借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

キャッシング未経験なのに審査が落ちる原因とは?携帯端末の割賦販売の遅延には注意

キャッシング審査に落ちる原因とは

スポンサーリンク


通常、キャッシングやカードローンの審査に落ちる原因は様々あります。

まず、申込み条件を満たしていない場合があります。年齢や安定した収入などの基準に満たない場合です。次に、申込み基準は満たしているものの申込内容に不備がある場合、住所や電話番号などが架空のものであったり、在籍確認が取れなかったりした場合です。

さらに、個人金融情報に事故記録が残っているケースです。一定期間以内に債務整理をしていたり、過去に返済が著しく遅延している場合です。このような状況があれば、審査は通りません。

キャッシング未経験者の場合は、クレジットカードで延滞記録などがないなら申込み条件を満たしている限り、キャッシングやローンの審査に通るはずです。各社とも、新規顧客の獲得に血眼になっているの現状ですので、余程のことがない限りは問題ないはずです。

キャッシング未経験者であるにもかかわらず、さらに、申込条件を満たしており申込内容に不備もなく、自分の収入で借りられる範囲内の契約ができない場合には、その他の特殊要因を考えた方が良いかもしれません。特殊要因とは、本人お自覚がないまま、個人信用情報に金融事故記録が残っているケースです。
>>お金を借りる時は不安。どんな事に注意すれば借入はスムーズに運ぶのか

スポンサーリンク

携帯料金を滞納していないか

最近多いのが、携帯電話料金の滞納問題です。いまや、ほとんどの方が携帯電話を持っていますが、実は携帯電話会社から非常に都合のよいサービスが提供されています。

いわゆる、携帯電話端末の割賦販売です。携帯電話端末やスマホ端末などは高額なものが多く、普通に購入すると10万円以上するようなものもあります。利用者としては、魅力的な端末を使用したいのですが、あまりにも高額となると購入に躊躇してしまいます。

携帯電話会社はこの問題に対応して、高額な携帯端末機を割賦で販売できるようにしました。支払は、毎月の携帯電話利用料金と一緒に請求されます。実はここが問題なのです。利用者は、普通に携帯電話の利用料金を払っているつもりなのですが、携帯端末機については毎月借金を返済していることになっているのです。

従って、毎月の支払いが数か月にわたって延滞するようなことになると、金融事故扱いとなり個人信用情報に記録が残ってしまいます。キャッシング未経験者なのに、個人信用情報に金融事故記録が残っているケースとしては、この携帯電話の料金延滞をしている可能性が最も多いというのが現状です。もし、心当たりがあるようであれば、信用情報を確認することをお勧めします。

携帯料金の延滞以外では何が考えられるか

キャッシング未経験者が、キャッシングやカードローンの審査に落ちる原因として携帯料金の延滞以外には、どのようなケースがあるのでしょうか。

稀にあるのが、40代や50代で初めて利用される方々です。つまり、ある一定の年齢になるまでローン関係はあろか、クレジットカードを持ったことがない方のケースです。普通に支払いは奥さん名義のカードで行ってきたとか、いろいろなことが考えられますが、金融業者はあることを疑ってしまいます。

それは、一定期間申込ができない原因があったのではない、つまり、過去に債務整理をしていたのではないかということです。自己破産などの場合には、官報に記録が10年残りますので、その間はローンを組むことが難しくなります。キャッシング未経験者の年齢が若い場合には、これは当てはまりません。しかし、ある程度年齢がいかれているケースでは、可能性としては考えられます。

さらに、キャッシング未経験が審査に落ちるケースとしてあるのが、TVショッピングの金利手数料無料という割賦販売の支払いが著しく遅延した場合です。これも携帯電話と同様のケースです。

キャッシング未経験で審査に落ちる原因として考えられるのは、このような本人の自覚のないところに原因がある場合が多いというのが実情です。

スポンサーリンク


東京スター銀行で今すぐにお金を借りる~スターカードローンとバンクベストがある


スポンサーリンク

東京スター銀行の二つのカードローン

東京スター銀行には、スターカードローンバンクベストの二つのサービスがあります。すでに東京スター銀行に口座を持っている人なら即日融資のサービスを利用できますから非常に便利です。
 
二つのサービスがありますが、融資の条件はほぼ同じです。金利は実質年率で4.5%~14.6%となっていて、借入限度額は最大で500万円です。審査は最短でその日のうちに終わりますから、その日のうちにお金を借りることができるケースもあります。
 
パソコンやスマートフォンから申し込みをできますから、申し込みも非常に簡単です。原則として口座引き落としで返済をしていくことになります。返済方式は残高スライド返済方式が採用されていますから、残高に応じて返済金額が決まるというメリットがあります。
 
 

急いでいる人のためのサービスについて

どちらのサービスも融資としての条件にはそれほど大きな違いはありませんが、急いでいる人ならスターカードローンが適しています。すでに口座がある人なら即日融資が可能です。その日のうちには必要はないというのなら、どちらのサービスを利用しても良いでしょう。
 
東京スター銀行にすでに口座を持っている人がその日に借りたいと思った場合には、まず銀行の営業日の9時30分までにインターネットで申し込みをする必要があります。しばらくすると審査の結果が通知されますから、通知されてから正午までにインターネット上で契約の手続きを行います。これによって口座にすぐに振り込まれます。
 
即日で借りられる金額は上限10万円ですが、急いでいる人にとっては便利なサービスだといえるでしょう。
 
 

東京スター銀行の特徴

東京スター銀行は銀行ですから、消費者金融のキャシングのサービスと比べると圧倒的に有利です。
 
まず、金利についてですが、これは4.5%~14.6%となっていますから、かなり低めです。ほかの銀行もだいたい同じような水準になっています。借入限度額は500万円で、銀行ですから総量規制はかからないというメリットがあります。
 
申し込みできる人の幅が広いのも特徴の一つです。パートやアルバイト、専業主婦年金生活者などは借金がしにくいという傾向がありますが、東京スター銀行はこれらの人でも利用できます。
 
東京スター銀行以外では三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行など、ごく限られています。また、おまとめローンや借り換えローンなどの専用のサービスもありますから、目的に応じて使い分けましょう。

 

タグ :

カードローン業者一覧 その他のキャッシング業者

年金担保貸付でお金を借りる方法~消費者金融や銀行の民間では年金を「担保」にお金を借りれません


スポンサーリンク

年金担保貸付制度の特徴と魅力

年金生活者はお金を借りるのが非常に難しいです。借金をしたくても収入が少なく返済能力はありませんので、キャシングやカードローンは利用しやすいと言っても、年金で生活をしている人なら審査に落ちることが多いのです。
 
また、高齢になってくると家族や友人などからも借りにくいのではないでしょうか。このような人であっても、年金担保貸付制度というものがあります。民間の業者の融資を利用するのではなくて、公的な融資ですから、安心して借りることができるでしょう。
>>70歳以上でお金を借りる方法はあるの?
 
ただし、もらえるお金ではなくて、借りるお金ですから、返済をしていかなければなりません。また、利用目的が制限されていて、消費者金融のように何にでも使うことができるというわけではありませんから注意が必要です。
 
 

公的な融資だからこそのメリット

年金を担保として融資を行うことのできる金融機関は、独立行政法人福祉医療機構日本政策金融公庫の二つです。どちらも公的な金融機関です。これ以外で年金を担保とした融資は禁止されています。
 
参考:
独立行政法人福祉医療機構
http://hp.wam.go.jp/
 
日本政策金融公庫
https://www.jfc.go.jp/
 
もしも年金を担保に融資をしてくれるという金貸しがいれば、それは違法業者であるという点に注意しなければなりません。
>>「無審査OK」「即日融資OK」まとも消費者金融でなく、間違いなく闇金だ
 
公的な融資の特徴として挙げられるのが、民間の融資よりも有利な条件で利用できることです。具体的に言うと金利が低いです。消費者金融であれば、10%を超えるほうが普通ですが、公的な融資なら金利が非常に低いですから、支払う利息を小さくできます。
 
年金生活者にとって返済も負担になりますが、それ以上に利息の支払いが負担になることもあります。金利が低いのは非常に魅力的です。
 
 

民間の融資を受けられるケース

年金受給者のために作られた制度が公的な融資ですが、民間の業者から借りることもできます。公的な融資は申し込みの条件や審査が厳しいですし、時間もかかりますから、手っ取り早く借りたいのなら銀行や信用金庫、消費者金融などを利用するのも良い方法です。
>>富山信用金庫のカードローンは全体的に低金利で、年金受給者や専業主婦もお金を借りれる
 
民間の業者は条件をそれぞれで定めていて、年金しか収入のない人は利用できないケースもあります。また、年齢制限もありますから注意が必要です。
 
年金受給者は高齢であることが多いですが、民間の業者の年齢制限は、だいたい60歳から70歳くらいになっています。70歳くらいまでならぎりぎり借りることのできるサービスなら、探せば見つかるでしょう。
 
また、消費者金融よりも銀行や信用金庫の方が借りやすい人もいますから、銀行まで視野を広げて探すと良いでしょう。

 

コラム カードローンの基礎知識 融資