借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

キャッシング未経験なのに審査が落ちる原因とは?携帯端末の割賦販売の遅延には注意

キャッシング審査に落ちる原因とは

通常、キャッシングやカードローンの審査に落ちる原因は様々あります。

まず、申込み条件を満たしていない場合があります。年齢や安定した収入などの基準に満たない場合です。次に、申込み基準は満たしているものの申込内容に不備がある場合、住所や電話番号などが架空のものであったり、在籍確認が取れなかったりした場合です。

さらに、個人金融情報に事故記録が残っているケースです。一定期間以内に債務整理をしていたり、過去に返済が著しく遅延している場合です。このような状況があれば、審査は通りません。

キャッシング未経験者の場合は、クレジットカードで延滞記録などがないなら申込み条件を満たしている限り、キャッシングやローンの審査に通るはずです。各社とも、新規顧客の獲得に血眼になっているの現状ですので、余程のことがない限りは問題ないはずです。

キャッシング未経験者であるにもかかわらず、さらに、申込条件を満たしており申込内容に不備もなく、自分の収入で借りられる範囲内の契約ができない場合には、その他の特殊要因を考えた方が良いかもしれません。特殊要因とは、本人お自覚がないまま、個人信用情報に金融事故記録が残っているケースです。
>>お金を借りる時は不安。どんな事に注意すれば借入はスムーズに運ぶのか

スポンサーリンク

携帯料金を滞納していないか

最近多いのが、携帯電話料金の滞納問題です。いまや、ほとんどの方が携帯電話を持っていますが、実は携帯電話会社から非常に都合のよいサービスが提供されています。

いわゆる、携帯電話端末の割賦販売です。携帯電話端末やスマホ端末などは高額なものが多く、普通に購入すると10万円以上するようなものもあります。利用者としては、魅力的な端末を使用したいのですが、あまりにも高額となると購入に躊躇してしまいます。

携帯電話会社はこの問題に対応して、高額な携帯端末機を割賦で販売できるようにしました。支払は、毎月の携帯電話利用料金と一緒に請求されます。実はここが問題なのです。利用者は、普通に携帯電話の利用料金を払っているつもりなのですが、携帯端末機については毎月借金を返済していることになっているのです。

従って、毎月の支払いが数か月にわたって延滞するようなことになると、金融事故扱いとなり個人信用情報に記録が残ってしまいます。キャッシング未経験者なのに、個人信用情報に金融事故記録が残っているケースとしては、この携帯電話の料金延滞をしている可能性が最も多いというのが現状です。もし、心当たりがあるようであれば、信用情報を確認することをお勧めします。

携帯料金の延滞以外では何が考えられるか

キャッシング未経験者が、キャッシングやカードローンの審査に落ちる原因として携帯料金の延滞以外には、どのようなケースがあるのでしょうか。

稀にあるのが、40代や50代で初めて利用される方々です。つまり、ある一定の年齢になるまでローン関係はあろか、クレジットカードを持ったことがない方のケースです。普通に支払いは奥さん名義のカードで行ってきたとか、いろいろなことが考えられますが、金融業者はあることを疑ってしまいます。

それは、一定期間申込ができない原因があったのではない、つまり、過去に債務整理をしていたのではないかということです。自己破産などの場合には、官報に記録が10年残りますので、その間はローンを組むことが難しくなります。キャッシング未経験者の年齢が若い場合には、これは当てはまりません。しかし、ある程度年齢がいかれているケースでは、可能性としては考えられます。

さらに、キャッシング未経験が審査に落ちるケースとしてあるのが、TVショッピングの金利手数料無料という割賦販売の支払いが著しく遅延した場合です。これも携帯電話と同様のケースです。

キャッシング未経験で審査に落ちる原因として考えられるのは、このような本人の自覚のないところに原因がある場合が多いというのが実情です。

スポンサーリンク

新生銀行カードローン レイクでお金を借りる~180日間の無利息期間は凄いぞ


スポンサーリンク

新生銀行カードローンの特徴について

新生銀行カードローンは、借入が初めての場合に利息が30日間なしで借りられることが最大の特徴です。また、5万円までの借入であれば180日間無利息で借りることができます。
 
銀行で無利息の期間が設定されているのは珍しいことで、レイクならではの特徴といえます。その背景としては、もともと消費者金融だったレイクが新生銀行の傘下となり、レイクの利点を活かしてカードローンを提供することができるようになったためです。
 
また消費者金融と違い銀行ですから、総量規制の対象外となります。銀行であることのメリットと、消費者金融の良い部分を同時に持っている点が魅力で、特に初回の借入を利用しやすいことが一番の利点です。
 
無利息で借りることができるメリットは大きいので、利用したいローンの一つといえます。
 
 

新生銀行が提供するローンについて

ローンの具体的な中身ですが、金利は4.5%~18%で借入の限度額は500万円までとなっています。
 
即日融資にも対応していて、審査にかかる時間もインターネットを使って必要な事項を入力すると、画面に表示されるようになっています。在籍確認はありますが、100万円に満たない借入であれば収入の証明書などは不要です。インターネットだけでなく、自動契約機や郵送での申込が可能で、返済方法はATMや振込などを選ぶことができます。
 
20歳以上70歳以下と、申込ができる年齢層も広く、土日や祝日も対応してくれます。女性専用のローンもあり、返済日を忘れてしまう可能性がある人のために、お知らせのメールを送るサービスも行っています。お金が借りやすいように、様々なサービスを提供しています。
 
 

即日融資や返済について

レイクはインターネットを利用して申込を行うことで、即日の融資を受けられる場合があります。審査の時間が非常に早いことが特徴で、8時~22時前の時間帯であれば結果を早めに知ることが可能です。
 
審査の早さはレイクがもともと消費者金融であったためで、多くの情報を保持しているために実現ができています。平日の14時までに契約の手続きを行うことができれば、当日に振込ができる可能性があります。カードも自動契約機を利用することで、その場で発行することが可能です。
 
返済については、公式のホームページから借金の返済シミュレーションを行うことができます。初回借入の場合であれば、30日間無利息のものと5万円までで180日間無利息になるサービスの、どちらの負債が大きくなるか知ることが可能です。

 

タグ :

カードローン業者一覧 その他のキャッシング業者

住信SBIネット銀行でお金を借りる~MR.カードローンのプレミアムコースは超低金利


スポンサーリンク

住信SBIネット銀行のカードローンの魅力

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資するネット銀行です。
 
ネット銀行は店舗を持たないことがデメリットですが、そのかわりに店舗維持費や人件費などが節約できるというメリットもあり、節約できた費用をサービス面にあてているため既存の銀行ではありえないようなサービスを展開していることもあります。
 
住信SBIネット銀行の「ミスターカードローン」(以下「ミスター」と略します)では、プレミアムコースになった場合、最高限度額1000万円、金利が年1.99%~7.99%という驚きの低金利となっています。
 
審査の結果、スタンダードコースになった場合は、最高限度額300万円、年8.49%~17.79%という銀行カードローンとしては平均的なものになります。
>>低金利のオリックス銀行カードローンでお金を借りる審査
 
 

ネット銀行ならではのお得なサービスもある

住信SBIネット銀行の「ミスター」では、プレミアムコースが適用されれば無担保・保証人なしで、限度額の枠内ならば何度でも追加融資ができるカードローンではありえないような低金利が実現しています。場合によっては目的別ローンである自動車ローンなどよりも低金利が実現しますので、もはや自動車ローンは必要なくなるかもしれません。
 
さらに、「SBI証券口座保有登録済の方」もしくは「同行で住宅ローン残高がある方」という条件を満たしていれば、金利がさらに0.5%優遇されます。
 
また、イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATMなどの提携ATMが利用できますが、手数料は24時間いつでも無料です。返済では手数料がかかるということがネックになることが多いので、これは大きなメリットです。
 
 

住信SBIネット銀行カードローンのデメリット

「ミスター」では、プレミアムコースとなるかスタンダードコースとなるかは審査の結果が出てみないとわかりません。現実は、ほとんどの人はスタンダードコースとなってしまうようです。
 
プレミアムコースの条件はとても魅力的で、他行でもなかなか見つからないレベルのサービスですが、スタンダードコースなら他行にもっと良い条件のものが見つかります。よほど自分の属性に自信がある人以外は、スタンダードコースになるものと思って申し込みをしたほうがショックを受けなくてすむかもしれません。
 
最後に、いくら好条件であるとはいっても、借金をせずにやりくりしている人と比べると利息分の損をしているので、必要なときに必要なお金だけを借りるようにして、できるだけ早めの完済を心がけましょう。

 

カードローン業者一覧 その他のキャッシング業者