借入審査

借入審査~即日キャッシングは銀行?消費者金融?

キャッシング未経験なのに審査が落ちる原因とは?携帯端末の割賦販売の遅延には注意

キャッシング審査に落ちる原因とは

通常、キャッシングやカードローンの審査に落ちる原因は様々あります。

まず、申込み条件を満たしていない場合があります。年齢や安定した収入などの基準に満たない場合です。次に、申込み基準は満たしているものの申込内容に不備がある場合、住所や電話番号などが架空のものであったり、在籍確認が取れなかったりした場合です。

さらに、個人金融情報に事故記録が残っているケースです。一定期間以内に債務整理をしていたり、過去に返済が著しく遅延している場合です。このような状況があれば、審査は通りません。

キャッシング未経験者の場合は、クレジットカードで延滞記録などがないなら申込み条件を満たしている限り、キャッシングやローンの審査に通るはずです。各社とも、新規顧客の獲得に血眼になっているの現状ですので、余程のことがない限りは問題ないはずです。

キャッシング未経験者であるにもかかわらず、さらに、申込条件を満たしており申込内容に不備もなく、自分の収入で借りられる範囲内の契約ができない場合には、その他の特殊要因を考えた方が良いかもしれません。特殊要因とは、本人お自覚がないまま、個人信用情報に金融事故記録が残っているケースです。
>>お金を借りる時は不安。どんな事に注意すれば借入はスムーズに運ぶのか

スポンサーリンク

携帯料金を滞納していないか

最近多いのが、携帯電話料金の滞納問題です。いまや、ほとんどの方が携帯電話を持っていますが、実は携帯電話会社から非常に都合のよいサービスが提供されています。

いわゆる、携帯電話端末の割賦販売です。携帯電話端末やスマホ端末などは高額なものが多く、普通に購入すると10万円以上するようなものもあります。利用者としては、魅力的な端末を使用したいのですが、あまりにも高額となると購入に躊躇してしまいます。

携帯電話会社はこの問題に対応して、高額な携帯端末機を割賦で販売できるようにしました。支払は、毎月の携帯電話利用料金と一緒に請求されます。実はここが問題なのです。利用者は、普通に携帯電話の利用料金を払っているつもりなのですが、携帯端末機については毎月借金を返済していることになっているのです。

従って、毎月の支払いが数か月にわたって延滞するようなことになると、金融事故扱いとなり個人信用情報に記録が残ってしまいます。キャッシング未経験者なのに、個人信用情報に金融事故記録が残っているケースとしては、この携帯電話の料金延滞をしている可能性が最も多いというのが現状です。もし、心当たりがあるようであれば、信用情報を確認することをお勧めします。

携帯料金の延滞以外では何が考えられるか

キャッシング未経験者が、キャッシングやカードローンの審査に落ちる原因として携帯料金の延滞以外には、どのようなケースがあるのでしょうか。

稀にあるのが、40代や50代で初めて利用される方々です。つまり、ある一定の年齢になるまでローン関係はあろか、クレジットカードを持ったことがない方のケースです。普通に支払いは奥さん名義のカードで行ってきたとか、いろいろなことが考えられますが、金融業者はあることを疑ってしまいます。

それは、一定期間申込ができない原因があったのではない、つまり、過去に債務整理をしていたのではないかということです。自己破産などの場合には、官報に記録が10年残りますので、その間はローンを組むことが難しくなります。キャッシング未経験者の年齢が若い場合には、これは当てはまりません。しかし、ある程度年齢がいかれているケースでは、可能性としては考えられます。

さらに、キャッシング未経験が審査に落ちるケースとしてあるのが、TVショッピングの金利手数料無料という割賦販売の支払いが著しく遅延した場合です。これも携帯電話と同様のケースです。

キャッシング未経験で審査に落ちる原因として考えられるのは、このような本人の自覚のないところに原因がある場合が多いというのが実情です。

スポンサーリンク

キャッシングローンカードとは?~消費者金融、銀行カードローン等が発行してる


スポンサーリンク

お金を借りることができるカード

キャッシングローンカードと呼ばれています。簡単に言えばお金を借りることができるカードです。提供しているのは貸金業者になります。消費者金融のCMはお馴染みにであり、街中には多くの看板がありますので、アコムやプロミスなど知っている消費者金融もあるでしょう。そのような貸金業者で審査をし、お金を借入れることができます。
 
審査に可決する基準として、働いていて収入がある人に限られます。ただし、専業主婦(専業主夫)の人は、場合により、配偶者に収入があればお金を借入られます。以前は正社員でなければ厳しいという見方がありましたが、最近はいろんな働き方の形態がありますので、いろんな人が入手できる環境になっています。また会社の資金が厳しいという場合も、事業者ローンカードという種類のものもあります。それぞれに合わせた使い方が出来るのがカードローンです。(※事業性資金は総量規制対象外です)
 
総量規制とは?
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html
 
使い方はローンカードの種類によって変わりますが、借入と返済方法は自社の店舗、そして提携先ATMになります。コンビニATMと提携している貸金業者も多いことから、資金が苦しいといったとき利便性が高いローンカードになります。借入と返済方法ができる場所が幅広くあります。一時的な資金補充のために借入するときに、このローンカードさえ持っていれば安心できることもあるでしょう。
 
 

銀行を含めた貸金業者の違いを知ろう

貸金業者といってもいろんな種類があります。大きく2つにわけることができ、消費者金融信販会社、そして銀行が主な業者です。闇金融といった法的に逸脱した業者もありますが、そのような業者はカード自体を発行していませんし、またキャッシングを利用してはいけない業者です。
 
基本的な見方として銀行カードローンは審査に厳しく利息が低い、消費者金融は借りやすく利息が高いという違いがあることだけは最低限知っておきましょう。また消費者金融は即日融資に対応しており、銀行カードローンはキャッシングするまでに時間が掛かることが多いです。
 
借入をする場合、審査に可決やすいことを重要視してしまうことが多いですが、利息について考えることも大切です。借入したのであれば、毎月元本と利息を支払わなければなりません。その負担として必ずついてくるのが利息になりますので、なるべく低い利息を提供している貸金業者を選ぶようにしましょう。

申し込み方法は多くの貸金業者がインターネットからの申し込みに対応しています。記入項目も多いですので、インターネットから申込むのも良い方法です。キャッシングカードが手元に届くまで、振込によって対応してくれる貸金業者も多くあります。
 
 

使い方と返済方法について

キャッシングを利用したいという時に、提携しているATMでカードを使って借りる、または契約してる貸金業者に依頼をして銀行口座に振り込んでもらうといった方法で借入をすることができます。インターネット上で使える会員ページがありますので非常に便利です。
 
また返済もATM、またはインターネットバンキングを使って返済することも可能です。ATMを使うと利用手数料が掛かることがあります。特に返済に関しては1度だけで終わらず、何回かの返済になりますので、利用手数料がかかる返済方法はあまり賢いやり方ではありません。自社の店舗にあるATMを利用する、またはインターネットバンキングであれば利用手数料がかからない貸金業者も多いですので、そのような方法で返済すると良いでしょう。また一部の貸金業者では、利用手数料が掛からないといったところもあります。貸金業者を選ぶ時の基準にもなりますので、貸金業者の利用手数料に着目してみましょう。
 
借りやすさや利息、そして利便性を総合的に考えてキャッシングをしましょう。また計画性がないキャッシングをするというのは、自分自身を苦しめることになりますので気を付けてください。
 
関連記事:
キャッシングの種類について知ろう!~総量規制対象外の銀行カードローンの選択が賢明

 

タグ :

カードローンの基礎知識 その他

キャッシングの種類について知ろう!~総量規制対象外の銀行カードローンの選択が賢明


スポンサーリンク

種類は2つを覚えておけば良い

キャッシングは本当にいろんな金融会社で様々な内容から見つけることができ、お金を借りたいときはそれだけ多くの選択肢があることになります。たくさん種類があってどこを利用するのか決めることが難しいという人は多いと思いますが、基本的に覚えておくべきキャッシングの種類は2つでよいです。
 
それはクレジットカードに付帯されるキャッシングと、単体のキャッシングです。この種類の違いは利便性にあります。
金利など内容に関してはそれぞれの各社の設定内容を見て好ましいキャッシングを選べばよいだけですが、実際に利用する際の利便性という意味では単体としてこのサービスを利用するのか、クレジットカードにこのサービスを付帯するのかによって、少なからず使い勝手が変わってきます。
 
クレジットカードをまだ一枚も持っていないという人はこれからの人生においてもいずれは一枚はクレジットカードを持つことになると思うので、その際にそのクレジットカードにキャッシング機能を付帯させておくほうが一枚のカードで単純に二つのサービスを利用することができるようになるため、カードの管理から使い勝手まで利便性はこちらの種類のほうが高くなります。
 
 

キャッシングは金利で決まることを知ろう

消費者金融や銀行、または上記で紹介したようにクレジットカードのキャッシングまで、本当にいろんなところへ申し込むことができますが、このキャッシングというのは結局金利が最大のポイントになることを知っておかなければなりません。各社は顧客を呼び込むためにあらゆる表現からサービスの魅力を紹介していますが、そんな事はどうでもいいと言ってもよいほどに金利が最大の注目ポイントになります。
 
この理由は基本的に今の時代においてネットが進化したという事もあり、コンビニで使える、ネットを使えるといったサービス内容に大きな違いが各社にないことからも、金利を軽視してまでもそうしたサービスに重点を置く必要がないことが理由です。要するに各社のキャッシングの使い勝手という部分においては借入方法から返済方法まで、それほど大きな差がなく、やはり利率によって利息の金額がかなり変わってくることから、利率によるメリットの差のほうが重要になってくるということです。
 
そのため、申込先を選ぶときはとにかく優先して設定利率を見ることを覚えておきましょう。この利率はインターネットからしっかりと比較して低いほどメリットになります。
 
 

審査の難易度は各社で違う

消費者金融や銀行など、それぞれの会社は審査の難易度が違います。消費者金融でも銀行でも、審査に可決するための基準は公開されていないので、これは推測から口コミなどを活用して審査に可決しやすいところを探すことが大事です。消費者金融や銀行の各社によって、公式サイトで合格できるかどうか審査のシミュレーションを受けることができるところがあるので活用してみると便利です。
 
また、これと同時に賢い使い方をするために返済シミュレーションを設置している会社もあります。やはり返済をしっかりと計画しておくことができると賢い使い方を知ることができます。後先考えずにお金を借りるばかりでは、どうしても返済がうまくできないこともありえるため、しっかりと返済シミュレーションを活用しながら賢い使い方をマスターしておくようにしましょう。
 
このようにしっかりと利率をチェックしながらも自分が可決を目指せる申し込み先を探す、そして実際にお金を借りることを想定して、自分にとって無理なく完済することができる返済計画を考えておくことが大事です。そうすれば、上手に金融会社からお金を借りることができるようになるので覚えておくとよいです。

 

タグ : 

カードローンの基礎知識 その他

1 48 49 50