお金の使用目的不問


スポンサーリンク

カーナビを安く入手するなら

カーナビを安く入手する方法としては、インターネット通販、オークション、質屋の利用などがあります。
 
ネット通販は比較が簡単に行えるので、一番安い店を簡単に探すことができます。実店舗で気になるカーナビを探しておき、家に帰ってからインターネット検索してみるのも手でしょう。価格コムは口コミもあり便利です。
 
価格コム
http://kakaku.com/
 
オークションは目で見て確認できないのがネックですが、ネット通販よりも安く入手できることもあります。質屋は中古品が多いため、新品が欲しい方には不向きかもしれません。選択肢も限られてくるので、妥協が必要になってくるでしょう。無難に安くカーナビを購入するなら、やはり実店舗を利用するか、インターネットで選ぶ方法が主流となるでしょう。
 
理想的な方法は、現物を目で見てから決めることです。実物と写真にはギャップがあるので、目で見ることなく写真で選ぶと失敗しやすいです。高額な買い物ほど、実物を見てから購入しないと後悔しやすいのです。
 
カーナビはそう何度も買い換えるものではないので、少しくらい高くても納得できる商品を購入したいものです。安すぎるものに良いものなしと言われるように、安さだけで選ぶと失敗します。安いものには、それなりの理由があるものです。
 
 

カーナビの支払いに使えるローンは?

カーナビの支払いをローンで行うという方は多いでしょう。高い商品になると20万円超にもなるため、現金一括では厳しいという方が多いです。
 
支払いに使えるローンとしては、自動車ローン、もしくは多目的のフリーローンを使用するのが一般的です。自動車ローンは自動車の購入にしか利用できないと考えている方が多いですが、バイクの購入、車検・修理、パーツ購入などにも利用できます。自動車関連に特化した融資なので、金利は低く抑えられています。ただし、金利が低い代わりに審査が厳しくなっており、借りられない方も多いです。
 
そんなときは、キャッシングやカードローンなどの多目的融資がおすすめです。これらはフリーローンに分類され、用途が限定されていないのが特長です。商品購入の支払いにも使えますし、手持ちのお金がないときに借りることもできます。
 
用途が多目的なので少し金利は高めになっていますが、高金利イコール高利息ではありません。利息は1日単位で発生するので、早く返済すれば利息は最小限に抑えられます。2ヶ月後のボーナスで完済するなら、発生する利息は2ヶ月分だけです。ある程度の貯金を有している方なら、貯金をしばらくキャッシングやカードローンの利用枠に入れておくと、利息を抑えることができます。
 
 

低金利と無利息ローンはどちらがお得か?

キャッシングやカードローンをお得に利用するなら、低金利と無利息ローンも検討しましょう。低金利の融資は、継続的に借りたい方におすすめです。返済期間が年単位になる、借入・返済を繰り返す、といった使い方をするなら金利は1%でも低いほうがいいです。
(⇒低金利キャッシングの審査は厳しいのか
 
金利により利息が変わりますし、借入期間が長くなると日数に応じた利息が発生します。長期的、または何度も繰り返し利用する方ほど、低金利にこだわるべきなのです。低金利で借りられる金融機関は銀行であり、消費者金融やクレジットカード会社よりお得です。ネットバンキングは実店舗を持たないため、コスト削減効果によりさらに低金利で借りることができます。
 
低金利のネット専業銀行
・住信SBIネット銀行 MR.カードローン プレミアムコース(1.990%~7.990%)
・ソニー銀行のカードローン(2.500%~13.800%)
・じぶん銀行カードローン じぶんローンau限定割(2.300%~17.400%)
・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング(2.500%~18.000%)
・楽天銀行 スーパーローン( 4.900%~14.500%)
 
無利息ローンは、言葉のとおり無利息で借りることができる融資ですが、必ず有効期限が設けられています。永久に無利息の融資は存在せず、30日間などと期限が決まっています。(プロミスやアコム等)無利息でお金を借りる場合、30日以内に完済をして、その後は借りないような状況であればお得です。
 
しかし、借入期間が長期化する、継続的に利用したい、といった方は低金利融資を選んでおいたほうが無難でしょう。低金利の恩恵は、契約中はずっと受けることができるからです。

 

タグ :

カードローンの基礎知識 審査 借入 自動車ローン カードローンの基礎知識 返済